タイで始まったカウントダウン!

【速報】ホンダ新型「グロム」正式発表! 新エンジンでフルモデルチェンジ【海外】

  • 2020/10/21
ホンダ新型「グロム」正式発表!

WEBヤングマシンがスクープ記事をお送りしていたホンダの原付二種スポーツバイク「グロム(GROM)」の新型が正式発表された! 発表されたのはタイホンダのSNS上で、既報通りエンジンから完全なリニューアルを施されている。これは日本への導入も確実か!

↓↓続報を更新しました↓↓

外観は先祖返り的……新型エンジンは5速ミッションを採用!

サワディカ~! ホンダはタイにおいて2020年10月21日、日本時間15時に開始されたオンライン・ローンチイベントで、原付二種スポーツバイク「グロム」のフルモデルチェンジ版となる最新型を発表。スタイリングの変化のみならず、事前のスクープ画像で見られたようにニューエンジンを搭載していた。外装は現行モデルのガンダムテイストから2013年デビューの初代に立ち返ったような雰囲気になり、車体はフレームから一新している。

すでに現地のホンダディーラーでは予約受注を開始しているというが、我々として気になるのは日本導入の可能性と価格。とはいえユーロ5適合のタイミングが迫っているため、日本で新エンジンのグロムを販売しないというセンは考えにくい。同様に9月にタイで先行発表されているスーパーカブ110もロングストロークのブランニューエンジンを搭載していることから、来春以降の似たようなタイミングで両車ともに発売されると見るのが自然だろう。WEBヤングマシンとしても、引き続き情報を収集していくつもりだ。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

SNS上でのローンチイベントでは、まずミニバイクカルチャーに言及。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

さまざまなモディファイに対応できる構造にしたぞ!

ホンダ新型「グロム」正式発表!

モディファイした結果が……

ホンダ新型「グロム」正式発表!

これだ!

Modify it YOURSELF!!

タイ現地ではこれまでMSX125という車名だったが、今後はGROMに統一される。オールニューエンジンはハイパフォーマンスを追求したもので、DIY的に自分仕様を作っていってほしいと、「MOD IT YOURSELF」とのメッセージも。従来型からさまざまなモディファイを楽しんできたユーザーたちの文化を、さらに大きく育てていきたいというホンダの考えが見えてくるようだ。

新デザイン、新パフォーマンス、新フィーチャーが掲げられており、燃料タンクは左右からボルトオンされるカバーで覆われていることから、さまざまなパーツの取り付けが可能になっている模様。もちろんツーリング向けの装備も取り付けできるほか、マフラーはスリップオン構造として、ノーマルエキゾーストパイプを活かしたままサイレンサーのみを交換できるようになっている。

PGM-FI採用の新型エンジンは高回転域を中心に全域でパフォーマンスを向上。メーターパネルはフルLCDとされ、ギヤポジションインジケーターも表示する。足まわりはフロントにφ31mm倒立フォーク、リヤはシングルショックを採用した。なお、タイ仕様ではABSを標準装備する仕様(Gセンサー搭載を謳っている)とスタンダード仕様のの2種類がラインナップされるが、日本ではABS仕様のみとなりそうだ。

H2C(ホンダ to カスタマーだろうか?)と名付けられたタイホンダの純正カスタムパーツ群を組みつけた仕様として、モタードモンスター、スクランブラー・ランブラー、アドベンチャーマスターの3種が紹介された。また、各種カスタムパーツのほかヘルメットなどもラインナップされる模様だ。

これらの自由度の高いカスタムパーツ群が日本でも同様にリリースされるかが不明だが、等身大のなかで個性を追求できる素材として、日本のユーザーにも歓迎されると思う。

なお、レース向けとしてHRC版がリリースされるのも確実だろう。当WEBがスクープした画像は、まさにHRC仕様だった。

新型グロムの詳細スペックやディテール写真については続報をお待ちいただきたい。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

ヘッドライトは大型のLEDに。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

マフラーはスリップオン構造なので交換しやすいぞ。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

エンジンの詳細は未公表だが、PGM-FI搭載で御覧のパワーカーブになることが明らかに。全域トルクアップの結果、高回転域もパフォーマンスが向上している。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

これは嬉しい! 従来の4速ミッションから5速化!

ホンダ新型「グロム」正式発表!

メーターはLCDでございます。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

φ31mm倒立フロントフォークとモノショック(リンク式かは不明)を採用。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

フロントに2ポットキャリパーを装備。ABSはGセンサーが連動する模様だ。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

あらためてグロムのカルチャーとは……という話。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

前述の3タイプのカスタマイズ。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

パーツやアイテムはこんな構成ですよっと。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

さて、何を組みつけましょうかね。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

グロム見参!

ホンダ新型「グロム」正式発表!

カスタムしちゃうわよ~。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

モタードモンスター。カメラさん、もう少し大きく映してください……。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

こちらはアドベンチャーマスター。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

さらにスクランブラー ランブラー。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

ギャアアァァァン!

ホンダ新型「グロム」正式発表!

時計、燃料残量計、回転計、速度計、距離計、燃費、ギヤポジションインジケーター。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

というわけでPV的な映像は終了し、ステージアクションへ。

ホンダ新型「グロム」正式発表!

カッコイー!

ホンダ新型「グロム」正式発表!

さりげなくGROMのロゴの中にMSXの文字も。

YOUTUBEで映像を見る[New Honda Grom]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2