スタイリッシュ&高音質会話を実現

バイク用インカム「B+COM」最新情報【SHOEI用アタッチメント|プログラム更新】

  • 2020/10/16
バイク用インカム「B+COM」最新情報【SHOEI用アタッチメント|プログラム更新】

一度使い始めると手放せないアイテム、その筆頭がインカムだろう。仲間やタンデムライダーとの会話に必要なのはもちろんだが、スマートフォンとペアリングしてナビアプリや音楽を聴くにももってこい。そんなインカム市場で日本国内シェアNo.1の「B+COM」から2つのトピックがリリースされた。

B+COM ヘルメットアタッチメント SHOEI用:スタイリッシュにインカムを装着

ひとつめのトピックは、B+COM SB6X/ONE/SB4X/SB4X Liteを、SHOEIヘルメットのGT-Air II/J-Cruise II/NEOTEC IIにスタイリッシュに装着するためのベースプレート「B+COMヘルメットアタッチメント SHOEI用」。

この3種のヘルメットには別メーカーのインカムを内蔵するベースプレートが装備されているが、B+COMを装着するのにはそのプレートが邪魔となり、取り外す必要がある。その姿がひいき目に見ても不格好なので、スタイリッシュに装着できるようにと製品化された。

B+COM ヘルメットアタッチメント SHOEI用

【B+COM ヘルメットアタッチメント SHOEI用】●価格:1800円(税別) [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

アタッチメントにB+COMのベースプレートを貼り付ける。

[写真タップで拡大]

ヘルメットの純正パーツの代わりにアタッチメントを両面テープで装着。

[写真タップで拡大]

ベースプレート、アタッチメント、B+COMの順に重なる。

SB6X/ONE 最新プログラムアップデート

もうひとつのトピックは、SB6X/ONEのプログラムアップデート(無料)。新B+LINKにより通話音質が驚くほどクリアになった。聞き比べると、旧バージョンのざらついた音質から、言葉の端々まで明確に聞こえるクリアな音質に。定期的なアップデートで最先端の機能やサービスを享受できるのはかなりの利点だ。なお、SB6Xは登場して3年経つが、今も色あせることなくハイエンドモデルとして君臨している。

B+COM ヘルメットアタッチメント SHOEI用

[写真タップで拡大]

試用インプレ ◯と△

◯ 後付け感がなくなりスタイリッシュに(アタッチメント)
◯ ガタつきも解消(アタッチメント)
◯ 会話が聞き取りやすくなる(新B+LINK)
◯ 無料で最新機能を享受(新B+LINK)

△ ヘルメットに内蔵できる製品を熱望
△ アップデートはWindowsPCのみ。Mac非対応(2020年9月時点)

●テスター:宮下豊史(ミヤシーノ) ●問い合わせ:サインハウス
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

※この記事はハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』に掲載したものを加筆修正したものです。最新の雑誌は書店もしくは下記サイトにてお買い求めください。

ウィズハーレー

ハーレーダビッドソン専門誌『ウィズハーレー』のお買い求めはこちら↓

最新の記事

固定ページ:

1

2