YMラボ製・世界に1台だけのカスタム

「ADV150ラリー」カスタムプロジェクト#2【トップケース取り付けステー制作開始】

  • 2020/6/29
「ADV150ラリー」カスタムプロジェクト#2【トップケース取り付けステー制作開始】

’19年末に開催された「第47回マシン・オブ・ザ・イヤー」投票者の中から抽選で1名様にモニター提供する予定のカスタムマシン「ADV150ラリー」。 本記事では、ビッグアドベンチャーを主たる対象としているツアラテック製トップケースを、ADV150に装着する模様をお届けする。取り付けステーはワンオフで製作しており、早くもラリーらしくなってきた!

ワンオフ加工で理想のバイクに仕上げる

さて、「ADV150ラリー」プロジェクトに協力いただくツアラテックジャパンの店頭には、カスタムアイテムが続々と到着。パーツのサイズを確認しフィッティング、装着パーツとおおよその取り付け位置を決めた。トップケースと取り付けステーはツアラテック製を使用。しかしそのままではADV150に装着できないので、純正オプションパーツのリアキャリアを購入し、そこへステー類を新作しボルトオン装着できるようにする。一方シートカウル右側には、BMW R1200GS用の工具ケースを装着予定。左側に装着するソフトパニアケースは汎用品だが、サイドカウルの下やホイールに巻き込まないようなステーが必要だ。車体既存のボルト穴やリヤキャリアを利用するが、汎用ステーだけでの装着は不可能。そこでツアラテックジャパンがX-ADVにパニアケースを装着した際に頼ったカスタムショップを紹介してもらい、取付作業を依頼することにした。

車両を持ち込んだ名古屋の「カスタムガレージ・ファントム」は、様々なカテゴリーの車種に対応。普段からレースサポートをしているだけあって、既製品を加工するような取り付け依頼や破損パーツの修正が多く舞い込んでいるとのことだ。

店頭で持ち込んだパーツをあらためてフィッティングし、必要最低限のステーを旋盤、溶接を駆使し製作していく。取り付け角度や位置などを考慮し、何度も現物合わせをする。側で作業を見ていたが、フィッティングを重ねるごとに無駄が省かれ、確実にカッコ良く仕上がっていった。

カスタムガレージファントム

【カスタムガレージ・ファントム】スタイル重視カスタムからレースシーンまで対応する柔軟な発想と技術を持つ。モタード、エンデューロ、ハーレーまで幅広く対応。●住所:愛知県名古屋市西区十方町125-1 ●URL:http://c-g-phantom.daiichi-pc.com/

ホンダADV150ラリーカスタム

ファントムではユーザーからの要望に即座に応えるため、店内に各種工作機械や溶接設備を整えている。思いついたステーをその場で試行錯誤しながら削り出していく。

ホンダADV150ラリーカスタム

ホンダ純正オプションのリヤキャリアとツアラテック製ベースをボルトオン(黄色の板)。

ホンダADV150ラリーカスタム

ケースの脱着はワンタッチ。取り外して軽快な走りを楽しめ、気軽なイメージチェンジも可能。

ホンダADV150ラリーカスタム

ケースはスタイル重視で25Lのブラックをチョイスした。他にシルバー色や38Lなどがラインナップされている。

ホンダADV150ラリーカスタム

ツアラテック製BMW純正パニアフレーム用ツールボックスは2万2000円(税込)。このように右側に取り付ける予定だ。

ホンダADV150ラリーカスタム

ツアラテック製の汎用ステーを車両にボルトオン装着できるようなステーを溶接。ソフトパニア巻き込み防止用だ。

ホンダADV150ラリーカスタム

サイドバッグエンデュランス「クリック」はブラック片側が2万3023円。28LでIP64の防水性能を持ち着脱も簡単。

ホンダADV150ラリーカスタム

(左下)ツアラテック製ZEGA EVO TOP CASE 25L And-Black(7万円)、ZEGA Pro トップケースブラケット シルバー(2万3738円)を採用。(左上)メッキパーツがツアラテックのトップケースを取り付けるためのベース。黄色の部分が今回新作したステー。ボルトオンでつながる。(右)アドベンチャー度を高めるハンドガードも装着。ハンドルを左右に切るとスクリーンに干渉するので、調整が必要だ。

ホンダADV150ラリーカスタム

今回の進行はここまで。完成後は、2019年に実施した第47回マシン・オブ・ザ・イヤーの投票者の中から抽選で1名様にモニター提供する予定。

今回の作業はトップケースの取り付けまで。次回は、タイから取り寄せた車体バンパーのフィッティングと、ラリー仕様には欠かせない補助灯の装着について紹介する予定だ。

●文/写真:宮下豊史(ミヤシーノ) ●取材協力:ホンダモーターサイクルジャパン、ツアラテックジャパン、カスタムガレージ・ファントム

最新の記事

固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。