125ccクラスのスーパースポーツ

スズキ GSX-R125/GSX-S125 が’20マイナーチェンジ【2月27日発売】

  • 2020/2/22
スズキ GSX シリーズ

アグレッシブなスタイリングや高出力エンジンを特長とするスズキの125ccスポーツバイク「GSX-R125 ABS」と「GSX-S125 ABS」が’20モデルにマイナーチェンジ。カラーリング等が変更され、2020年2月27日に発売される。

GSX-R125 ABS:軽量で高性能なスーパースポーツバイク

「GSX-R125 ABS」は、初心者や若年層でも楽しめる原付二種のスーパースポーツバイク。GSX-Rシリーズのエントリーモデルでもあり、GSX-Rシリーズの技術を投入した、高出力の 124cc水冷単気筒DOHCエンジンと軽量でコンパクトな車体により、伸びやかな加速感と、街乗りからワインディングまであらゆるシーンにおいて走りを楽しむことができる。

GSX-Rシリーズを踏襲したフルカウルのスタイリングに、前後輪に17インチの大径ホイールと花弁形状のブレーキディスク、ABSを標準装備。また、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが 始動する「スズキイージースタートシステム」など、利便性の高い装備も特徴だ。

今回のマイナーチェンジは、カラーリング変更、ハザードスイッチ追加、メーター表示変更で、価格と諸元に変更はない。

スズキ GSX-R125

【’20 SUZUKI GSX-R125】 ■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps/10000rpm 1.1kg-m/8000rpm ■134kg(装備) シート高785mm 11L ■タイヤF=90/80-17 R=130/70-17 ●価格:39万3800円 ●発売日:’20年2月27日

スズキ GSX-R125

スズキ GSX-R125

カラーバリエーションは、トリトンブルーメタリック、ブリリアントカットホワイト、タイタンブラックの3色。

GSX-S125 ABS:幅広く楽しめる

「GSX-S125 ABS」は、DOHC4バルブヘッドで15psを発生する強心臓と、軽量コンパクトな車体が自慢。前後17インチにリヤサスはリンク式モノショックと脚が充実しており、このクラスで貴重なLEDヘッドライトやフル液晶メーターも装備される。スタイリングについては、シリーズ共通の野獣ルックスを再現し、バータイプのアップハンドルを備える。

今回のマイナーチェンジは、GSX-R125と同様にカラーリング変更、ハザードスイッチ追加、メーター表示変更で、価格と諸元に変更はない。

スズキ GSX-S125

【’20 SUZUKI GSX-S125】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps/10000rpm 1.1kg-m/8000rpm ■133kg(装備) シート高785mm 11L ■タイヤF=90/80-17 R=130/70-17 ●価格:36万800円 ●発売日:’20年2月27日

スズキ GSX-S125

カラーバリエーションはトリトンブルーメタリックとタイタンブラックの2色。

最新の記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。