第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

機動性の高さと軽快な操作性がバイクにベスト!

狭いところの整備に。KTCネプロス6.3sq.で体感 #モトメカニック

  • 2019/11/27
ネプロス 6.3sq.の魅力

ソケットレンチは使用頻度が高く重宝する工具のひとつ。中でもバイクいじりに注目した時、差込角6.3sq.通称「シブイチ」のレンチは使い勝手の良さが抜群! 2020年に25周年を迎えるKTCネプロスとともに、「バイクいじりに何故6.3sq.なのか?」を紹介しよう。

シブイチは狭い場所で使いやすい!

バイクやクルマをいじっていると、スパナやメガネレンチでは回せないボルトナットに遭遇し、ソケット工具が必要な場面がある。バイクでは、二面幅が大きなボルトはアクスルシャフトやクラッチハブなど限定的で、8、10、12mmといった小さなボルトが組み込まれていることが多い。大は小を兼ねるという言葉通り、差込角が大きなソケット工具を使うユーザーもいるが、小さな差込角が重宝することも多い。

スリムでコンパクトだから狭い場所でも余裕で到達
ネプロス6.3sq.ラチェットハンドル NBR290 標準小売価格9000円(税抜)
ネプロス 6.3sq.ソケット(六角) NB2-08 8mm 標準小売価格1010円(税抜)
NB2-10 10mm 標準小売価格1110円(税抜)  NB2-12 12mm 準小売価格1110円(税抜)

ソケット差込部の四角凸部の一辺が6.3mmである6.3sq.は、9.5sq.に対してラチェットヘッドがスリムで、凸部の突き出しが短いのでソケット全長も短縮できる。つまり狭い場所では6.3sq.=1/4=シブイチ、という差込角自体が武器になるのだ。ただ、ラチェットギアの送り角が大きく、差込部の精度が低くソケットが首を振れば狭い場所で支障になる。またソケット自体が太ければ狭い場所に入らない。つまり6.3sq.ならどれも同じというわけではない。

めがねレンチが使えなくても本領発揮
(左)他の部品に隠れて、スパナやめがねレンチが届かない場面で本領を発揮。ネプロスはエクステンションもスリムで狭い隙間でも使い勝手が良好。 (右)ドライバーハンドルが入らなければ、ヘッドがコンパクトなラチェットでトライしよう。送り角4°の90枚ギアは、狭い空間できわめて快適。
クリアランスが狭くても余裕で回せる
(左)二面幅10mmのソケットNB2-10の外径はわずか13.4mm。このスリムさは差込角6.3sq.だから。エクステンションバーを使えば、マフラーのフランジナットも余裕で回せる。 (右)NBR290にNB2-10をセットした高さは約29.5mmで、ネプロス9.5sq.のハンドル+ソケットより約8mm低い。上下の隙間が小さな場面で、めがねレンチと同等に使える。
充実のピットラインナップでドライバーとしても活躍
ネプロス 6.3sq.ドライバ型ハンドル NBD12 標準小売価格4150円(税抜)
ネプロス 6.3sq.クロスピットソケット NBT2P-2 標準小売価格2320円(税抜)
ネプロス 6.3sq.スタッピクロスピットソケット NBT2P-2SS 標準小売価格2320円(税抜)
シブイチならではのスリムさが隙間が少ないバイクに最適
ネプロス 6.3sq.スピンナハンドル NBS2 150mm 標準小売価格4480円(税抜)
ネプロス 6.3sq.クローフットレンチ NBNS2-10W 10mm 標準小売価格3300円(税抜)
ネプロス 6.3sq.エクステンションバー NBE2-050 50mm 標準小売価格1600円(税抜)
ネプロス 6.3sq.ユニバーサルジョイント NBJ2 標準小売価格4280円(税抜)
フレアリングナットもガッチリ
(左)ブレーキ周りのネジは通常のボルトナットに比べてナメやすい。ブリーダープラグはめがねレンチが使えるが、フレアリングナットは難敵。 (右)クローフットレンチはパイプ越しにナットを回せる。絶版車だけでなく、フレアリングナットは最新機種のABSユニットにも使われている。

KTCネプロスの6.3sq.シリーズは、6.3sq.が求められる状況を理解した上で精度の高い製品を開発してきた。めがねレンチや9.5sq.のソケットでは作業しづらいエキゾーストフランジナットをすんなり回せる使い勝手の良さは、これだけで元が取れたように感じるほどだ。

バイクメンテと6.3sq.のマッチングの妙は、ラチェットハンドルにソケットを差し込んだ時点ではっきり分かる分かるはず。シブイチの魅力に気づいたら、ネプロスで奥深さを体験したい。

取材協力 京都機械工具

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

モトメカニック編集部

モトメカニック編集部

記事一覧を見る

惜しまれながら休刊したモトメンテナンス誌が、制作スタッフもそのままにモトメカニックとして復活! サンデーメカニックに向けた整備の仕方や工具の選び方、便利なツールの紹介などを介して“バイクライフを楽しみ方”を紹介していきます。