カーボンパーツで構成する新シルエット

ニューKATANAを独自の”MRコンセプト”でカスタム〈マジカルレーシング〉

  • 2020/9/9
ニューKATANAを独自の"MRコンセプト"でカスタム〈マジカルレーシング〉

[写真タップで拡大]

今回紹介するカスタムマシンのベース車両は、ネオクラシックのカテゴリーに位置するスズキKATANA。’81年に前衛的なフォルムで衝撃的デビューし、多くのライダーを魅了した名車が、’19年に前衛的フォルムを継承して現代に蘇った。そのニューKATANAをマジカルレーシングが独自の「MRコンセプト」でカスタムマシンとして仕上げた。

カーボンパーツで構成した新たなシルエット

マジカルレーシングの独自の「MRコンセプト」で仕上げられたKATANA。まず目を引くのがシートからテールカウルだ。伸延されテールエンドがリヤタイヤの後端と同じ位置になりシャープなシルエットに変化している。さらにリヤタイヤを覆うフェンダーがリヤ回りを間延びすることなく見せている。

マジカルレーシングカスタムKATANA

フロントカウルのカーボンベースに取り付けられるスクリーンと、アップハンドルとのバランスも絶妙。スクリーンは上方へと伸延されているので風防効果も高い。

足まわりにはマジカルレーシングがリリースしているBST製軽量カーボンホイールを装着し、バネ下のウェイトが大幅に軽量化され運動性が向上している。

このカテゴリーベースのカスタムマシンはどうしても前モデルを意識してしまいがちだが、マジカルレーシングKATANAは懐古主義ではなく、快適にライディングを楽しめる機能性を追求し、新たなカタチを提案したカスタムマシンだ。

[写真タップで拡大]

ハンドルはカーボン製。クランプ部28.6mmのKATANA専用(3万800円)。カーボンバーエンド(8250円)と組み合わせて装着したい。タンクエンド(9680円)はワンポイントに。

[写真タップで拡大]

カーボンベースに取り付けられているスーパーコートスクリーン(5万600円)は風防効果がアップ。カーボンミラーはNK-1 ミラータイプ5(4万4000円)。後方視認性も高い。

[写真タップで拡大]

ノーマルと比較して下の部分を排除したシンプルな形状のフロントフェンダー(平織りカーボン3万1900円)。クラシカルな雰囲気を演出する。

フロントフェンダー[マジカルレーシング]

[写真タップで拡大]

装着することでスパルタンでスポーティなルックスに変化、下まわりの整流効果を高めるなどの機能面も兼ね備えているアンダーカウル(平織りカーボン4万9500円)。

アンダーカウル[マジカルレーシング]

[写真タップで拡大]

後方に伸延されているシートキット(近日発売予定)はシャープなシルエットを見せる。カーボン製テールカウルとウレタンシートで構成され、小物入れなども装備されている。

[写真タップで拡大]

KATANA専用の軽量・高剛性のBSTカーボンホイール(62万7000円/前後セット)。ヘリコプターのローターと同じ製法で造られており高い強度を誇る。

[写真タップで拡大]

リヤ回りをスッキリ見せ、リヤタイヤまわりの整流効果も期待できるリアフェンダー(平織りカーボン3万4100円/別売チェーンガード平織りカーボン1万3200円)。

リアフェンダー[マジカルレーシング]

●取材協力:マジカルレーシング
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2