第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

現代へと受け継がれる『熱き時代』

鈴鹿8耐・栄光のTT-F1レプリカ[1984-1993]#序章

  • 2019/6/30

’80年代、世は空前のバイクブームに沸き、鈴鹿8耐も一気にヒートアップ。特に、750ccのTT-F1規定となった’84年以降、栄誉や責任感や恐怖からなる「必勝」の思いが交錯し、8耐は特別なレースとなっていく。本企画では、あの時代をけん引したホンダ、ヤマハ、ヨシムラ・スズキ、カワサキ、それぞれの「ある年」に焦点を当てて振り返ってみる。

※ヤングマシン2016年8月号より復刻

ひとつのレースが社会現象となった

混沌の黎明期から、大いなる発展期へ――。’80年代半ばからの10年間、鈴鹿サーキットは夏が来るたびに、華々しく燃え盛った。

’84年、全日本ロードレースにTT-F1クラスが誕生した。排気量の上限こそ750ccと定められていたが、エンジン、車体ともに改造範囲は広かった。各メーカーは文字通り技術の粋を尽くし、威信を懸けてレースに臨んだ。

熱波はもちろん、鈴鹿8耐も飲み込んだ。国内最大の2輪レースとしてすでにその名を馳せていた鈴鹿8耐は、メーカーが技術力を研鑽し、披露する最高の舞台だった。チューンナップを極めたTT-F1マシンが、真夏の鈴鹿サーキットに勢揃いした。

FZR750(手前)/YZF-R1(奥)

レーシングライダーにとっては、世界各国から注目を集めるレースでの活躍は、大きなステップとなる。鈴鹿8耐での好成績をきっかけに、グランプリに昇り詰めたライダーも多かった。

「耐久」と名の付くレースは、長距離・長時間を走り抜いてゴールするために、ペースを抑えるのが定石だ。しかし鈴鹿8耐では、マシン、ライダーともに常に限界を極め、常にプッシュし続けなければ勝つことができない。耐久レースの常識を覆すあまりのハイペースぶりに、世界耐久選手権のライダーたちも「8耐はスペシャルすぎる」と舌を巻き、「スプリント耐久」という独特な呼ばれ方をした。

特殊なスタイルではあったが、ハイレベルでもあった鈴鹿8耐は、日本のモーターサイクルレースファンを熱狂させた。この時代、世界グランプリ、そして全日本ロードも大いに盛り上がったが、鈴鹿8耐は特別だった。

YZF-R1(左)/FZR750(右)

年に1度の祭典であること。世界レベルのライダーが集うこと。技術の粋を尽くしたマシンが居並ぶこと。多くの要因はあったが、結局は「本気」の二文字に尽きた。本気の戦いが、観客が魅了する。シンプルなことだった。

昨年(2015年)、久々に現役GPライダーが参戦した。ポル・エスパルガロとブラッドリー・スミスは、めざましい速さとともに本気で勝ちを狙う姿勢を見せた。もちろんヤマハも本気だったから彼らを招聘したのだし、チームメイトの中須賀克行もいつも以上に本気だった。本気のヤマハが勝った昨年の鈴鹿8耐は、シンプルに面白かった。

本気の戦いは、いつだって面白いのだ。──今年もまた、きっと。

1985年 FZR750〈TT-F1 耐久仕様〉

[1985 ]#21 FZR750 T.Taira & K.Roberts

TT-F1は、市販車のエンジンケースを使い、排気量変更などさえしなければ、ほぼ何でもありという規定だった。’84年のTT-F1初年からファクトリー参戦を開始したヤマハは、’85年にFZ750ベースのファクトリーレーサー・FZR750を投入。テック21カラーのFZR750は、平忠彦/ケニー・ロバーツが演じたドラマチックなレース展開によって、鈴鹿8耐の歴史を代表する一台となった。

2015年[WINNER]YZF-R1〈スーパーバイク 耐久仕様〉

[2016]#21 YZF-R1 K.Nakasuga & P.Espargaró & B.Smith

現在のスーパーバイク規定では、4気筒車の排気量は1000ccまで。市販車のシャーシ/ エンジンを用い、コスト削減のために改造範囲や使用パーツ、電子制御ソフト等が制限される。ヤマハは’15年、’02年以来13年ぶりにワークスとして8耐に参戦。モトGPライダーのエスパルガロとスミスに全日本王者・中須賀を加えた布陣により、見事に優勝を遂げた。

●文:高橋 剛/飛澤 慎/沼尾宏明/宮田健一 ●写真:鶴身 健/長谷川 徹/真弓悟史

メーカー別・鈴鹿8耐の戦い

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)