“ナナハン版カブ”の面目躍如

新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP【エンジン&ミッション大幅先鋭化】

ホンダNC750X/DCTがモデルチェンジ〈軽量化&ローダウンで好感度アップ!〉

初の走行モードまで獲得。よりパンチのある走りに

“ナナハン版カブ”と評されるほど、実用的な走りと使い勝手に優れるホンダNC750X。今回のビッグチェンジは、その魅力に一段と磨きをかけるものだ。欧州発表の新型は、現行をベースにほぼ全身をリファイン。心臓部は、電制スロットルの初採用や吸排気系の変更などで最高回転数を600rpm高め、3.8ps&0.1kg‐m増を達成した。合わせて1〜3速をショート化し、キビキビした走りをもたらす。さらにNC初の走行モードを獲得。4パターンから選択でき、DCTもこれに連動する。加えてトラクションコントロールは2→3レベルに増加。MT仕様はスリッパークラッチも新採用した。

新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP

【’21 HONDANC750X/DCT】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 745cc 58.6ps/6750rpm 7.04kg-m/4750rpm ■装備重量214<224>kg シート高800mm 変速機6段リターン<6段DCT> 燃料タンク容量14.1L ■タイヤF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●予想価格:95万円前後/100万円前後 ●予想発売時期:’21年2月頃 ※< >内はDCT 諸元は欧州仕様 [写真タップで拡大]

新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP

【カラーバリエーション】従来のイメージと異なる、ソリッドな「グランプリレッド」を投入。ツヤ消し黒、パール白、メタリック青の4色から選べる。車体色はSTD/DCT仕様とも共通だ。 [写真タップで拡大]

新型は軽量化もトピック。鋼管フレームはパイプの厚みや構成を最適化し、単体で1.8kg減。エンジンは1.2kg減となるなど各部の軽量化も進め、トータルで6kgもの削減を果たした。力強いエンジンと合わせ、より爽快な走りが楽しめるだろう。なおサスペンションはショート化され、シート高は30mm減の800mmに。これはローダウン仕様が標準の現行国内モデルと同じ数値。日本も同様のシート高となるか。

さらにNC名物のメットインは容量を1L拡大。力強くなったスタイルや、新メーターも獲得するなど、まさに全方位的に進化を遂げたと言える。

新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP
[写真タップで拡大]

外装は全面刷新。ステップまわり~テールのラインが滑らかになるなどカタマリ感が増した。シート下のサイドカバーはスリム化されている。

新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP
[写真タップで拡大]

サイドパネルのボリュームが増し、迫力アップ。新形状スクリーンと合わせ、高い防風性が期待できる。ウインカーもLED化で小型になった。

新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP
[写真タップで拡大]

上から見ると、筋肉質な車体前半部に対し、フロントシートのサイド部分がフラットに。足着き性の向上が期待できそうだ。全幅は従来比1mm増とほぼ同じ。

新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP
新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP

【車高を落としつつシャープに】写真左/右は’20/’21欧州仕様。’20ではサスペンショントラベル量は前153.5&後150mmだったが、’21では前後とも日本仕様と同じ120mmにショート化。全高と最低地上高が20mm減少した。キャスター角やトレール量に変更はない。 [写真タップで拡大]

新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP
[写真タップで拡大]

【’20 NC750X】’12年に登場した初代700は、60万円台という驚きのコスパで大ヒット。割り切って低中速を重視した並列2気筒や共通設計によるコストダウンの賜物だった。’14年にボア拡大で750に。’16で前後LEDライトの採用やサス変更などを行い、以降も熟成を重ねた。

新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP
新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP

【+4ps/-1.2kg:電スロ投入&DCTも進化】電子制御スロットルスロットル+走行モードを獲得。3パターンのほか、カスタム可能なユーザーモードを搭載する。DCTはモードに応じて特性が変化。さらにアクセル開閉時にクラッチをわずかに制御し、より自然なフィーリングとなる新機構も採用した。 [写真タップで拡大]

新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP
新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP

【メットインは容量を23Lに拡大】通常のタンク部をラゲッジスペースとして活用する本作。新型は内部形状の改良により容量を22→23Lに拡大し、バイザー付きフルフェイスも収納可能になった。タンクバッグなどの装着に使えるリッド上面のレールもタフなイメージに変更。 [写真タップで拡大]

新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP

【凛々しい5灯LED】LEDヘッドライトは、従来の上下2灯に対し5灯でイメージチェンジ。ローで上3灯、ハイで全灯が光る。テールライトも新作だ。 [写真タップで拡大]

新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP
[写真タップで拡大]

【新LCDで機能拡張】メーターは、液晶部分がより大きい新作に変更。中央にある速度計の右にライディングモードの状態、トラクションコントロール設定などを集約して表示する。

新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP
新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP

【シート高を下げつつ、座り心地も快適に】シートは高級感あるデザインに。シンプルな前後分割の従来型に対し、パンチングとフラットな表皮を使い分ける。シート下燃料タンクは継続で、容量も不変だ。 [写真タップで拡大]

新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP
新型ホンダNC750Xは軽量化&ローダウンで好感度UP

【タフギアオプションも充実】アルミパネル付きのトップ&パニアケースのほか、ガード類/フォグランプ/ロングスクリーンなどSUVらしいオプションを用意。収納スペースにUSB-Cソケットも追加できる。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報