名車が有終の美を飾る!

『マシン オブ ザ イヤー2020』結果発表:オフロード部門【名車セロー有終の美】

●文/まとめ:沼尾宏明

2輪4輪のプライズで日本最長&最古の歴史を誇る『マシン オブ ザ イヤー』。当年モデルの中から読者投票で人気ランキングを決めるガチ企画、ヤングマシン読者2239名が選んだ’20人気モデルやいかに? オフロード部門では、35年の歴史に幕を下ろした名車・ヤマハ セロー250が有終の美を飾った。

〈総評〉セローが競り勝ち! 2強の激突も見納めだ

例年、アフリカツインとセローが強い当部門。しかし今回は、’20年型で生産終了となったセロー250を惜しむ票と感謝の声が多数届き、見事に栄冠を勝ち取った。’17年に生産終了し、1年後に改良されて復帰した際とは違い、「このエンジンと車体は最後」とのこと。36年の歴史を誇る名車のフィナーレにふさわしい幕切れと言えよう。

前回王者のアフリカツインは、’20で1000→1100に進化したが、さすがに今回のセローには敵わず、2位。スズキVストローム250が前回と同じ3位に着けた。

ニューモデル勢では、’16年秋の試作車を経て、ついに発売されたヤマハ テネレ700が4位と好発進。排気量アップや電脳化を進めたスズキVストローム1050は前作の10位から3つ順位を上げた。次回は、初のフルチェンジを受けたホンダCRF250L/ラリーの順位に注目だ。

第1位:ヤマハ セロー250ファイナルエディション〈510票〉アッパレ! 栄光に包まれながら35年の歴史に幕

ヤマハ セロー250ファイナルエディション

[写真タップで拡大]

近年は’15/’18年と勝ち星を挙げたセローがラストでキッチリ決めた。マウンテントレールという独自の世界観で初代225が登場したのは’85年。以来熟成を重ねてきたが、様々な規制強化により終了となる。ファイナル仕様は初代イメージの車体色と特製エンブレムが特徴だ。

投票者の声:万能さが高評価。今までありがとう】●ツーリングよし林道よしのオールマイティ(広島県Y.I.) ●最初の1台でありながら上がりの1台になり得る存在感(神奈川県K.K.) ●オフ車を買うならセローと決めている(奈良県T.Y.) ●なくなってしまうのが実に惜しい(愛媛県K.S.) ●最後までセローであり続けたことに敬意を表して(北海道T.K.) ●復活を願います(東京都S.A.)

第2位:ホンダCRF1000Lアフリカツインシリーズ〈341票〉宿敵が消え、次は安泰か

ホンダCRF1000Lアフリカツインシリーズ

[写真タップで拡大]

かつて同部門で常勝だったアフリカツインの名を継ぎ、’16年に完全新作として登場。’20で早くも初の全面刷新を敢行した。これまでセローと覇を競い、3度王座に就任。次回から一人旅か?

投票者の声:最高峰の風格】●国産アドベンチャーバイクの最高峰(滋賀県A.T.) ●実車を見て存在感と王者の風格に圧倒された(東京都S.O.) ●オフ車がこんなにオシャレだなんて!(東京都Y.H.)

第3位:スズキV-ストローム250〈264票〉今回も表彰台キープ

スズキV-ストローム250/ABS

[写真タップで拡大]

GSX250R譲りのトコトコした走りとワイルドなスタイルで人気。デビュー時の’17年は圏外だったが、4位→3位と評価され、今回も同じ順位でゴールした。ビギナーや旅好きからの支持が厚い。

投票者の声:オシャレで価格も走りもお手軽】●小さくても日本には合うバイク(青森県K.F.) ●大型と見紛う車体と手にしやすい価格(神奈川県K.K.) ●車検なしでオシャレ! どこでも行けてお手軽(大分県Y.T.)

第4位:ヤマハ テネレ700〈184票〉新顔の本格派が好スタート

ヤマハ テネレ700

[写真タップで拡大]

MT-07ベースの並列ツインを独自の車体に積み、オフ性能を磨いた。軽量スリムさが美点で初登場4位をマーク。

【投票者の声】●待ち望んだサイズ(大阪府Y.O.) ●刺激的なデザイン、お手頃価格(埼玉県K.O.)

第5位:カワサキKLX230〈129票〉名車の後継機が支持を拡大中

カワサキKLX230

[写真タップで拡大]

闘う4スト=KLX250の名を継ぎ、’18年デビュー。セロー路線ではなく、オフ性能を重視したキャラが魅力だ。

【投票者の声】●オフ車といえばこれ(大阪府T.K.) ●現実的な価格と外れのない作り(千葉県J.M.)

オフロード部門ランキング

[順位] 車両名〈得票数〉(前年順位)
[01] ヤマハ セロー250ファイナルエディション〈510〉(2)
[02] ホンダCRF1100Lアフリカツインシリーズ〈341〉(初)
[03] スズキVストローム250/ABS〈264〉(3)
[04] ヤマハ テネレ700〈184〉(初)
[05] カワサキKLX230〈129〉(6)
[06] ホンダX-ADV〈120〉(–)
[07] スズキVストローム1050 ABS/XT〈118〉(初)
[08] ホンダCRF250ラリー〈100〉(4)
[09] ヤマハ トリッカー〈82〉(9)
[10] ホンダCRF250L〈64〉(–)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報