最新の素材を惜しみなく投入

スピーディ フーディーアーマーH2OUT試用インプレッション【透湿防水で通年着用OK】

スピーディ フーディーアーマーH2OUT試用インプレッション【透湿防水で通年着用OK】

●まとめ:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:富樫秀明

フーディー(パーカー)のラインナップを拡充しているイタリアのスピーディ。新製品「フーディーアーマーH2OUT」は中綿入りの脱着式インナーを持ち、アウターには透湿防水の3レイヤー生地を使用した、まさに全天候&通年仕様のジャケットだ。イタリアらしいセンスが光る。

[〇] フードとリブニットで普段着的な雰囲気も

大胆なツートーンカラーと各部の白いロゴが特徴的な、スピーディの「フーディーアーマーH2OUT」。このブランドのファンならピンと来ると思うが、H2OUT=透湿防水生地を使用しているのがポイントで、前合わせには止水ファスナーやフラップを採用。さらに、60gの中綿を挿入した脱着式のインナーを装備しており、真夏以外はどんな気象条件にも対応できる欲張りなモデルだ。

スピーディ フーディーアーマーH2OUT
[写真タップで拡大]

【SPIDI フーディーアーマーH2OUT】●サイズ:S M L XL XXL 3XL ●色:黒×白 黒 赤 ●価格:3万6080円

スピーディ フーディーアーマーH2 OUT

小顔効果を生むフードは、アウターと同じ透湿防水生地で作られている。そのフードと両肘にはリフレクタープリントを施す。前合わせは止水ファスナーだ。 [写真タップで拡大]

インナーを装着した状態での着心地は良好だ。ミドルレイヤーを想定してか、身頃だけでなく袖もやや余裕のある作りで、ゆったりめが好みの人に向くだろう。肩と肘に装備されたプロテクターは、体の動きに対してしなやかに追従するウォーリア・テクノロジーモデルで、もちろん背中にも別売りのプロテクターが追加可能。インナーを取り外すとゆったり感が増すが、ベンチレーションがないので、気温が高い日はむしろ熱気が抜けていいかもしれない。

フードは脱着可能だが、ドローコードを絞れば走行風をはらみにくくなるので、そこはお好みで。袖口のリブニットの肌触りが心地良く、後ろ身頃の裾が長いので腰が露出しにくいのもいい。1着を長く着続けたい人にとってはベストな選択だ。

スピーディ フーディーアーマーH2 OUT
[写真タップで拡大]

【最新の素材を惜しみなく投入】アウターの表地は、防水性/防風性/透湿性を有するH2OUTを採用。肩と肘には最新のウォーリアテクノロジーによるプロテクター(CEレベル1)を装備する。

スピーディ フーディーアーマーH2 OUT
[写真タップで拡大]

特徴的なフードはドローコードで絞れるほか、このように取り外すことも可能だ。

スピーディ フーディーアーマーH2 OUT
[写真タップで拡大]

袖口はリブニットになっており、サムホールと合わせてフィット感は良好。

スピーディ フーディーアーマーH2 OUT
スピーディ フーディーアーマーH2 OUT

中綿入りのインナーはボタンによってアウターと接続されている。そして、アウターとインナーのそれぞれに内ポケットが設けられており、使い勝手は良好。 [写真タップで拡大]

[△] 試せてはいないがニットから浸水するかも

雨が降らなかったので試せていないのだが、裾の短いグローブだとリブニットから浸水する可能性も。

[こんな人におすすめ] これぞ全天候型。スピーディの工夫が随所に

アウター防水タイプのジャケットは、たいてい前合わせのファスナーを二重フラップで覆うが、スピーディはデザインを優先して止水ファスナーと内フラップで対応している。こういう細かな部分にもイタリアらしいセンスが光る。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報