エストリル優勝はYART、タイヤはBSがワンツー

エストリル12時間耐久レースで日本のTSRが25秒差で2位! 年間王者にはSERTが輝く

  • 2020/9/27

2019-2020シーズンの世界耐久選手権がエストリル12時間耐久レースで最終戦を迎え、年間タイトルの可能性を残していたF.C.C. TSRホンダフランスは優勝したYARTからわずか25秒差の2位となった。年間タイトルはレースで4位に入ったSERTが獲得した。

新型CBR1000RR-Rの戦闘力を誰よりも早く高めたTSR

ポルトガルで開催されたエストリル12時間耐久レースは、2019-2020 FIM世界耐久選手権(EWC)の最終戦。今シーズンはコロナ禍から本来は最終戦となる予定だった鈴鹿8耐が中止になるなど波乱のスケジュールとなったが、2019年9月に行われた開幕戦ボルドール24時間から年末のセパン8耐、8月のルマン24時間(4月開催予定だったが延期された)、そして最終戦エストリル12時間耐久レースと、全4戦で年間タイトルが争われることになった。

2017-2018シーズン、日本国籍のチームとして初めて世界耐久選手権の王者となったF.C.C. TSR Honda Franceは、旧型CBR1000RRで2019年のレースを戦ったが開幕戦ボルドールで10位、第2戦セパンで13位と思ったような結果は残せず、その後のコロナ禍で今シーズンの開催数が減ったことからタイトル獲得も難しいかと思われたが、8月のルマン24時間で優勝(関連記事参照)。チャンピオンの望みを繋いで最終戦に臨んだ。

レースでは予選トップがYART(YAMAHA AUSTRIA RACING TEAM)、TSRは2位となり、ランキングトップのSERT(SUZUKI ENDURANCE RACING TEAM)とのポイント差をわずかながら縮めて決勝レースへと臨むことに。

無観客開催となったことからスタート進行は超時短で行われ、ダミーグリッドについたらウォームアップ周回、そしてそのまま決勝レースがスタート。#5TSRは好スタートからトップ争いを展開し、#37BMWの転倒後は#7YARTとの一騎打ちとなった。ともに1分40秒台前半のペースで周回を重ねていくが、どちらのチームも逆転タイトルを獲得するには、勝利したうえでポイントリーダー#2SERTの結果を待つしかないという状況だ。

カレル・ハニカ選手、マービン・フリッツ選手、ニッコロ・カネパ選手を擁するYART Yamahaが、ジョシュ・フック選手、フレディ・フォーレイ選手、マイク・ディ・メリオ選手を擁するF.C.C. TSR Honda Franceとトップ争いを展開。 [写真タップで拡大]

順位を入れ替えながら時間は経過していき、最後はたったの25秒差で#7YARTが1位(年間2位)、#5TSRは2位(年間3位)となった。3位にはポーランドのプライベートチーム、Wójcik Racing Teamが入り、年間4位を獲得。SERTは着実な走りで表彰台争いをしつつ4位となり、2016年以来16度目となるFIM EWCタイトルを獲得した。昨年のチャンピオンであったWEBIKE SRC KAWASAKI France TRICKSTARはレース6位、年間5位という結果に。

また、FIMスーパーストックワールドカップクラスでは、フランスのヤマハチーム、MotoAinがクラス優勝を果たし、2連覇を達成した。

F.C.C. TSR Honda Franceはコロナ禍のなかでマシン作りを開始し、2019-2020シーズン後半2戦では優勝と2位という結果を残したことになる。世界選手権で初にして現在唯一の優勝を新型CBR1000RR-Rで成し遂げたことは、来シーズンの戦闘力に大いに期待させる。来季がどのようなカレンダーになるのかは未発表だが、今から楽しみししておきたい。

年間タイトルは#2SERTが獲得、#7YARTが2位、#5TSRが2位という結果に。 [写真タップで拡大]

丁寧に走り続けたSERT(Suzuki Endurance Racing Team)は、ギヤセレクターシャフトの警告が2回出るまで上位3位以内で激しいバトルを展開。エティエンヌ・マッソン選手、グレッグ・ブラック選手、ザビエル・シメオン選手が4位を獲得し、2016年以来16度目となる、そして新監督のダミアン・ソルニエ監督にとって初となるFIM EWCタイトルを獲得した。 [写真タップで拡大]

F.C.C. TSR Honda France 藤井正和チーム総監督のコメント

「正直つらくて苦しいシーズンでした。この今の世の中の状況で、こういうことをやろう、成し遂げようと思うことそのものに、やはり少し無理があるのは端から分かってました。そんな中でもル・マンで優勝できたし、この12時間耐久も12時間走って25秒差。これはもう、胸を張ってみんなよくやったな、って言いたいですね。いい結果でした。来年に向けてしっかり仕込んで、強いチームを作りたい。そんな思いで一杯です。しっかりやります。ありがとうございました」

F.C.C. TSR Honda Franceはジョシュ・フック選手、フレディ・フォーレイ選手、マイク・ディ・メリオ選手の3ライダーが走行。左でブリヂストンの帽子をかぶっているのが藤井監督だ。 [写真タップで拡大]

●情報提供:FIM EWC、TSR
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事