~1988 YOSHIMURA/SUZUKI GSX-R750 ケビン・シュワンツ&ダグ・ポーレン~

【天才ライダーの苦闘】鈴鹿8耐・栄光のTT-F1レプリカ[1988]#スズキ×ヨシムラ編-01

  • 2019/7/5

世界中のレースでその速さを見せつけていたスズキ・GSX-R750を名門ヨシムラが磨き上げ、飛ぶ鳥を落とす勢いのケビン・シュワンツが駆る。勝って当然、に思えたが――。

※ヤングマシン2016年8月号より復刻

マシンはF1チャンピオン、ライダーはバカッ速。だが……

’84年にアメリカAMAスーパーバイクにデビューしたケビン・シュワンツ。ポップ・ヨシムラこと吉村秀雄にその才能を見出され、’85年にはヨシムラから鈴鹿8耐に参戦している。

その8年後には世界グランプリでタイトルを獲得するのだが、当時は名もなき21歳の若きアメリカン。特徴的なリーンアウトのフォームも「あの乗り方はおかしい」と評される始末だった。

しかしシュワンツは、鈴鹿8耐デビューのその年に、グレーム・クロスビーとのペアでいきなり3位表彰台を獲得し、非凡さを見せつける。その後もヨシムラと濃密な関係を続けたシュワンツが鈴鹿8耐の優勝トロフィーを奪うのは、時間の問題だと思われた。

[ヨシムラ・スズキ・シエットGP-1]’88年のヨシムラは、WGPフル参戦1年目第1戦の日本GPで勝利を上げて波に乗るシュワンツと名手ポーレンが#12車をライド。シュワンツは’85、’86年の8耐で2位を獲得済みで、残るは表彰台の頂点のみだった――。

──そう簡単にことが運ばないのが、鈴鹿8耐の難しさであり、面白さでもある。ヨシムラは、世界に名だたるトッププライベーターであり、鈴鹿8耐第1回大会の勝者でもある。プライベーターという呼称が似つかわしくないほどの実力を備えている。

特にTT-F1になってからは、GSX-R750を徹底的にチューニングし、圧倒的と言ってもよい強さを発揮。全日本ロードレースでは初代チャンピオンこそモリワキの八代俊二に奪われたものの、その後は辻本聡、大島行弥によって3年連続タイトルを獲得したのだった。そのヨシムラをもってしても、鈴鹿8耐の頂点は遠かった。

この年にWGPフル参戦を開始したシュワンツにとって鈴鹿8耐は4回目のチャレンジ。リスキーだが転ばなければ速さはスゴイ、そんな走りに多くのスズキファンが今年こそはと期待を寄せた。

’88年。パフォーマンスをさらに高めたGSX-R750、世界グランプリでスズキのエースの座に就いていたケビン・シュワンツ、そして勢いのあるダグ・ポーレンという強力な布陣で、ヨシムラは鈴鹿8耐に挑んだ。

予選は3番手。十分に優勝を狙えるポジションだ。だが──。ひときわ目立ったのは、鈴鹿8耐初参戦のウェイン・レイニーだった。ポールポジションを奪ったレイニーは、チームメイトのケビン・マギーともども決勝ではステディな走りを見せ、優勝を遂げたのだ。ヨシムラは、そしてシュワンツとポーレンは2位でレースを終えた。

その後ヨシムラは、2度鈴鹿8耐のタイトルを獲得した。シュワンツは、未勝利のままだ。 (※記事末に写真ギャラリーあり)

優勝はヤマハのマギー/レイニー組。シュワンツ/ポーレン組は2位に入り、3位にはカワサキフランスのサミン/モリラス組が付けた。もう1台のヨシムラ、大島/高吉組は22位でレースを終えた。

THE WORDS 横内悦夫氏「とにかく軽量化を徹底するための油冷だったんです」

[横内悦夫氏]’57年にスズキ自動車(当時)入社。RG-ΓやGSX-Rシリーズを手がけ、レーサーレプリカの父と呼ばれる。カタナも氏が生み出したのだ。

GSX-Rの開発ににあたって、最大の課題は軽量化だったという。「とにかく軽くすることを考えて行き着いたのが油冷方式だったんです。ライバルに対して25kg近く軽くするという非常識な目標値を設定していましたが中途半端ではダメだと思ってましたからね。『できるようにするしかない。やるんだ』と覚悟を決めるしかなかったですね。完成当時は、まだやり足りないと思ったけど、今見ても軽いですね。当時はみんな驚いたと思いますよ」(「Replica vol.4」より抜粋)

THE WORDS 今野時雄氏「ヨシムラのアイデアや要望が採用されたRKはモロにレーサーです」

[今野時雄氏]ヨシムラ3人目の正社員として、当時レーサーグループに所属し、主にエンジンを担当。現在はミクニキャブの販売代理店・JBS代表。

ヨシムラと油冷GSX-Rについて。「自分たちはチューナーですから与えられたモノをどうするか。ヨシムラから油冷をスズキさんに提案したことはないと思う。ただ、進言することはあったし、スズキさんはよく耳を傾けてくれた。特にRKは挟角バルブなどヨシムラのアイデアや要望がだいぶ入ってます。だから、モロにレーサーなんですよ。スズキの方にも『なんでそこまでするの?』と言われたりして。バルブスプリング、クランク、コンロッドも材質から見直されていて、ものすごくいいエンジン。高いだけのことはありますよ」(「Replica vol.4」より抜粋)

[POP吉村]今野氏の師匠は、POPこと故・吉村秀雄氏。言わずと知れた伝説の名チューナーだ。

~1988年 鈴鹿8耐 スズキの戦い~

●文:高橋 剛/飛澤 慎/沼尾宏明/宮田健一 ●写真:鶴身 健/長谷川 徹/真弓悟史

↓↓[1984-1993]スズキ×ヨシムラ歴代8耐レーサーに続く(7月6日17:30公開)↓↓

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)