YMショートニュース

’20年の交通事故死者数が初めて3000人以下に【ワーストは53年ぶりに東京都】

'20年の交通事故死者数が初めて3000人以下に【ワーストは53年ぶりに東京都】

警察庁が発表した統計によると、’20年中の交通事故死者数は全国で2839人。前年から376人減(11.7%減)で、戦後最少記録を5年連続で更新した。さらに、3000人を下回るのは事故死者数の統計が残る1948年以来初。死者数は’89年から増加したが、最後に1万人を超えた’95年から減少傾向が続いてきた。’20年は25年前と比べて、実に4分の1にまで迫る数字となった。

’20年中盤は外出自粛で道が空いたことによる速度超過が原因と思われる死亡事故増が目立ったが、通年で減少したのは朗報だ。なお、交通事故発生件数は30万9000件で、7万2237件減。負傷者数は9万3174人減の36万8601人だった。

[写真タップで拡大]

都道府県別に見ると、最も死者数が多かったのは東京都の155人。前年より22人増で、53年ぶりのワーストだ。前年最多の千葉は5位、’18年まで16年連続ワーストの愛知は2位だった。

なお人口10万人あたりの死者数では、香川の6.17人が最多で、福井(5.34人)、高知4.87人)が続いた。最少は東京の1.11人で、総数とは真逆の結果が出ている。

バイクなど車種別の統計は、発表され次第お伝えしたい。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報