第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

プロメカニックの直接アドバイスが◎

モトメカニックおすすめ”上手近道”バイク工具5選〈ストレート埼玉店〉

  • 2019/12/4
ストレート埼玉店の店内には用品・工具がずらり

作業に応じて必要な工具が分かっている場合は良いが、工具選びに迷ってしまうサンデーメカニックもいるはず。そこでバイクいじりの専門誌『モトメカニック』は、プロメカニックから直接アドバイスを受けられるという工具ショップ「ストレート埼玉店」へ。店長の千葉氏は、自身の経験に基づいた引き出しの多さが魅力で、一度は話を聞く価値があるだろう。

●取材協力:ストレート 

メンテナンスやカスタムの情報がSNSやコミュニティで簡単に手に入るようになったが、その一方で真偽が怪しいものがあるのも事実。
工具選びも同様で「ネットに書いてあったから」という理由で買ってしまうユーザーもいる。
ストレート埼玉店の千葉店長はそうしたお客さんを見て、購入目的や作業内容を聞くことも多いという。自動車メーカーディーラーで整備士経験があり、スーパーカブでバイクいじりを楽しむ千葉店長は、現場での実体験に基づくノウハウが豊富。ユーザーが行う作業内容と必要な工具の関係が理解でき、適切なアドバイスができるのはもちろん、ユーザーの一歩先を行く提案もできるのだ。

ストレート埼玉店の千葉店長
(写真左)ストレートは消費増税とともに始まった、キャッシュレス消費者還元事業の登録加盟事業者。クレジットカードや電子マネー決済時に最大5%の還元を受けられる。レジ前にはユーザーに好評なZOILを初めとしたケミカルが並ぶ。
(写真右)「せっかく工具を買っていただくのなら、選び方から使い方までできる限りお手伝いさせていただきます」と語る千葉店長。毎日数多くのユーザーと接する工具のプロのアドバイスは、バイクいじりにとっても有益な情報が多いに違いない。

コードレスドライバー :コンパクトながら実力充分の人気商品

最大トルクは4.0Nmと控えめながら10段階のトルク調整をドリルモードを備える。ボタン操作で握りやすいピストル型と狭い場所で便利なドライバー型に変身でき、グリップ後端には暗い場所で役立つ4LEDライトを装備。インパネやトリム着脱作業を行う整備業者に好評な定番アイテムだ。

コードレスドライバー
【コードレスドライバー 17-038ストレート会員価格3280円(税込)

T型配線コネクターセット&キット:電源分岐が簡単にできる上に抜き差しも可能

電気アクセサリー装着時の電源確保に便利なワンタッチコネクター。この製品はアクセサリー側の新規配線が平型端子接続となり、電源配線側のコネクターから着脱できるのが特長。配線の太さ=消費電力によってコネクターの色が区別されている。

T型配線コネクターセット
【T型配線コネクターセット 30セット 35-0156ストレート会員価格800円(税込)
【T型配線コネクターキット 10セット イエロー、ブルー、レッド 35-0155 他ストレート会員価格180円~240円(税込)

ミニフックシールリムーバーツールセット:紛失防止に役立つ専用ケース入り

ビスの頭に詰まった汚れを掻き出したりOリングを引っかけるのに便利なピックツールと、ブレーキキャリパーやフォークシールの着脱に役立つシールリムーバーをまとめた8本セット。紛失と指先の怪我を防止する専用ケース入りなのがポイント。

ミニフックシールリムーバーツールセット
【ミニフックシールリムーバーツールセット 12-899ストレート会員価格1480円(税込)

エアーホースリール ハイブリッドタイプ :スムーズでしなやかなソフトタイプが魅力

空気消費量の多いエアツールでも供給量が充分な内径Φ9.5mmながら、跳ね返りの少ない柔軟なホースを使用。天井でも壁面にも取り付け可能なハイブリッドタイプで、10mのホース長は広い作業場でも使い勝手が良好だ。

エアーホースリール ハイブリッドタイプ
【エアーホースリール ハイブリッドタイプ φ9.5mm×10m 15-0600ストレート会員価格8780円(税込)

シート保護カバー:汚れた作業ツナギでシートを汚したくない時に

オイル交換やタイヤ交換で汚れた作業ツナギで車を移動させる際、シート保護用にかぶせるシート。ゴワゴワせず油汚れにも強い厚さ150デニールのポリエステルにポリウレタンコーティングを施した素材は繰り返し使用できる。サイズは軽自動車からノア、ステップワゴンクラスのミニバン向け。

シート保護カバー 2枚セット
【シート保護カバー 2枚セット 39-756ストレート会員価格1320円(税込)

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

モトメカニック編集部

モトメカニック編集部

記事一覧を見る

惜しまれながら休刊したモトメンテナンス誌が、制作スタッフもそのままにモトメカニックとして復活! サンデーメカニックに向けた整備の仕方や工具の選び方、便利なツールの紹介などを介して“バイクライフを楽しみ方”を紹介していきます。