レッドバロンブランド・ROM製

肌ざわり/操作性/防寒性良好 「ゼロスグラブ ウインター」試着レポート

  • 2020/1/30
ROMゼロスグラブ ウインターメイン

『オフロードマシン ゴー・ライド』より、ライディングに役立つパーツやグッズをレビュー。今回はレッドバロンのオリジナルブランド・ROMの防寒グローブ「ゼロスグラブ ウインター」の試着レポートをお届けする。重量102g(Mサイズ片側・編集部実測値)で、S/M/L/LLと一般的なサイズを用意。全国のレッドバロン各店にて販売中だ。

●文/写真:ゴー・ライド編集部 ●取材協力:レッドバロン
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

快適性と安全性と操作性を追求

「ゼロスグラブ ウインター」は、デュポン社の中綿(コンフォマックス)や防風フィルム(ドライフィット)などを使用した多層構造が空気の層を多く作り、高い保温性と断熱性を発揮。さらに、保温素材の配置や生地の裁断を工夫することで、フィット感のよさと軽やかな操作性を実現しているのも特徴だ。

全3色
【ROM ゼロスグラブ ウインター●サイズ:S、M、L、LL ●カラー:イエロー、レッド、ブラック ●価格:8580円

甲側にはナックルプロテクターが装着されているのだが、その異物感もなく、装着した瞬間から手に馴染む。これは「フレックスグリップ」という独自の裁断形状の効果だろう。グローブ自体がラウンド形状になっていて、ハンドルグリップが握りやすく、レバー操作時も突っ張り感や内装ズレが皆無だったのだ。

気温15度の市街地で1時間ほど使用したが、防寒性は良好。防寒性を高めると、レバー操作がしにくくなりがちだが、このグローブは防寒性と操作性のバランスが抜群。このバランスのよさが、冬のライディングの安全性になっていると体感できた。

裏側
独自の裁断形状により、ラウンドしたフォルムになっている。指先と小指の付け根にもパッドを装着。
表側
親指と人差し指に導電素材を配し、スマートフォンの操作に対応している。
手のひら側
CE規格のパッドを装備し、転倒時の衝撃吸収に効果を発揮。
内装
ドイツのベンベルグ社の生地を採用した内装。透湿・防水・防風フィルムを内蔵し、高い保温力を持つ。
装着
内装のズレやプロテクターの異物感がなく、操作性のよさは抜群だ。

最新の記事

ゴー・ライド編集部

ゴー・ライド編集部

記事一覧を見る

老舗オフロード雑誌のスタッフが再集結し、新たなオフロードマシン総合誌を立ち上げたのがゴー・ライド。ヤングマシンの姉妹誌だ。