世界500台限定スペシャルマシン

ドゥカティ スーパーレッジェーラV4 実車チェック【驚異の乾燥重量159kg!】

  • 2020/9/28
ドゥカティ スーパーレッジェーラV4 実車チェック【驚異の乾燥重量159kg!】

ドゥカティが誇るスーパーバイク世界選手権ホモロゲーションマシン・パニガーレV4Rと同じ998cc/224psのV4エンジン「デスモセディチ・ストラダーレR」を搭載しながら、レースベース車では使用できない先進の軽量素材を用いたスペシャルマシン「スーパーレッジェーラV4」。ヤングマシンメインテスターの丸山浩が屋外で実車をチェックする機会を得た。

[写真タップで拡大]

【丸山浩】’90年代にはテイスト オブ フリーランス(現在のテイスト オブ ツクバ)の最高峰クラスにCB1000SF改で参戦して多数の優勝を飾り、”最強のネイキッド使い”としても有名に。ヤングマシンのメインテスターだ。

実車を撮影する貴重な機会を得た

’20年6月下旬に最初の1台がベルギーの熱狂的なドゥカティスタに納車された「スーパーレッジェーラV4」は、世界限定500台で販売されるスペシャルモデル。カーボンファイバー製のフレームとスイングアームと前後ホイールを採用した、世界初の公道走行可能な量産二輪車ということになる。

日本仕様(レーシングエキゾーストキットは付属しない)の販売価格は1195万円。すでに予約済みの日本人に向け、7月には東京都のアウディシティ紀尾井町にて実車が日本初公開され、さらにその後2日間だけ一般公開された。これに先駆け本誌は、屋外での実車撮影に成功。その価格にビビりながら、丸山浩が押し引きにより驚異的な軽さも体験した。

ウイングは270km/h走行時に50kgのダウンフォースを生み、レーシングキット装着時は234psを発揮。オーナーにはスーパーバイク世界選手権のパニガーレV4Rレーサーに試乗できる機会が与えられるなど、ハイスペックかつプレミアムだ!

ドゥカティ スーパーレッジェーラ V4

【DUCATI SUPERLEGGERA V4】■軸距1480mm シート高835mm 乾燥重量159kg(レーシングフルエキゾースト装着時152.2kg) ■水冷4ストV型4気筒DOHC4バルブ 998cc 224ps/15250rpm 11.8kg-m/11750rpm 変速機6段 燃料タンク容量16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/60ZR17 ●価格:1195万円 [写真タップで拡大]

ドゥカティ スーパーレッジェーラ V4

ウイングに関する規制がまだなかった’16年型のモトGPマシンから派生させた、巨大なカーボンファイバー製バイプレインウイングを搭載。 [写真タップで拡大]

ドゥカティ スーパーレッジェーラ V4

ウイングやカウル類だけでなく、フロントフレームとサブフレームとスイングアームと前後ホイールは、すべてカーボンファイバー製だ。 [写真タップで拡大]

ドゥカティ スーパーレッジェーラ V4

オーリンズ製のTTX36リヤショックは、スプリングをチタン製に。加圧式フロントフォークはボトムが機械加工され、前後で0.6kg軽量化。 [写真タップで拡大]

ドゥカティ スーパーレッジェーラ V4

肉抜き加工が施されたビレットアルミ製トップブリッジには、シリアルナンバーが刻印される。フェアリングはフルカーボンファイバー製。 [写真タップで拡大]

ドゥカティ スーパーレッジェーラ V4

撮影車両は、アクラポヴィッチ製のチタンマフラーをはじめとするレーシングキットを装着したサーキット仕様で、乾燥重量は152.2㎏! [写真タップで拡大]

●文:田宮徹 ●撮影:長谷川徹 ●取材協力:ドゥカティジャパン
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2