北米市場を中心に人気のデュアルパーパス

13年ぶりのモデルチェンジ! カワサキ「KLR650」“アドベンチャー”と“トラベラー”も展開

カワサキ KLR650

カワサキは、北米で人気のデュアルパーパス「KLR650」をモデルチェンジし、2022年モデルとして発表。LEDヘッドライトや増量した燃料タンクなどを採用するほか、パニアケース&フォグランプなどを装備した「KLR650 アドベンチャー」、トップケースなどを装備した「KLR650トラベラー」などバリエーションモデルも発売する。

2年間の販売休止を経て帰ってきた!

北米を中心にロングセラーとなっていた、カワサキ「KLR650」がモデルチェンジを受け、2022年モデルとして発表された(海外仕様)。エンジンは新たにFIを採用し、燃費性能を向上させるとともに冷間時や高地でも高い始動性を実現。車体も燃料タンク容量の増加や、振動低減のためにハンドルバーなど各部をラバーマウント化した。さらに、よりリラックスしたライディングポジションへの変更やキャリアの積載性向上、風防性能を高めたウインドシールド、LEDヘッドライトなどの改良を随所に施したという。

ウインドスクリーンは2ポジションの可変式とされたほか、ブレーキはフロントディスクの大径化で制動力を向上するとともにABSもオプション装備可能に。インストゥルメントパネルはオールニューのデジタル式となった。

従来から好評の652cc単気筒エンジンは、2軸バランサーやオートデコンプ、北米ならではのスパークアレスターなどを引き続き装備する。

日本への導入については特にアナウンスされていないが、2016年を最後に同クラスの2気筒モデル「ヴェルシス650」が販売終了していることを考えると可能性は低いか……。

カワサキ KLR650

従来型より格段にシャープになったデザイン。今後もロングセラーを続けそうだ。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLR650[2022 U.S. model]

【KAWASAKI KLR650[2022 U.S. model]】主要諸元■全長/全幅/全高未発表 軸距1539 シート高871(各mm) 車重208.9kg(ABS装着・標準モデル)■水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 652cc 出力未発表 変速機5段 燃料タンク容量23L■ブレーキF=φ300mmディスク+2ポットキャリパー R=φ240mmディスク+2ポットキャリパー タイヤサイズF=90/90-21 R=130/80-17 ※諸元は北米仕様

カワサキ KLR650

KAWASAKI KLR650[2022 U.S. model]PEARL SAND KHAKI [写真タップで拡大]

カワサキ KLR650

KAWASAKI KLR650[2022 U.S. model]PEARL SAND KHAKI [写真タップで拡大]

カワサキ KLR650

KAWASAKI KLR650[2022 U.S. model]PEARL SAND KHAKI [写真タップで拡大]

カワサキ KLR650

KAWASAKI KLR650[2022 U.S. model]PEARL LAVA ORANGE [写真タップで拡大]

カワサキ KLR650

KAWASAKI KLR650[2022 U.S. model]PEARL LAVA ORANGE [写真タップで拡大]

カワサキ KLR650

KAWASAKI KLR650[2022 U.S. model]PEARL LAVA ORANGE [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLR650 ADVENTURE[2022 U.S. model]

KAWASAKI KLR650 ADVENTURE[2022 U.S. model]ADVENTURE-CYPHER CAMO GRAY [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLR650 ADVENTURE[2022 U.S. model]

KAWASAKI KLR650 ADVENTURE[2022 U.S. model]ADVENTURE-CYPHER CAMO GRAY [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLR650 ADVENTURE[2022 U.S. model]

KAWASAKI KLR650 ADVENTURE[2022 U.S. model]ADVENTURE-CYPHER CAMO GRAY [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLR650 TRAVELER[2022 U.S. model]

KAWASAKI KLR650 TRAVELER[2022 U.S. model]TRAVELER-PEARL LAVA ORANGE [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLR650 TRAVELER[2022 U.S. model]

KAWASAKI KLR650 TRAVELER[2022 U.S. model]TRAVELER-PEARL LAVA ORANGE [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLR650 TRAVELER[2022 U.S. model]

KAWASAKI KLR650 TRAVELER[2022 U.S. model]TRAVELER-PEARL LAVA ORANGE [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLR650[2022 U.S. model]

フレームはセミダブルクレードル。スイングアームは従来よりも30mm長く、ピボットシャフトは2mm大きい。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLR650[2022 U.S. model]

KLR650アドベンチャーはフォグランプなどを標準装備。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLR650[2022 U.S. model]

エンジンガードは全車に標準装備する。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLR650[2022 U.S. model]

シート高は本格的は871mm。よりリラックスしたライディングポジションに変更されている。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLR650[2022 U.S. model]

オールニューのデジタルインストゥルメント。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLR650[2022 U.S. model]

ハンドルバーなどがラバーマウント化され、より低振動で快適性も向上している。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報