History|モーサイ

提携したのは技術だけじゃなかった? ヤマハ-トヨタの意外な「同名モデル」

トヨタが生んだ名スポーツ車、2000GT。同車の製造にあたり、ヤマハとトヨタが業務提携を結んだ、というのはクルマ好きの人なら聞いたことがあると思う。「エンジンはほぼヤマハ製」とも言われたほどだ。そのお返し……ってことはないとは思うが、あるものがトヨタからヤマハへ提供されていた。それは「シグナス」という車名である。

YAMHA Cygnus Series×TOYOTA LANDCRUIZER CYGNUS

現在も販売されるヤマハの定番スクーター「シグナス」シリーズ。その原点は1982年に「国産最大排気量のスクーター」のうたい文句で登場したシグナス180で、長距離走行や高速走行も可能な「本格スクーターの頂点モデル」とヤマハは位置づけていた。

そしてその名前は「タフネス・コンフォート・コミューター」をコンセプトに開発された、現行モデル・シグナスXシリーズにも受け継がれている。

一方、同じ「シグナス」の名前を冠したクルマというのがトヨタにもあった。ランドクルーザーシグナスである。1998年に登場したランドクルーザー100のラグジュアリーグレードとして、翌1999年から発売されたモデルだ。ラダーフレームやエンジンなどはランドクルーザー100と共通ながら外装などは専用設計されていた。

それにしても、なぜ車名を共用できたのだろうか?

→全文を読む|写真×6点(モーサイ公式サイト)


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報