抜群の燃費性能とスタイリング

スズキ ジクサーが’20モデルチェンジ【大型ネイキッド風のスタイリングに】

  • 2020/1/21
ジクサー150

2017年に登場した中型二輪のネイキッド、スズキ・ジクサー。発売以来スポーティなタイリングとコストパフォーマンスの良さから若年層を中心に好評を得ている。そのジクサーがデザインを一新し、2020年モデルとなり3月4日に発売予定だ。

●情報提供:スズキ
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

洗練されたデザインと高い燃費性能

スズキ ジクサーの’20モデルは、欧州のトレンドである、フェアリングを車体中心に向けてコンパクトに凝縮させ、ボリュームのあるタンクとスリムな2分割シートによりメリハリのあるデザインとなっている。ヘッドライトやテールランプはLEDを採用。カウルと一体化させたグラブバーやスイングアームマウントリアフェンダーなどにより、リヤまわりもコンパクトだ。

エンジンはフリクション低減や燃焼効率向上を図ることで低速から力強い加速性能を誇る、154ccの4サイクル空冷単気筒SOHCエンジンを採用。さらにコンパクトなエンジンとフレームを採用することで装備重量139kgという驚異的軽さを実現している。 素性の良いエンジンと軽い車体と相まって 55.3km/Lという高い燃費性能を実現している。

リヤサスペンションには7段のプリロード調整機構を備え、フロントブレーキにはABSを標準装備。メーターはデジタル式で、シフトチェンジのタイミングを知らせるギヤポジションインジケーターやオドメーター、ツイントリップメーターなど各種機能を搭載してる。

タンク容量は12Lと大容量と50km/L以上の燃費良さで、長距離ツーリングでも安心して出かけることができる仕様となっている。

ジクサーカップ

インドで生産され、アジアや中南米で絶大な人気を誇るジクサー。日本でも2017年から正式に販売が始まった。海外ではフルカウル版のジクサーSFもラインナップされており、 インドではジクサーカップとしてワンメイクレースが行われ、世界やアジア選手権を目指す若いライダーたちのレース登竜門として熱い人気を集めている。スズキも全面的にバックアップ。

選べるカラーは3種類

グラススパークルブラック×トリトンブルーメタリック

スズキ・ジクサー150

[写真タップで拡大]

スズキ・ジクサー150

黒/青「グラススパークルブラック×トリトンブルーメタリック」 [写真タップで拡大]

グラススパークルブラック

スズキ・ジクサー150

[写真タップで拡大]

スズキ・ジクサー150

黒「グラススパークルブラック」 [写真タップで拡大]

ソニックシルバーメタリック×グラススパークルブラック

スズキ・ジクサー150

[写真タップで拡大]

スズキ・ジクサー150

銀/黒「ソニックシルバーメタリック/グラススパークルブラック」 [写真タップで拡大]

【SUZUKI GIXXER150】■空冷単気筒SOHC2バルブ 154㏄ 14ps/8000rpm 1.4kg-m/6000rpm ■装備重量139kg 5速 ■タイヤF=110/80R17 R=140/60R17 ●税込価格:35万2000円 ●発売時期:’20年3月発売予定

最新の記事