雑ネタ|モーサイ

リアルに「草生える」カスタムバイク発見!!趣味と実益をかね、バイク大好き造園会社代表が製作

●レポート:モーサイ編集部・中牟田歩実 ●写真:牛尾立正園

人と被らないようバイクをカスタムがしたいと思うライダーは少なくないが、ここまで個性が爆発したカスタムをするライダーはそういないのでは? 造園業を営み、高品質の人工芝が人気商品だという牛尾立正園では、代表のバイク好きと自社商品が融合して、リアルに「草の生えた」バイクを作成してしまった。

タイホンダ ウェーブのシートを芝カスタム

文末に付けて笑いを表現する記号「w」が草の形ように見えることから、「笑える」ことを、ネットスラングで「草が生える」と言うが、こんなバイクを信号待ちで見かけたら、間違いなく二度見した後、笑顔になってしまうはずだ。

そもそも、どうしてこんなカスタムを思いついたのか……?

きっかけは、牛尾立正園代表の趣味にある。代表の牛尾展也さんは、無類のバイク好き。125ccのスクーターであるタイホンダ製のウェーブ125を愛車とし、下道のみで名古屋→東京間を16時間ほど走り続けるロングツーリングを楽しむばかりか、もし壊れたときのための部品取り用として、全く同じバイクを2台所有するというコアなライダーだ。

「国内の道はだいたい走ったよ」と言い、近年では海外ツーリングを中心に楽しむバイクライフを送っている。

しかし、本業は造園業。10年持つという高品質な人工芝が自慢だ。

全文を読む写真×9点(モーサイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報