流行のマットカラーを追加、マットグレーとホワイトは継続

ヤマハの原付二種スクーター「NMAX ABS(125)」に新色のマットブルーが登場

  • 2020/4/28
ヤマハ NMAX ABS

ヤマハは、高性能な水冷4ストローク単気筒エンジン(ブルーコア・エンジン)を搭載する原付二種スクーター「NMAX ABS」のカラーリングを変更し、2020年モデルとして4月25日に発売。スポーティなマットブルーを加え、現行のマットグレーとホワイトは継続販売となる。

ヤマハ「MAX」シリーズの末弟にマットなニューカラー

「TMAX」や「XMAX」といったMAXシリーズ共通のアイデンティティともいえるブーメラン形状の両サイドカバーに、眼光鋭い2眼(ハイビーム時は3眼となる)ヘッドライトなど、スポーティなスタイリング。搭載するエンジンは“ブルーコア”と呼ばれる、走りの楽しさと燃費・環境性能を高次元で両立する水冷単気筒エンジン。ヤマハが誇るMAXシリーズの末弟であるNMAXは、直接の兄弟車であるNMAX155と共通の車体を持つ原付二種スクーターだ。

2020年モデルでは、スポーティさとトレンド感を併せ持つ新色の“マットブルー”を採用。サイドカバーとグラブバーのマットブラックとあわせて、エレガントな雰囲気を醸し出す。現行カラーのマットグレーとホワイトはともに継続販売となる。

YAMAHA NMAX ABS[2020]

【YAMAHA NMAX ABS[2020]】主要諸元■全長1955 全幅740 全高1115 軸距1350 シート高765(各mm) 車重127kg(装備)■水冷4ストローク単気筒SOHC4バルブ 124cc 12ps/7500rpm 1.2kg-m/7250rpm 無段変速 燃料タンク容量6.6L■タイヤサイズF=110/70-13 R=130/70-13 ●価格:35万7500円 ●色:マット青、マット灰、白 ●発売日:2020年4月25日

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー/新色)

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー/新色)

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー/新色)

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー/新色)

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー/新色)

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー/新色)

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー/新色)

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー/新色)

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットグレーメタリック3(マットグレー)※継続色

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットグレーメタリック3(マットグレー)※継続色

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットグレーメタリック3(マットグレー)※継続色

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットグレーメタリック3(マットグレー)※継続色

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットグレーメタリック3(マットグレー)※継続色

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットグレーメタリック3(マットグレー)※継続色

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットグレーメタリック3(マットグレー)※継続色

YAMAHA NMAX ABS[2020]マットグレーメタリック3(マットグレー)※継続色

YAMAHA NMAX ABS[2020]ホワイトメタリック6(ホワイト)※継続色

YAMAHA NMAX ABS[2020]ホワイトメタリック6(ホワイト)※継続色

YAMAHA NMAX ABS[2020]ホワイトメタリック6(ホワイト)※継続色

YAMAHA NMAX ABS[2020]ホワイトメタリック6(ホワイト)※継続色

YAMAHA NMAX ABS[2020]ホワイトメタリック6(ホワイト)※継続色

YAMAHA NMAX ABS[2020]ホワイトメタリック6(ホワイト)※継続色

YAMAHA NMAX ABS[2020]ホワイトメタリック6(ホワイト)※継続色

YAMAHA NMAX ABS[2020]ホワイトメタリック6(ホワイト)※継続色

最新の記事

固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。