超弩級カスタム試乗!!

パインバレーカスタム・ロードグライドスペシャル試乗インプレ【乗るたびにパフォーマンスアップ】

●文:ウィズハーレー編集部(青木タカオ) ●写真:磯部孝夫 ●取材協力:パインバレー

軽快なフットワークを生み出す足まわりに脱帽!

スターターボタンを押すと同時に、2in1マフラーから迫力あるサウンドが鳴り響いた。勢いよく目覚めたM8エンジンは、114ciのストックから排気量を少し上げ、カナダMJKパフォーマンス製のエアクリーナーやトラスクパフォーマンスのフルエキゾーストで吸排気をモディファイ。

PineValley-FLTRXS

パインバレーが製作するロードグライドをベースにしたパフォーマンスバガー。過去に一度試乗している(まだ見ていない人はこちら)が、ますます戦闘力を高めているから驚く。 [写真タップで拡大]

走り出すと、見た目で感じたボリューム感は消え去ってしまう。強力なエンジンによって軽々と巨体が加速し、ハンドリングも意外なほど軽快だ。

なによりまず足まわりが秀逸で、ハイパープロの前後サスペンションが初期はしなやかに動き、ストロークの奥ではしっかりと踏ん張りが効く。前後ホイールはロードレースのトップカテゴリーで鍛え抜かれたBSTカーボンホイールで、軽量かつ高剛性。路面追従性に優れ、乗り手はトラクションをしっかりと感じる。

乗る前に警戒したのは、スイングアームが伸ばされていることだ。より低く長いフォルムは魅力だが、街乗りしたときの旋回性やフットワークが犠牲にならないか気になった。

しかし、そんな懸念もバネ下重量の軽さと巧みなサスセッティングで解消している。強烈な加速もサドルマンのツーアップシートが受け止めてくれ、長時間の走行でもゲル入りでお尻が痛くならない。ラジアルマウントキャリパーがもたらすブレーキのタッチもこの上ないもの。

乗るたびにパフォーマンスアップしているこの1台。パインバレーは一体どこまで突き詰めるのか、今後も楽しみでしかない!

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

インパクト大のヘッドライトはLetric Sharktooth LEDHeadlight。

ハンドルまわりはクラウスで揃えられ、インフォテインメントシステムのディスプレイ下にあったデュアルメーターは、ハンドルマウントによってライダー側に引き寄せられている。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

クリアにしたオーバルのエアクリーナーケースも高精度のパフォーマンスバガーパーツを供給するカナダのMJKパフォーマンス製。

[写真タップで拡大]

クラッチはVPクラッチで強化され、レバー操作も軽い。

[写真タップで拡大]

マックスリーン フロアボードはストックより5cm後方に1インチアップでハイマウントされ、バンク角を稼ぐ。

[写真タップで拡大]

2in1構造のフルエキゾーストはターボやハイパフォーマンス系のカスタムで有名なトラスクパフォーマンスだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報