ゼロスグラブウインター[ROM]

握りやすく寒くない! コスパ抜群のウインターグローブ

ROM ゼロスグラブウインター

レッドバロンのオリジナルブランド”ROM”から初のウインターグローブ「ゼロスグラブウインター」が登場。既存製品の不満点を徹底的に洗い出したとのこと。果たして?

[◯]操作性は夏用に肉薄。裏地素材の肌触りも良し

ROM(レッドバロン・オリジナル・モーターサイクルギア)の製品を試すのは、2018年12月号に続いて今回が二度目となる。前回はゴートスキンをメインに使用した3シーズン用グローブで、これがなかなか好印象だった。今回テストしたのはそのウインターバージョンで、開発にあたっては既存製品の不満点を徹底的に洗い出し、快適性や安全性、操作性などを飛躍的に高めたという。

ROMゼロスグラブウインター 甲部、平部
甲側にはCE規格に適合したナックルプロテクターを挿入しているが、その存在をあえて抑えることで、高級感を損ねないように配慮。

最も感心したのはフィット感と操作性の高さだ。冬用グローブにありがちなモコモコ感はほぼ皆無で、甲側に挿入されているナックルプロテクターの異物感もなし。加えてベンベルグ社の高機能裏地による肌触りが良く、暖かいのはもちろん、汗をかいても蒸れ感が少ない。この裏地は湿気をコントロールしてくれ、乾燥を防ぐ効果もあるとのことだ。防寒性については、やっと気温が20℃を下回った夜間に高速道路を1時間ほど走った程度なので断言はできないが、それでも実力が高そうなことは実感できた。なお親指と人差し指にはスマホタッチがあり、反応は及第点レベル。これが税込8580円というのはかなりお買い得だろう。

ROMゼロスグラブウインター 中素材
裏地は独ベンベルグ社の高機能生地、中綿は米デュポン社のコンフォマックスで保温性を高める。
ROMゼロスグラブウインター 側面プロテクション
手のひらから側面にかけての広いエリアは、転倒時に接地しやすい場所でもある。ここもCE規格に適合したプロテクターでしっかり補強する。
ROMゼロスグラブウインター 
独自のカッティングパターンと保温素材の配置により、3シーズングローブ並みの操作性を実現。
ROMゼロスグラブ カラー 黄、黒
カラーバリエーションはメイン写真のレッド以外に上の2種類をラインナップ。サイズはS~LLの4種類。

[△]販路が限定的なことが唯一のネック

買えるのはレッドバロンのみではあるが、全国に307店舗(2019年3月現在)あるので、ツーリングの途中に寄って買うというのもあり。それだけの価値は十分にあるグローブだ。

[こんな人におすすめ]冬用グローブでお悩みの方に試してほしい

冬用グローブで意外と重要なのが裾の設計。この製品はジャケットの袖口を中に入れても外にかぶせても相性が良く、実にうまく考えられている。レザーのレイアウトも絶妙で、使い込むほどに潜在能力の高さを実感できるだろう。

ゼロスグラブウインター[ROM] ●税込価格:8580円 ●サイズ:S、M、L、LL ●色:黒、黄、赤

※まとめ:大屋雄一 写真:真弓悟史

関連記事リンク

関連記事

初心者やリターンライダーはもとより、長くバイクに乗っていてもなぜか怖さが抜けない、本当に正しいライディングができているのか自信がない……。そんなライダーはけっして少なくないことだろう。以下に紹介す[…]

関連記事

レッドバロンのオリジナルブランド"ROM"のグローブが進化した。デザイン、操作性、利便性がすべて向上。コスパの高さにも注目だ。[AD1]ROMブランドの新グローブROMは"レッドバロン[…]

ゼロスグラブ2
関連記事

一気に肌寒さを感じるようになってきた。朝晩の違いだけでなく日によってもマチマチな気温差に適応するには、電熱で温かさを調整できるグリップヒーターを導入するのが一番だ。操作性を損なわない薄手のグローブの[…]

関連記事

冬場の厳しい寒さを耐え抜くのに欠かせないのがバイク専用の電熱グッズ。今どきは軽くて着心地がよくそれでいて暖かい製品が増えているとともに、モバイルバッテリーが使える製品にも注目が集まっている。が、電[…]

電熱グッズの使い方ポイント
関連記事

作業着などでおなじみの“ワークマン”がジワリとバイク用品シェアを広げつつある中、編集部に見慣れない報道用資料が舞い込んだ。送り主は“ミドリ安全”という、安全靴や作業着などを製造・販売する会社だ。そ[…]

WEBヤングマシン|最新バイク情報