ハーレーの特別なモデル「CVO」3車種を紹介

ハーレーダビッドソンのファクトリーカスタム「CVO」とはどんな車両なのか?【2020年モデルを解説】

FLHTCUTGSE

ハーレーダビッドソン自身がプロデュースするファクトリーカスタムが「CVO(カスタム・ビークル・オペレーションズ)」。特別なペイントが施され、エンジンにはHDレース部門由来のスクリーミンイーグル製のチューニングパーツが惜しみなく組み込まれているモデルだ。ここでは2020年モデルに用意されている3車種すべてを見ていこう。

関連記事

[AD1]ヤングマシンを刊行する内外出版社がハーレー専門誌「WITH HARLEY(ウィズ・ハーレー)」を新創刊し、今日から販売がスタート! 編集者もユーザーも“一緒に”ハーレーという乗り物を楽し[…]

贅の極みを尽くしたCVOシリーズ

CVOシリーズの車体は純正パーツ&アクセサリーで隅々までグレードアップ、モディファイ、ブラッシュアップされ、まさに贅の限りを尽くした至極の1台。例年、生産台数は限られ、早くからオーダーを入れなければオーナーにはなれない状況が続くと、ディーラーからは伝え聞く。

つまり、これを愛車にできる者はほんのひと握り。そのライダーは、なんと幸せなことなのだろうか。羨望の眼差しを集めるのは間違いない。ハーレーダビッドソンの中でも、究極と呼ぶに相応しいシリーズである。

2020年モデルでも、3機種が用意される。

CVO ストリートグライド:オーディオシステムも充実したプレミアムホットロッドバガー

さて、まずは大人気のCVOストリートグライドだが、搭載するエンジンは史上最強と呼び声高いミルウォーキーエイト117(1923cc)。アクセントカラーがあしらわれたロッカーボックスロワー、ブレイズレッドの際立つ仕上げ。キノコ型のハイフローエアクリーナーの迫力といい、Vツインの美しさに思わず見とれてしまう。最大トルクはなんと166Nm! 

ハーレーダビッドソン FLHXSE CVOストリートグライド[2020]
HARLEY-DAVIDSON 2020 FLHXSE CVO STREETGLIDE(CVOカラー)税込価格:469万5900円
ハーレーダビッドソン FLHXSE CVOストリートグライド[2020]

バットウイングフェアリングに守られての走りはコンフォート性に優れるもので、音楽を聴きながらのクルージングは格別だ。スピーカーがアップグレードされ、フェアリング内にはツイーターを追加し、サドルケースリッドにもミッドレンジをインストール。ビートの効いたサウンドをドライブしてくれる。

ハーレーダビッドソン FLHXSE CVOストリートグライド[2020]

CVOリミテッド:究極のグランドアメリカンツーリング。磨くだけでなく旅の相棒にしたい

ハーレーダビッドソン FLHTKSE CVOリミテッド[2020]
HARLEY-DAVIDSON 2020 FLHTKSE CVO LIMITED(CVO カラー)税込価格:550万8800円

これ以上、何を求めようか。

至極のトップエンドモデル「CVOリミテッド」が今年も用意された。ラグジュアリーを知り尽くしたハーレーダビッドソンだから具現化できる姿がそこにはあり、その気になればライダーを世界の果てまで導いてくれるポテンシャルも秘めている。

ハーレーダビッドソン FLHTKSE CVOリミテッド[2020]

史上最強のミルウォーキーエイト117は、熱対策に万全を期するためにツインクールド化。冷却フィンを刻む美しいシリンダーカバーはそのままに、足もとをガードするロワーフェアリングにラジエターを隠し持つ。

シートヒーターやバックレストを追加装備し、どんなロングライドも疲れ知らず。ペアライドでも操縦安定性を損なわず、大切なパートナーと長旅に出ることも楽しみのひとつとなるだろう。

ハーレーダビッドソン FLHTKSE CVOリミテッド[2020]

グロスブラック×コントラストサテンでフィニッシュされた専用のトマホーク・カスタムホイールが与えられ、フロント19/リア18インチの足もとも精悍に引き締められた。20年式ではリフレックスディフェンシブライダーシステム(RDRS)を新搭載し、安全性とコンフォート性を向上したほか、タイヤ空気圧モニタリングシステムやインフォテインメントシステム「Boom! Box GTS」を踏襲し、先進システムも充実する一方。

なお、CVOでは純正ヘッドセット(ツーリングファミリーでは別売)が付属され、フロントコンパートメント内に設けられたUSBアウトレットからライトニングケーブルを介してiPhoneを接続すれば、タッチパネルもしくはSiriを呼び出してからの音声操作でナビや音楽再生、通話なども可能となる。

ハーレーダビッドソン FLHTKSE CVOリミテッド[2020]

CVOトライグライド:待ち焦がれていたCVOスリーホイーラー。二輪からの乗り換え or 新規、すべての人へ

ハーレーダビッドソン FLHTCUTGSE CVOトライグライド[2020]
HARLEY-DAVIDSON 2020 FLHTCUTGSE CVO Tri Glide(CVOカラー)税込価格:638万円

感じる風はモーターサイクルと同じでありながら、普通自動車MT免許で乗れ、高速道路料金はバイクと同じなど経済性にも優れるトライク。日本でも少しずつ認知され、ファンを増やしつつあるが、ハーレーダビッドソンの最高峰であるCVOにこれまでトライクが設定されなかったことは少し意外かもしれない。

まさに待望といえるスリーホイーラーの最上級モデルが、ついに登場した。威風堂々たる車格とスタイルで、見る者の視線を釘付けにするだろう、「CVOトライグライド」だ!

ハーレーダビッドソン FLHTCUTGSE CVOトライグライド[2020]

ミルウォーキーエイト117は、最大トルク168Nmの最強スペックが与えられ、3輪を持つ巨体を軽々と加速させてしまう強靱な心臓部となっている。

トライグライドウルトラをベースにした車体は最上級のプレミアムペイントで仕上げられ、ガレージに佇むその唯一無二の姿は、ただ眺めているだけでもう満足してしまうかもしれない。

ハーレーダビッドソン FLHTCUTGSE CVOトライグライド[2020]
ハーレーダビッドソン FLHTCUTGSE CVOトライグライド[2020]

しかし、トランクは容量124.5Lと広く、ヘルメット2個が入るキングツアーパックと合わせればパッセンジャーとの2人分の荷物も余裕で収まり、ロングライドもたやすい。

ダブルシートにはヒーテッドシステムが前後とも備わり、冬場も快適な走りが約束される。つまり、観賞用のために開発されたのではなく、タフなライディングにしっかりと応えてくれるのだ。

フロント16→19、リア15→18インチに大径化され、トマホーク・コントラストカットホイールによって、3つの足下がいっそう際立つ。二輪から乗り換える上級者にとっても、「もうひとつの夢」のカタチではないだろうか。

ハーレーダビッドソン FLHTCUTGSE CVOトライグライド[2020]
HARLEY-DAVIDSON 2020 FLHTCUTGSE CVO Tri Glide SPECIFICATIONS ●全長2,670mm ●ホイールベース1,670mm ●シート高715mm ●最低地上高130mm ●レイク26度 ●トレール100.1mm ●フューエルタンク容量22.7L ●オイルタンク容量4.7L ●車両重量577kg ●エンジン= Milwaukee-Eight117 ●ボア104×ストローク114mm ●排気量1,923cc ●圧縮比10.2:1 ●電子シーケンシャルポートフュエルインジェクション(ESPFI)●最大トルク168Nm/3,500rpm ●トランスミッション6段 ●フロントタイヤ130/60B19 ●リアタイヤP215/45R18

このバイクに関連する記事/リンク

関連記事

ハーレーダビッドソン専門誌『WITH HARLEY』がお届けする、旧車ハーレーの楽しみ方。今回紹介する1台は、ベース車両はショベル時代の元祖ローライダー。その特徴的なシルエットやカラーリング[…]

関連記事

エンジンが高出力化し、車体や足まわりも強化されてスポーツライディングを楽しめるよう高性能化している昨今のハーレーダビッドソン。カスタムもより運動性能が向上するよう、サスペンションやホイールが[…]

メッツラー クルーズテックがリリース
関連記事

S&Fモーターサイクルがカスタムした1998年式 FLSTC ヘリテイジソフテイルは徹底的に外装を捨て去ったシンプルなシルエット。都会にもよく似合う、80年代のチョッパーを意識したカ[…]

1998 FLSTC ヘリテイジソフテイル
関連記事

現代のハーレーダビッドソンは、すべてのモデルがインジェクション仕様だ。以前のキャブレターはアナログ式だったが、インジェクションはデジタル方式で、その制御はコンピューターが担っている。今回、ミ[…]

インジェクションチューニングも得意なハーレーダビッドソン埼玉花園
関連記事

仲良し夫婦に少し歳の離れた友人。常に笑いの絶えない彼らはよく一緒にツーリング行くという。そんな3人はどんなハーレーライフを送っているのだろうか。オーナーインタビュー企画「ハーレーダビッドソン[…]

main
WEBヤングマシン|最新バイク情報