第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

Z H2は少し早い2020年初夏

発売は2020年秋! Ninja ZX-25R追加情報/カラーバリエーションは? 400ccはあるの?

  • 2019/10/25

KAWASAKI Ninja ZX-25R

Twitterで車名がトレンド入りするなど、東京モーターショーでもっとも注目されていると言っていいカワサキのニンジャZX-25Rについて追加情報が発表された。導入予定時期は2020年秋、そしてZ H2については2020年初夏が予定されている。

価格は未発表、車体色は3色展開の模様

ニンジャZX-25Rについて、技術的なことでわかっている内容は前記事ですべてお伝えした。だが、ファンが最も気にしているのは「本当に発売されるの?」「いつ? いくら?」ということだろう。それらについては追加で正式発表があったのと、本誌独自の情報を入手したので、ここでいったんまとめておきたい。

まずは、本当に発売される! 長らく待たされ続けて疑い深くなっている4気筒ファンにも、これは「間違いない」とお伝えしたい。公式に2020年秋頃と発表されたのだ。インドネシア仕様は2020年3月に発売となるが、排ガス規制のレギュレーションが異なる日本仕様については半年遅れとなる。価格は未発表であり、本誌情報網でも確実性のある数字は入手できなかった。車体色については公式発表ではないものの、3色展開だろうということが判明している。

KAWASAKI Ninja ZX-25R

【KAWASAKI Ninja ZX-25R】主要諸元■水冷4ストローク並列4気筒 DOHC4バルブ 249cc 出力ほか未発表■ハイテンスチール製トレリスフレーム■フロントサスペンション=SFF-BP(Separate Function Fork – Big Piston)■リヤサスペンション=ホリゾンタルバックリンク■フロントブレーキ=シングルディスク、ラジアルマウントモノブロックキャリパー■電子制御=KTRC(カワサキトラクションコントロール)、KQS(カワサキクイックシフター)、パワーモード■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ●価格:未発表 ●色:ライムグリーン×エボニーほか ●発売時期:2020年秋頃

さて、欲張りな一部のファンは「本当に250だけ?」と思っていることだろう。本誌としても、4気筒250cc復活の情報を得た頃から300~400ccのバージョンの存在については気にかけていた。ズバリ言ってしまうと「残念ながら現状では予定なし」である。一時は検討の俎上に挙がったこともあるようだが、その気配も感じられなくなった。ということで、我々としては4気筒250ccの復活を素直に喜び、大きな反響(=多くのファンが買う)をもってカワサキに「次もお願いしますよ!」と伝えるのが得策と言えそうだ。

Z H2については2020年初夏の導入が発表された

スーパーチャージドエンジンを搭載するZ H2に関しては、追加発表としては今のところ発売時期のみ。2020年初夏というから、ニンジャZX-25Rよりもやや早い時期になる。東京モーターショ-における現地レポートは改めてお伝えしたい。

KAWASAKI Z H2

【KAWASAKI Z H2】主要諸元■全長2085 全幅770 全高1130 軸距未発表 シート高830(各mm) 車重239kg■水冷4ストローク並列4気筒 DOHC4バルブ 998cc 内径×行程76.0×55.0mm 200ps/11000rpm 14.0kg-m/8500rpm 変速機未発表 燃料タンク容量19L■ハイテンスチール製トレリスフレーム ●価格:未発表 ●色:メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレー×ミラーコートスパークブラック ●発売時期:2020年初夏

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)