世界にはこんなバイクもあって面白い2020

伊イタルジェット・’20新生ドラッグスターいよいよ量産開始

イタルジェット・ドラッグスター

スチールトレリスフレームにハブステアのイタリア製バイクといえばビモータを思い浮かべそうなものだが、もうひとつ忘れてはいけないバイクがある。創業60周年を迎えたイタリア・イタルジェットの「ドラッグスター」だ。公式サイトに「冗談ではなく、これは本当なのだ」と書いてあるぐらいに攻めたデザインで、2018年のEICMAでもプロトタイプを展示していたが、2019年のEICMAを経ていよいよ予約受注を開始。エンジンは125ccと200ccを用意し、フロントにはI.S.S.(インディペンデント・ステアリング・システム)と呼ぶ独立した操舵機構を搭載。前後ともビチューボ製シングルショックだ。

イタルジェット・ドラッグスター
ITALJET DRAGSTER 125/200 ■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 200cc 19.8ps/8250rpm 1.73kg-m/6250rpm ■108kg(乾) ■タイヤF=120/70-12 R=140/60-13 ※諸元は200
イタルジェット・ドラッグスター

イタルジェットは’90年代にドラッグスター180を発売。すでに車体は新型に共通する特徴を備えている。’02年にいったん経営破綻した際に、このモデルは途絶えていた。

イタルジェット・ドラッグスター

EICMA2018で復活の狼煙を上げたドラッグスター。この時点ではプロトタイプなので、アームなどの細かい意匠が異なっている。

イタルジェット・ドラッグスター
フロントスイングアームからの荷重は車体中心に向かって水平マウントしたショックで受け止める。
イタルジェット・ドラッグスター
リヤショックもシングルで右側に水平マウント。リンクは持たない。前後ともにプリロード調整が可能だ。
イタルジェット・ドラッグスター
トップブリッジ端にハンドルバーを直接クランプ。液晶メーターはきわめて小さくシンプルだ。
イタルジェット・ドラッグスター
ミラーは装着していないが、フロントウインカーは左右のレバーガードを兼ねた構造。ラジエターは左右分割。ナンバーホルダーはスイングアームマウントだ。

このバイクに関連する記事/リンク

関連記事

スイス発コミューターメーカーが、ユニークな4輪ビークルを'20年に市販予定だ。XQOODER(Xクーデル)は、前2輪+後2輪を独立制御する電子油圧チルトシステム=E-HTSにより、極端な悪路[…]

関連記事

1993年、デビューイヤーにいきなり世界GP250チャンピオンを獲得した原田哲也さん。虎視眈々とチャンスを狙い、ここぞという時に勝負を仕掛ける鋭い走りから「クールデビル」と呼ばれ、たびたび上[…]

関連記事

国内でも人気の高いホンダ・レブル500が、より魅力を増して登場! 今まで電球式だったヘッド&テールライト、ウインカーがLEDとなり、精悍さが増したほか、扱いやすく、高回転まで伸び感のある47[…]

HONDA REBEL 500 S Edition
関連記事

市場初のスーパーチャージド・ネイキッドであるZ H2、現在唯一となる250cc並列4気筒のNinja ZX-25R、人気ネオクラ無印W800の復活、そして既存モデルのブラッシュアップ等、20[…]

関連記事

’20年に登場するホンダCBR1000RR-Rは、エンジン形式までも白紙状態から開発がスタートされ、結果的にはモトGPマシンのRC213Vと同じボア・ストロークを持つ水冷並列4気筒レイアウト[…]

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報