ホンダの牙城は揺るがず

『マシン オブ ザ イヤー2020』結果発表:ストリートスポーツ50~125cc部門【ハンターカブ初戦で勝利】

●文/まとめ:ヤングマシン編集部(沼尾宏明)

2輪4輪のプライズで日本最長&最古の歴史を誇る『マシン オブ ザ イヤー』。当年モデルの中から読者投票で人気ランキングを決めるガチ企画、ヤングマシン読者2239名が選んだ’20人気モデルやいかに? ストリートスポーツ50〜125cc部門では、ホンダの”野生児”CT125ハンターカブがデビューイヤーでの勝利を手にした。

〈総評〉ホンダ軍団続々も、スズキ勢が気を吐く

多数の原付二種モデルを展開するホンダが圧倒的に強いこの部門。’13年からグロム、モンキー125とホンダ車が王座に就き、トップ10圏内も独占状態が続いている。今回は、ZX-25Rと並び、’20ニューフェイスの注目株(カブ)だったCT125ハンターカブが、見事に栄冠を勝ち取った。

前回まで2連覇を果たしたモンキー125は3位に後退し、同じく前回表彰台のクロスカブとスーパーカブC125もダウン。代わって2位に飛躍したのがスズキGSX-R125だ。殊勲の総合7位と合わせ目覚ましい進撃ぶりで、ホンダ勢の上位独占を阻止。加えて、ネイキッド仕様のGSX-S125もひとつ順位を上げて8位に入った。250cc部門と同様に、小排気量クラスでスズキの勢いが目立つ。

とはいえ、トップ10圏内は相変わらずホンダに勢いがあり、前回と同様に計7台がランクインした。さらに次回は初の全面刷新を受けた新型グロムがエントリー、上位を狙う。ホンダ時代はまだまだ続きそうな予感だ。

第1位:ホンダCT125ハンターカブ〈692票〉大量リード勝利。長期政権の予感

【HONDA CT-125 HUNTER CUB】 [写真タップで拡大]

ホンダが長年1位を堅守している当部門。総合でも4位に入ったCT125が200票以上の差で初登場1位を飾った。人気の秘密はその造り込み。44万円と安くはないが、名車CT110のスタイルはもちろん、ハイマウント吸気口などオフ重視の本質まで継承している。

【読者の声:これで日本一周したい】●信頼性ベスト(兵庫県T.O.) ●デザインが抜群にいい(熊本県K.I.) ●一家に1台欲しいバイク(福島県T.N.) ●昔の雰囲気を残しつつ新しい所は新しい(K.Y.) ●スニーカーのような便利屋(三重県K.N.) ●キャンプの相棒にしたい(愛知県A.Y.) ●ある意味、最高のアドベンチャーモデル(和歌山県H.Y.) ●往年の名機が現代の技術で甦る。欲しい(滋賀県A.T.) ●日本一周はこのバイクと決めている(愛知県S.M.)

第2位:スズキGSX-R125〈478票〉その名に恥じない武闘派

【SUZUKI GSX-R125 ABS】 [写真タップで拡大]

GSX-R末弟がホンダ勢に割って入った。パンチのあるDOHC4バルブ単気筒など原付二種最強の実力が人気。

【読者の声:維持費が安く、楽しくゲンキ】●維持費を抑えながら楽しく遊べるバイク(北海道R.H.) ●ゲンツキをゲンキに!(愛知県H.O.) ●娘がバイク乗るようになったら乗らせたい(群馬県H.S.) ●ヤングマシンのカスタムに期待^0^/(大阪府K.H.)

第3位:ホンダ モンキー125〈269票〉王座陥落も表彰台

【HONDA MONKEY125/ABS】 [写真タップで拡大]

125ccに巨大化した’18年に最多得票で戴冠し、そのまま2連覇。今回は3位とやや人気は落ち着いたものの、若者からオジサマまで支持は厚い。

【読者の声:実用的だけどカッコ可愛い】●ちょうどいい大きさになった(愛知県S.M.) ●生活ユース抜群な気が(神奈川県M.U.) ●純粋にカッコ可愛いミニバイク。燃費もなかなか(静岡県T.Y.) ●趣味嗜好にガン振りできるバイクは最高(滋賀県S.Y.)

第4位:ホンダ グロム〈206票〉元V5王者、次回クル?

【HONDA GROM】 [写真タップで拡大]

デビュー年の’13から5連覇を果たした公道ファイター。近頃は同門に押され、下降気味ながら、’21でエンジンを含めて大刷新を受け、躍進が期待される。

【読者の声:イジれる、大人のモビルスーツ】●小さくて遊べる1台。一家に1台!?(埼玉県S.H.) ●乗って良しイジって良し燃費良し(福岡県M.T.) ●自分色に染められる大人のモビルスーツ(神奈川県K.S.) ●カスタム沼にようこそ(茨城県S.S.)

第5位:ホンダCB125R〈144票〉原付二種唯一のカフェ参上

【HONDA CB125R】 [写真タップで拡大]

当部門唯一のカフェとして異彩を放つ。’18年の投入以来、5位前後を維持しているが、’21でDOHCと豪華な脚を獲得予定。上位入賞なるか?

【読者の声:質感&デザインがお見事】●見た目の品質感、車格ともに125と思えない(福岡県S.T.) ●クラスを完全に飛び越えたつくり(熊本県H.Y.) ●手抜きないデザインが好印象(神奈川県M.Y.) ●原二としては豪華な足回り(愛媛県Y.O.)

ストリートスポーツ50〜125cc部門ランキング

[順位] 車両名〈得票数〉(前年順位)
[01] ホンダCT125 ハンターカブ〈692〉(初)
[02] スズキGSX-R125 ABS〈478〉(4)
[03] ホンダ モンキー125〈269〉(1)
[04] ホンダ グロム〈206〉(5)
[05] ホンダCB125R〈144〉(6)
[06] ホンダ クロスカブ110/50シリーズ〈109〉(2)
[07] ホンダ スーパーカブC125〈100〉(3)
[08] スズキGSX-S125 ABS〈74〉(9)
[09] カワサキZ125プロ〈72〉(7)
[10] ホンダ スーパーカブ110シリーズ〈52〉(8)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報