オンロード軍団とクロスオーバーが激突

令和に買いたい!【大型スクーター】2019ニューモデル大集合 #21

  • 2019/5/22

モーターサイクル的な車体構成と大排気量ユニットを持つスポーティなスクーター群。メインストリームはSS風のオンロード系だ。これに切り込んだ新機軸のアドベンチャースクーター、X-ADVがヒットを飛ばし、SS系の牙城を崩しているのが現状だ。これに3輪モデルや電動といったトレンドが入り込みつつある。次の主流になるのは果たして?

大きな動きこそないが新時代の予感ヒシヒシ

’01年の発売以来、当クラスの代表格に君臨しているのがTMAX530だ。一般的なスクーターは、エンジンと駆動系を一体化したユニットスイング式だが、TMAXは通常のモーターサイクルと同様、エンジンをフレームに搭載したスイングアーム式を採用。フロントフォークも上下ブラケットで固定した高剛性タイプで、「スクーターの皮を被ったスーパースポーツ」として大ヒットを記録した。幾度かのモデルチェンジを経ながら長らくTMAXの牙城は崩れなかったが、’12年にBMWが送り込んだC650シリーズが健闘を見せている。

’19最新潮流
・王者TMAXとX-ADVのガチンコ対決が続く
・新たな3輪や電動車の市販版が発表か?

勢力図が変わったのは’17年。車体構成はスポーツ系と同様ながら、「アドベンチャー」というコンセプトを注入したX-ADVが登場。瞬く間に欧州でヒットし、国内でも昨年の大型スクータークラスで販売台数1位を記録した。以降フォロワーもなく、TMAXらスポーツ軍団に対し、孤軍奮闘している。

’19年は今のところ大きな動きはないが、昨秋のショーで多数のコンセプトモデルが出品。キムコの3輪=CV3、プジョーの電動3輪、スイスのクアドロビークルスによるオフロード電動4輪など、「2輪+α」「電動」「クロスオーバー」が今後のカギになりそうだ。

ホンダ X-ADV:新たなジャンルを切り拓いたスクーター風アドベンチャー

スクーターの利便性に、高級SUVの外観とオフロードを意識した本格装備を融合し、’17でデビュー。ベースはNC750系のインテグラだが、チューブラースチールフレームは専用品となる。F17&R15インチのスポークホイールをはじめ、ロングストローク設定のφ41mm倒立フォーク+プロリンクモノサス、アフリカツイン譲りのラジアル4ポットキャリパーにダブルディスクなど足まわりは超豪華だ。セミオートマのDCTが標準で、場所を問わずイージーに駆け回れるのも美点。’19年モデルでは標準装備のETC車載器を2.0にバージョンアップし、新色を追加した。

【HONDA X-ADV 2019】’19年モデルでは、艶消しのカモフラージュ柄を施したマットアーマードグリーンメタリックを新設定。都会にアウトドアに映えるカラーだ。主要諸元■水冷4スト並列2気筒 SOHC4バルブ 745cc 54ps/6250rpm 6.9kg-m/4750rpm 238kg 13L シート高790mm ●価格:124万920円~127万3320円

’18で2段階+オフのラコンを採用し、安心感アップ。駆動力をダイレクトに伝えるG-スイッチを使えば、ダートでテールスライドも可能だ。

ダカールマシンのCRF450ラリーを思わせる大型スクエア液晶。時計や外気温、ギヤ段数を常時表示する。調整式スクリーン、スマートキーも採用。

シート下は21L容量を確保し、オフ系のフルフェイス×1が入る。内部に12V電源ソケットやLED照明も完備。リヤシートの居住性も高い。

スイングアームは専用のU字断面アルミ製。駆動方式はチェーンで、チューブレスのブロックタイヤを履く。リヤサスはイニシャル調整が可能。

従来の赤と銀に代わり、CRF風のレッド、艶消しシルバーを設定。アウターフォークは金→黒に。

ヤマハ TMAX 530 SX/DX:元祖にして至高、鍛錬を重ね続けるオートマチックスーパースポーツ

初代’01年モデル以来、進化を重ね、現行型は’17年登場の6代目となる。独自のバランサーを備えた360度クランクの並列2気筒は、滑らかなパワーが自慢。さらに電制スロットルや2種類の走行モード、オンオフ可能なトラコンと電脳が豊富だ。軽量アルミフレームの車体に、倒立+ラジアルキャリパーの脚も鋭い走りに貢献する。国内で標準のSXは’19年モデルで新色の艶消し青を追加。オートクルーズや電動スクリーンなどを備えるDXには艶消しグレーを設定した。

【YAMAHA TMAX 530 SX 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒 DOHC4バルブ 530cc 46ps/6750rpm 5.4kg-m/5250rpm 218kg 15L シート高800mm ●価格:124万2000円

[TMAX 530 SX/DX]メーターは奥行き感のあるアナログ2眼を採用し、中央に3.5インチのモノクロTFT液晶を設置。燃料計や時計、モードを表示する。

[TMAX 530 SX/DX]シート下にはフルフェイス+αが入る容量を確保。リヤヒンジ式で使いやすい。ハンドル下と右側に小物入れを備え、電源ソケットもある。

[TMAX 530 DX]●価格:135万円

BMW C650スポーツ/GT:パワフルで質感抜群、BMWらしさ満点だ

’12年に登場した同社初のスクーターは、プレミアムな外観と走りが特徴だ。チェーン駆動の270度クランク並列ツインは、60psのハイパワーを発生し、トラコンも備える。特に運動性能が高いのは「スポーツ」で、若干前傾するライポジと軽い車重で峠道も楽しい。一方「GT」は大型カウルと電動シールドなどを備えた安楽ツアラー仕様。2輪初のサイドビューアシストも備える。’19年モデルではスポーツにレーシーなHPカラー、GTに特別色の茶色を用意。

【BMW C650 SPORT 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒 DOHC4バルブ 647cc 60ps/7750rpm 6.4kg-m/6000rpm 249kg 15.5L シート高810mm ●価格:120万5800円~

[C650 SPORT]メーターはアナログの速度計を採用。液晶の左側に燃料計、右端に小型のバーグラフ式タコメーターを備える。

[C650 SPORT] シート下にある蛇腹式のフレックスケースを伸ばすことでフルフェイスヘルメット×2個がギリギリ入る。GTは60Lの大容量で、フルフェイス×2個を収めても余裕があるほど。

[C650 GT]●価格:125万9800円~

BMW Cエボリューション:大型クラスの高性能に普通二輪免許で乗れる!

C650ベースの車体に、最新バッテリーと高出力モーターを備えた電動車で、TMAX超えの48psを発生。さらに瞬時に最大トルクを発生するモーターの特性により0→50km/h加速は2.8秒と圧巻。現行制度では軽2輪(250cc)の扱いになり、大型相当のマシンに普通2輪免許で乗れる!

【BMW C EVOLUTION 2019】主要諸元■永久磁石式同期電動機 48ps/4650rpm 7.3kg-m/4650rpm 275kg シート高765mm ●価格:156万2000円

キムコ AK550/55th:自慢のフラッグシップ、豪華バージョンも登場

キムコ渾身のスポーツモデルで、270度クランクの550ccパラレルツインをアルミフレーム+φ41mm倒立フォークの車体に搭載。深いバンク角と鋭いハンドリングは、クラス随一だ。’19年モデルでは同社の55周年を祝う特別仕様「55th」が登場。オーリンズ製サスペンションやアクラボヴィッチ製マフラーなどを奢る。

【KYMCO AK550 55th 2019】主要諸元■水冷4スト並列2気筒 550.4cc 53.5ps 
5.6kg-m 226kg 15L シート高785mm ●価格:127万4400円(STD)

キムコ CV3:カスタマイズ自由なスポーティ3輪

’17年のミラノで公開されたキムコ初の3 輪スクーターコンセプト。AK550をフロント2輪化し、必要に応じて装着可能なルーフやパニアケースなど様々なオプションを用意。フロントフォークはトリシティと同様の内側配置で、電子ロックによりボタンを押すだけで自立できる。発売時期は未定だが、登場が待たれる。

[KYMCO CV3 Concept Model]

アプリリア SRV850:RSV4の魂が息づく世界最大スクーター

スクーター最大の839ccを誇るモンスター。電子制御式CVTにチェーン駆動を組み合わせた90度Vツインを堅牢なスチールダブルクレードルフレームに搭載する。RSV4譲りの顔や、ブレンボキャリパー、2モード+オフのトラコンなど、随所に同社らしいレースDNAが息づく。

【APRILIA SRV850 2019】主要諸元■水冷4ストV型2気筒 839cc 76.1ps 7.6kg-m 273kg 18.8L シート高780mm ●価格:120万1000円

ホンダ X-ADVの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ X-ADV

ホンダ X-ADV

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 0 価格種別 中古車 4

本体

―万円

価格帯 ―万円

本体価格

本体

100.37万円

価格帯 96.8~106万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ヤマハ TMAX530の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ヤマハ TMAX530

ヤマハ TMAX530

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 141 価格種別 中古車 20

本体

130.68万円

価格帯 103.5~135万円

本体価格

本体

70.12万円

価格帯 61.14~88.45万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

10.83万円

価格帯 1.66~14.75万円

乗り出し価格

113.67万円

価格帯 110.7~121.06万円

乗り出し価格

乗り出し価格

80.96万円

価格帯 62.8~103.2万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

BMW C650 Sportの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

BMW C650 Sport

BMW C650 Sport

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 0 価格種別 中古車 1

本体

―万円

価格帯 ―万円

本体価格

本体

67.9万円

価格帯 67.9万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

BMW C650GTの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

BMW C650GT

BMW C650GT

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 0 価格種別 中古車 1

本体

―万円

価格帯 ―万円

本体価格

本体

66.8万円

価格帯 66.8万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

BMW C evolutionの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

BMW C evolution

BMW C evolution

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 0 価格種別 中古車 1

本体

―万円

価格帯 ―万円

本体価格

本体

113.8万円

価格帯 113.8万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

5.26万円

価格帯 5.26万円

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

乗り出し価格

119.06万円

価格帯 119.06万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

アプリリア SRV850の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

アプリリア SRV850

アプリリア SRV850

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 0 価格種別 中古車 1

本体

―万円

価格帯 ―万円

本体価格

本体

79.8万円

価格帯 79.8万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)