マシン・オブ・ザ・イヤー2018
ミラノでヤマハがプレスカンファレンスを実施

スクランブラー仕様の2019新型XSR700 XTributeはXT500イメージに

2018年11月5日、ヤマハがミラノショープレスデーを前にプレスカンファレンスを実施し、2019年モデルを新たに発表した。今回初公開となったモデルは、300㏄の3輪スクーターのプロトタイプなど多数。ここでは、XSR700の新バージョンを紹介しよう。

アップマフラーにオフハンドルでスクランブラー仕様に

カラーリングが「1981」と名付けられたXSR700の新バージョンが欧州で発表された。1981年式XT500に着想を得た純正カスタム仕様で、アクラポヴィッチ製のアップマフラーとオフロード用のハンドルバー、フロントフォークブーツ、ブロックパターンのPirelli MT60RSタイヤなどを装着した。さらに、厚みのあるフラット形状のシートをこのモデルのために製作し、ミニマルのテールランプをセット。これに、1981年式XT500風にデザインされたカラーリングを施し、ぱっと見ではXT500のような仕上がりとなっている。2017年には同様に特別仕様のXSR900 ABARTH(アバルト)が欧州で発売されたが、今回はそれの700版と言えるだろう。日本で発売される可能性は高くないかも知れない。

【YAMAHA XSR700 XTribute(手前) 2019年型欧州仕様】1981年式XT500(奥)をモチーフにしたXSR700で、オフロードテイストが盛り込まれている。

1981年式XT500に合わせてホイールをゴールドとした。タンクロゴもXT風だ。

メーターは黒バックの白文字表示に。幅広のハンドルバーはテーパータイプとなっている。

シートは後端に車名のロゴをさりげなく刻印している。テールランプはノーマルより一回り小さい。

XT500と同じようにシート下にマウントするアップマフラーを採用。ステップもオフロードタイプにゴムを乗せている。

「ヤマハ2019新型XSR900/XSR700が欧州で発表! ’70年代レーサーイメージに」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018