正統派の老舗と暴走機関車が奇跡の協業!?

今度は「モーサイ」×「WEBヤングマシン」のコラボが始まります!

●文:ヤングマシン編集部「マツ」

八重洲出版が運営する2輪WEBサイト「モーサイ」。母体は1951年(昭和26年)創刊の老舗バイク雑誌「モーターサイクリスト」なだけに、歴史的な資料や情報、良質なインタビュー記事など、地に足の着いた“読ませる”コンテンツが満載されている。つまりは四六時中「スクープだ!」「最高速アタックだ!」と浮足立っているヤングマシンとは真逆のメディアなのだが、あまりにも真逆すぎるだけに“じゃあ、一緒にやってもいいんじゃないの?”って話になりまして……

タッグを組んでも共食いにならない

先日「RIDE HI」誌とも同様のコラボを始めたばかりだが、今回も考えていることはほぼ同じ。歴史モノや旧車(八重洲出版のアーカイブはおそらく業界一)に絶対的な強みを持つモーサイと、「2輪メディアの東スポ」「バイク業界のムー」(←共に褒め言葉だと捉えてます!)の異名を取るヤングマシンでは、そもそも立ち位置が違いすぎてカニバる恐れが全くないのだ。であればWEB全盛のこの時代、一緒にやることはお互いにとってメリットしかない。

更に言うと、前回のコラボを画策した編集部員「ヨ」が、RIDE HIの根本健さんや小川勤さんと繋がりがあったのと同様、これを書いている「マツ」は、実はもともと八重洲出版の出身。モーサイの上野茂岐編集長は当時の同僚であり、腹を割って話せる関係が今も続いている。今後の2輪メディアは会社の枠組みに囚われず、繋がる部分は繋がっていったほうが絶対にオモシロイ……という考えも、相違する部分はほとんどなかった。

ということでモーサイとのコラボレーションは、週に数本、WEB上で記事を共有する形でまずはスタートします。同様のスタイルで始めたRIDE HIとは予想以上にいい相乗効果が出ているので、モーサイとの協業も楽しみでしかない。上野編集長も同様のようで、さっそく共有記事のリストを送ってきてくれたのだが……。いやホント、こういう記事、今となっては八重洲さんしか作れませんって(嬉)。というわけで、モーサイ✕ヤングマシンの異色コラボにもご期待ください!


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報