200mを7.017秒、400mを11.156秒、時速177.6km

ハーレーダビッドソン「LiveWire(ライブワイヤー)」が市販電動バイクの最速記録を樹立!

  • 2020/9/14

ハーレーダビッドソンは、同社発の電動モーターサイクル「LiveWire(ライブワイヤー)」がアメリカ・インディアナポリスで行われたドラッグレースにおいて、トップスピードとタイムの市販電動バイクの最高記録を樹立したことを発表した。

プロストッククラスで43勝の記録を持つアンジェル・サンペイによって新記録誕生

ハーレーの電動バイクがドラッグレースで新記録を樹立した! 子の記録は、ルーカス・オイル・レースウェイで開催された「NHRA デンソー・スパークプラグ U.S. Nationals」でのエキシビション走行で打ち立てられたもの。プロライダーのアンジェル・サンペイによるライディングで、8分の1マイル(約200m)を7.017秒、4分の1マイル(約400m)のコースを11.156秒で駆け抜けた。4分の1マイル時点の到達速度は時速110.35マイル(約177.6km)という記録だった(※)。

今回の記録は、モーターサイクルの電動化をリードしようというハーレーダビッドソンにとって大きな一歩となった。モーターによってリヤホイールを駆動する「LiveWire」はクラッチ操作が不要で、時速0kmから100 kmまでの加速はわずか3秒という驚異的な加速性能を持つ。

ライブワイヤーは1度の充電での最大航続距離235km(シティモード)を実現し、都市部のストリートライダーに最適化されたパフォーマンスを発揮する。北米および欧州で現在販売中であり、日本での発売についても、間もなくアナウンスされる計画だという。

※1マイルを1.6kmに換算

ドラッグレース(プロストック・モーターサイクル部門)で43度の勝利記録を持つアンジェル・サンペイの手により新記録が誕生した。

最新の記事

固定ページ:

1

2