世界が熱い視線を送る、鋭いセンス

海外でも注目! シュアショット・相川拓也のカスタムハーレー「ダートカフェ」

SURESHOT相川氏とXL1200DC [Dirt Cafe]

海外メディアの取材やカスタムイベントに招待されるなど、ワールドワイドな注目を集めているカスタムビルダー・相川拓也氏が手がけた「シュアショット XL1200DC(ダートカフェ)」。その魅力は芸術的なシルエットだけではない。「実際に乗ったとき、面白いかどうか」をとことん追求したカスタムだ。

関連記事

ヤングマシンを刊行する内外出版社がハーレー専門誌「WITH HARLEY(ウィズ・ハーレー)」を新創刊し、今日から販売がスタート! 編集者もユーザーも“一緒に”ハーレーという乗り物を楽しむことをモット[…]

土の匂いが漂うカフェレーサー「Dirt Cafe(ダートカフェ)」

まずはこのバイクの製作者、相川氏の紹介をしよう。千葉県北部八街市にハーレーを主としたカスタムショップ「SURESHOT」を構える。日本のカスタムシーンに大きな影響を与える、横浜で毎年12月に開催される「YOKOHAMA HOTROD CUSTOM SHOW」に精力的にカスタムバイクをエントリーし続け、2019年はその頂点に立った。 その彼が製作した一風変わったカフェレーサーがこの車両である。

SURESHOT XL1200DC [Dirt Cafe]のサイドショット
【SURESHOT XL1200DC [Dirt Cafe]】ベース車両は2017年式 XL1200CX ROADSTER

ロードスターをベースとしたカフェレーサー「ダートカフェ」。そのネーミングが示す通り、ブロックパターンのタイヤを履き、マフラーもアップタイプとして土の匂いが漂う。

休日にはオフロードバイクで林道を走る、相川氏らしいとも言えよう。メーカーはもちろん、ジャンルやカテゴリーにも縛られないシュアショットのスタンスを象徴するかのような1台に仕上がっている。

SURESHOT XL1200DC [Dirt Cafe]の走行

そのスタイリッシュさから、他国メディアの取材や海外のカスタムイベントに招待されるなど、ワールドワイドな注目を集めている相川氏だが、「実際に乗ったとき、面白いかどうか」が肝心であることを決して忘れない。カスタムショーに出展するマシンであっても、決して飾りではないオートバイ本来の魅力をとことん追求している。だからこそ、機能美にあふれているのだ。

この「ダートカフェ」は、同社オリジナルのFRP外装によってシャシーが軽量化され、ロードスターのスポーティさがいっそう際立っている。また、2in1トラッカーマフラーやファンネルキットでインジェクションチューニングを含めた吸排気セッティングが施されており、トルクフルなエンジンや身のこなしの軽さを楽しむことができる。さらに、オフロードタイヤにしたことで感じられる、切り返しやコーナー進入でヒラッとした軽快なハンドリング。アーバンスポーツとしての資質の高さがそこにある。

2in1トラッカーマフラー
ファンネルキット
ブレーキペダル

湾曲を描く曲線とエッジの効いたライン。芸術的なシルエットに、心奪われるSURESHOTオリジナルのエクステリアパーツたちだが、カーボンだけでなくFRP 製をチョイスすることもできる。黒ゲルコート仕上げでプロダクトされ、カスタムをオーダーしたオーナーは、どんなペイントを施すか想像するだけでワクワクしてくるだろう。

この「Dirt Cafe」では、レトロモダンなウグイス色に塗られ、その配色もまた唯一無二の輝きを放っている。そして、ひと際高い存在感があるのがシートカウルだ。現行スポーツスターのシートレール幅はワイドだが、カウルの頂点は極限までスリムに仕上げられ、軽快なテールエンドを演出した。テール/ブレーキ灯やターンシグナルなど灯火器類もカウル内に埋め込んだ。この魅力的なリヤビューを手に入れたいライダーも少なくないだろう。

レトロモダンなウグイス色に塗られたタンク
グリップ
ひと際高い存在感があるシートカウル
シート
SURESHOT XL1200DC [Dirt Cafe]スペック

相川拓也[SURESHOT] 神戸生まれ神戸育ち。18歳のときに移住して来た千葉の地で、2003年に同店を開業。2018年よりシャシダイを導入してインジェクションチューンにも注力。手がけるバイクはメーカー、ジャンルを一切問わない。

●取材協力:シュアショット

関連する記事/リンク

関連記事

ハーレーダビッドソン自身がプロデュースするファクトリーカスタムが「CVO(カスタム・ビークル・オペレーションズ)」。特別なペイントが施され、エンジンにはHDレース部門由来のスクリーミンイーグル製のチュ[…]

FLHTCUTGSE
関連記事

ハーレーダビッドソン専門誌『WITH HARLEY』がお届けする、旧車ハーレーの楽しみ方。今回紹介する1台は、ベース車両はショベル時代の元祖ローライダー。その特徴的なシルエットやカラーリングはそのまま[…]

関連記事

エンジンが高出力化し、車体や足まわりも強化されてスポーツライディングを楽しめるよう高性能化している昨今のハーレーダビッドソン。カスタムもより運動性能が向上するよう、サスペンションやホイールがモディファ[…]

メッツラー クルーズテックがリリース
関連記事

S&Fモーターサイクルがカスタムした1998年式 FLSTC ヘリテイジソフテイルは徹底的に外装を捨て去ったシンプルなシルエット。都会にもよく似合う、80年代のチョッパーを意識したカスタムを見[…]

1998 FLSTC ヘリテイジソフテイル
関連記事

現代のハーレーダビッドソンは、すべてのモデルがインジェクション仕様だ。以前のキャブレターはアナログ式だったが、インジェクションはデジタル方式で、その制御はコンピューターが担っている。今回、ミルウォーキ[…]

インジェクションチューニングも得意なハーレーダビッドソン埼玉花園
WEBヤングマシン|最新バイク情報