教えてネモケン|ライドハイ

【Q&A】寒いときのタイヤの暖め方ってどうするの?

●文:ライドハイ編集部(根本健)

A.徐々にバンクせず、タイヤを潰そう!

10℃以下はコーナーを攻めない!

気温が下がれば路面温度も下がります。とくにハイグリップタイヤは、温度が低いとトレッドコンパウンドが暖められないため、柔らかくならずにグリップ性能はガタ落ち。外気温が10℃を下回ったら、ワインディングでコーナリングしようなどと思わないことです。

それでも真冬でなければ、春の陽射しだったりする日もあって、そんなにムリをしなければコーナーを楽しむことができそうというとき、気をつけたいのがタイヤの暖め方です。

お目当てのワインディングへ到着するまで、カーブもなく真っ直ぐ走らせてきたのなら、まずはひとつ目の左を浅いバンク角で、次の右も同じく浅いバンク角、4番目5番目のカーブあたりから、慎重に少しずつバンク角を深くしていく……コレ、絶対にNGです。

→全文を読む(ライドハイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報