第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

今話題のショートブーツをオフロードマシン ゴー・ライド編集部がインプレしてみた

人気&実力派ショートブーツが新登場! その実力をインプレッション #ゴー・ライド

  • 2019/10/10

01

プロテクション性と歩きやすさ・履きやすさを両立したショートブーツの人気が高まっている。そんな中、本格的な作りに定評あるFormaがニューモデルを発売した。それがTERRA EVO LOWだ。人気のADVENTURE LOWと比較し、その詳細に迫る。インプレは『オフロードマシン ゴー・ライド編集部』の編集長によるものだ。

『Forma TERRA EVO LOW』『Forma ADVENTURE LOW』実力派ショートブーツが新登場!その詳細に迫る!!

厳選した素材を使用し、おもなパーツやモデルの生産はすべてヨーロッパ圏内で調達。徹底した品質管理を行なっているイタリアのブランド「フォーマ」。ブーツメーカーとして40年以上の歴史を持ち、ライディング中の安全性はもちろん、バイクを降りた後の歩きやすさも開発コンセプトになっている。

そのフォーマのブーツには、林道ツーリング向けに通常の高さ40㎝の「TERRA EVO(テラエヴォ)」と「ADVENTURE(アドベンチャー)」をラインナップ。「テラエヴォ」は、ハードなライディングで安心感を得られるプロテクション性と歩行のしやすさを両立しているのが特徴。一方の「アドベンチャー」はDRYTEX製の透湿防水シートを採用し、全天候に対応。柔らかめの作りがロングツーリングで快適な一足になっている。

これらのコンセプトを受け継ぎつつ、街乗りからもっと気軽に履けるようにと、ブーツ丈を約25㎝にショート化しているのが、「テラエヴォ ロー」と「アドベンチャー ロー」だ。似ているようで異なるこの2足のショートブーツ。それぞれの特徴を見ていこう。

【概要】Forma TERRA EVO LOW

Forma TERRA EVO LOW

【Forma TERRA EVO LOW】

【Forma TERRA EVO LOW】ソールからの高さは約25cm。くるぶし部分の樹脂製プロテクションパーツにはヒンジが設けられている。足首の上下方向へのスムーズな動きに貢献しつつ、左右方向への余分な動きを制限してくれる。

【Forma TERRA EVO LOW】 バックルはアルミ製。強度があり、確実にロックする。ベルトは2本だが、装着感が高く、足へのフィット感は良好。

【Forma TERRA EVO LOW】 シューズ内側にはパッドが装着されていて、ソフトな履き心地を実現している。シューズ上端部にはストレッチ素材を使用し、フィット感を高めている。

【Forma TERRA EVO LOW】 写真左:つま先部分はシフトパッド兼用のプロテクションパーツを配置。写真中:カカトはしっかりとガードされている。写真右:フォーマ独自のアドベンチャーソールは、ダート路面で高いグリップ力を発揮する。

Forma TERRA EVO LOW

【Forma TERRA EVO LOW】林道ツーリングも安心のプロテクション性

【概要】Forma ADVENTURE LOW

この2足の最大の特徴は、軽さ。とくに「アドベンチャー ロー」は樹脂製プロテクションパーツが少ないこともあり、ハイカットスニーカーのような気軽さも感じられる。それでも、つま先とカカトは強度が高められていて、普段履きのスニーカー以上の安心感がある。ソールのラバー形状もスニーカーのようで、歩行性のよさは抜群だった。

Forma ADVENTURE LOW

【Forma ADVENTURE LOW】

【Forma ADVENTURE LOW】油分を多く含んだ高級本革を使用。素材の柔らかさを生かし、足首の動きも履いた瞬間からスムーズ。くるぶしにはパッドを内蔵し、プロテクション性をサポートしている。

【Forma ADVENTURE LOW】ブーツ内部に形状記憶ポリマーを使用し、フィット感を高めている。インナーソールは抗菌仕様。

【Forma ADVENTURE LOW】プロテクションパーツは最小限ということもあって、非常に軽量な仕上がり。

【Forma ADVENTURE LOW】写真右:つま先上部にプラスチック製シフトパッドを設置。2本のベルトとバックルは樹脂製で軽い操作感を実現。写真中:ソールからの高さは約23cm。シンプルなデザインは軽量化にも貢献し、スニーカーのような気軽な履き心地となっている。写真右:耐久性の高いラバーソールを採用。歩行性のよさは抜群だ。

『Forma TERRA EVO LOW』『Forma ADVENTURE LOW』まとめ

「テラエヴォ ロー」は、つま先とカカトに加えて、足首もしっかりとサポート。プロテクション性の高さが感じられ、まさにスネ部分のないオフロードブーツといった履き心地だ。舗装路での歩行性は「アドベンチャー ロー」に一歩譲るものの、オフロードブーツからは大幅に軽くなっているので、歩きにくさは感じなかった。むしろ林道では、独自のソールが地面をしっかりグリップしてくれた。オフロードブーツの安心感とライディングシューズの気軽さを兼ね備え、脱ぎ履きがしやすい「オフロードショートブーツ」といった印象。オフロード走行を重視しつつ、キャンプやちょっとした観光も楽しみたいというトレールマシン/アドベンチャーマシンユーザーには、最適な1足だと思った。

Forma ADVENTURE LOW

【Forma ADVENTURE LOW】軽くて柔らかい履き心地に防水性をプラス

Forma TERRA EVO LOW ●価格:4万6200円(税込)素材:本革オイルレザー 透湿防水DRYTEX
カラー:ブラウン サイズ:39(25.0cm)~45(28.0cm)重量:1100g(26.5cm片足・編集部実測値)

Forma ADVENTURE LOW ●価格:3万9600円(税込)素材:本革、透湿防水DRYTEX
カラー:ブラウン、ブラック サイズ:39(25.0cm)~45(28.0cm) 重量:900g (27.0cm片足・編集部実測値)

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ゴー・ライド編集部

ゴー・ライド編集部

記事一覧を見る

老舗オフロード雑誌のスタッフが再集結し、新たなオフロードマシン総合誌を立ち上げたのがゴー・ライド。ヤングマシンの姉妹誌だ。