小林直樹師範が徹底テスト

オフロードマシン テイスティング:’20アフリカツイン AS ES DCT〈前編〉

市街地、高速道路、ワインディング、林道のさまざまな路面を走破し、日常に近い乗り方から、そのマシンの限界性能までをテストライダー・小林直樹師範が徹底テスト。今回はフルモデルチェンジしたアフリカツイン・アドベンチャースポーツを2回に分けて紹介する。このモデルは、電子制御サスペンション、DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を標準装備し、最新機能を満載したフラッグシップだ。


●写真:長谷川徹 ●文:小川浩康(ゴー・ライド編集長) ●テストライド:小林直樹 ※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

2016年、直列2気筒1000ccエンジンを搭載して15年ぶりに復活したアフリカツイン。オフロード走破性を損なうことなく高速巡航性能を高め、電子制御の自動変速機DCTを採用するなど、オンもオフも楽しめる「True Adventure」というコンセプトを実現しているのが特徴だった。2018年にはマイナーチェンジを行なってパワーアップを果たすとともに、ビッグタンクを装備したアドベンチャースポーツも追加ラインナップ。ロングツーリングでの快適性を高めた。しかし、その2年後の2020年に早くもフルモデルチェンジ。排気量を1100ccにアップし、高速巡航性能をさらに向上。6軸IMU、クルーズコントロールなどを装備し、ロングツーリング向けのアドベンチャースポーツも同時に開発。DCT制御はさらに洗練され、電子制御サス搭載モデルも設定し、さらにオフロード走行を重視するライダーには、前後サスストロークを40mm延長したタイプ〈S〉も設定。全部で10タイプと、バリエーションが豊富なのも特徴だ。

【Honda CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission】主要諸元■全長2310 全幅960 全高1520 軸距1560 シート高810/830(各mm) 車重250kg(装備) ■水冷4ストローク2気筒 OHC4バルブ 1082cc 102ps/7500rpm 10.7kg-m/6250rpm 変速機6段 燃料タンク容量24L ■タイヤサイズF=90/90-21M/C 54H R=150/70R18M/C 70H ●価格:205万7000円 ※シート高は調節可能

走行性能と装備をさらに充実するために、前モデルから2年でフルモデルチェンジ

関連記事
2020/05/07

ホンダ XL-Degreeホンダ SL230カワサキ Super SHERPAヤマハ SEROW GPSスズキ DJEBEL GPS 最初のセローが発売されたのは、空前のバイクブームが到来し、ライダー[…]

関連記事
2020/04/23

オフロード用ブーツには、大きく分けてモトクロス、エンデューロ、トライアルがある。 モトクロスは速度域が高くジャンプの着地など衝撃も大きいため、インサイドにプラスチックが入るなどプロテクション性と堅牢性[…]

関連記事
2020/04/16

登りきれたら爽快感すらあるヒルクライム。レース派に限らず、トレールライダーでも身に付けておきたいスキルのひとつといえるだろう。アクセル全開で行けばいいというワケではなく、むしろ逆効果。このセクションで[…]

関連記事
2020/03/05

「最初のモデルに比べ大幅に乗りやすく、しっかりとオフロードマシンになっています。低速のトルクが扱いやすく、ゆっくりなスピードでも走れ、滑る路面でもエンジンのパワーがそのまま路面に伝わっていました。林道[…]

関連記事
2020/02/27

激軽の乾燥重量104kgが公道でもしっかり生きている! 実際、エンデューロレーサーをはじめとするコンペモデルを公道に連れ出すと、思いのほか拍子抜けすることが多い。伸びが足らず頭打ちの早いエンジンは、ギ[…]

あなたにおすすめの関連記事