第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

30~40万円台の“軽バイク”が猛烈に欲しい!

サイコーにお手軽なチョイ乗りフルカウル! GPX DEMON150GR/個性派お手軽外国モデル×3台試乗#02

  • 2019/12/3
GPX DEMON150GR

30〜40万円台で買えるお手軽バイクたちの外国車編。今回はタイのGPXと、イタリアのアプリリアが日本で販売している3台のスタイルの異なる個性的なモデルを用意。ベテランとビギナー、それぞれの目にどう映るのかチェックだ。第2回はGPXのデーモン150GRに試乗!

なかなかなかったコンパクトな150

ことり「排気量やコンパクトなデザインなど日本車では見られない珍しいタイプですね。車重や足着きがとても気になるけどフルカウルバイクが好きというビギナーには嬉しいかも。私は普段250㏄フルカウルに乗ってますけど、さすがにここまで軽くはできないと思いますから。しかも、ヘッドライトがLEDとか豪華!」

丸山「僕としては、いい意味でもう最高のオモチャかな。大型バイクを持っていても、シャレでもう1台これがあってもいい。シャレと言いながら実用性もあるからね。大型バイクでコンビニに行こうとは思わないけど、これなら気軽に行けちゃう」

GPX DEMON150GR
空冷SOHCなのでパワーや吹け上がりはそれなりだが、ファンバイクとして楽しむ範囲では十分。14インチホイールのハンドリングは、ミニバイクほどコンパクトすぎない適度なバランスで自然に乗れる。バンク中の安定感も高いし、ブレーキでのサスの沈み込みもしっかり感がある。ビギナーのライディング教材としても優秀だ。

ことり「このバイクは単体で見るとコンパクトなんですけど、人が跨っているのを見ると意外と存在感があって、言うほど小さく見えないのも不思議なところです」

丸山「フロントまわりのデザインに結構ボリューム持たせてあるのが効いているのかな。うまく14インチサイズの中でデフォルメしていると思うよ」

ことり「ただ、せっかくのフルカウルなのに、回すとビリビリと振動で共鳴するんですよ。そこが気になってもったいない。あと、フルカウルなんだから、もっとパワーが欲しいなあ。このスタイルなら元気よく走りたいです」

丸山「エンジンは空冷SOHCなので、スポーティに回して飛ばすタイプではないからね。でも僕的にはシャレで乗るお気軽バイクとしては十分かな。150㏄としては、エンジンフィールもバランスいいと思うよ」

GPX DEMON150GR
GPX DEMON150GR ●価格:34万9800円
前後14インチのホイールを採用するコンパクトなフルカウルのファンモデル。トラスフレーム&倒立フォークの車体に、空冷単気筒エンジン&キャブという動力面を組み合わせている。
SPEC■全長1835 軸距1230 シート高780(各mm) 車重130kg エンジン型式空冷4スト単気筒 149cc 11.2ps/7500rpm 1.18kg-m/7500rpm タイヤサイズF=120/70-14 R=140/70-14

ことり「なんでもマフラーを換えると激変するらしいんですよ。私はノーマルにこだわる方なんですけど、それを聞くと試してみたくなっちゃう。私としては、このスタイルからもう一歩もう一歩と欲が出てきちゃう感じのバイクに思えるんです」

丸山「なるほど。そこは大型のセカンドバイクとして選ぶか、ビギナーが最初の1台で選ぶかで受け取り方が変わるかもしれないね。いずれにせよ、このくらいの車格で、このくらいのパワー、バンクさせても安心感のあるハンドリングと、パッケージングとしては、とても良くまとまっていると思うんだ。これが水冷&FI化したらもう完璧だけど、価格を考えるとさすがにそれは欲張りすぎかな」

ことり「150㏄クラスは初体験でしたけど、日本でも増えて欲しいな」

ここがイイ!

コンパクトだけど貫禄がある!

GPX DEMON150GR
ライダーが跨ると、意外やそれなりに貫禄があって、国産の12インチミニバイクとは、明らかに違う。ただコンパクトなだけじゃないというデザインセンスに2人は驚き。

USBソケットがある!

GPX DEMON150GR
ことり「USBソケットが最初から付いているのが◎。私たち世代にはUSB+スマホマウント、アクションカム、インカムというのは3種の神器として欠かせないんです!」

フルLEDで豪華!

GPX DEMON150GR
ヘッドライトをはじめ、ウインカー、テールランプ、それにポジションランプと灯火類はすべてLED。30万円台のリーズナブルな価格で、これだけ豪華な装備があるのは嬉しい。

ライポジ&足着き

GPX DEMON150GR
(テスター身長168cm、体重61kg) 足着き性は身長160㎝のことりちゃんで両かかとがちょっと浮くくらい。写真の身長168㎝だと両足ベタベタと超余裕だ。ライポジはコンパクトながら窮屈ではなく、ハンドル高も普段使いでバランスいいところにセットされており、非常にまとまっている印象だ。
GPX DEMON150GR

●とにかく手軽。Uターンも楽勝
●パッケージングがまとまっている
●格安ファンバイクとしては最高

GPX DEMON150GR

●フルカウル好きの初心者も安心
●乗り味は形と違って尖ってない
●速くなるなら改造欲が刺激される

●まとめ:宮田健一 ●撮影:松井 慎
●車両協力:GPX千葉

関連する記事/リンク

 

 

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

丸山 浩

丸山 浩 丸山 浩

記事一覧を見る

「全国2000万人のヤングマシン読者諸君!」の呼びかけでおなじみのヤングマシン誌メインテスター。レーシングライダー出身だがユーザーである一般ライダーの目線を忘れない。