R6に続いて6Rが規制対応、新風の胎動も!

令和に買いたい!【軽量スーパースポーツ】 2019ニューモデル大集合 #03

  • 2019/5/3

リッタースーパースポーツより軽量コンパクトさが魅力のクラス。サーキットを見据えた600ccはラインナップが縮小したが、YZF-R6、そして’19年にニンジャZX-6Rがモデルチェンジし、気を吐く。さらに、入門向けながら痛快なミドルスポーツとしてアプリリアが新作を投入予定。アグスタが新機軸のネオクラシックをデビューと、にわかに活況を呈してきた。

正統派に加え、規格外の本格仕様やレトロ路線も

扱い切れないほどハイパワーのリッタースーパースポーツに対し、600〜800ccのスーパースポーツはより軽く小柄なボディと適度な出力が魅力。価格帯も控えめだ。

’90年代〜’00年代前半に600スーパースポーツが欧州でブームを呼んだが、今や市場が変化。’16年から欧州で適用された排ガス規制=ユーロ4に対応せず、そのまま消滅する可能性さえあった。しかし、ヤマハのYZF-R6が’17年型でいち早く規制に対応。同じくサーキット指向のニンジャZX-6Rが’19年型でモデルチェンジして話題になっている。

’19最新潮流は?
・一世を風靡した600SS路線の火は消えない
・アプリリアから魅惑の公道スポーツが登場予定
・人気のネオクラがこのクラスにも波及?

そもそも600ccという排気量はスーパースポーツ世界選手権などレース規則に準じた設定だったが、ピークパワーを重視した高回転型のため、公道では低中速域の力強さに欠ける場面も。そこでレースに縛られないチョイ足しの排気量帯が充実しているのが現状だ。

さらに昨年秋のショーで魅力的なコンセプトモデルが発表された。アプリリアのRS660は、操って楽しいスポーツ性を本気で追求した意欲作。MVアグスタのスーパーベローチェ800は、中身がスーパースポーツ、外観はネオクラシックの新機軸だ。クラスに新風を吹き込む2台の登場が待ち遠しい。

カワサキ ニンジャ ZX-6R/KRTエディション:余裕の+36㏄、126㎰のモアパワーが利く

サーキットから公道まで楽しめる絶妙な排気量636ccの直4を搭載。’19ではユーロ4に対応しつつ、ハイパワーの126psを発生する。さらに’18年型ニンジャ400/250と同様に逆スラントノーズの尖ったルックやフルLEDライトを手に入れた。同時にアップ対応のクイックシフターやブリヂストンS22タイヤを採用し、走りも強化されている。2段階式のパワーモードや3段階+オフが選べるトラコンは、従来型から継承。ETC2.0車載器を標準で搭載する。

【KAWASAKI Ninja ZX-6R KRT Edition 2019】主要諸元■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 636cc 126ps/13500rpm 7.1km-m/11000rpm 197kg 17L シート高830mm ●価格:132万8400円
ニンジャ1000と同タイプのスタイリッシュな液晶+アナログタコメーターを導入した。
アップ対応のKQS(カワサキクイックシフター)を獲得した。ステップのヒールガードを変更し、調整式クラッチレバーも新採用。

ヤマハ YZF-R6:次世代ミドルSSの先陣を切った韋駄天

サーキット指向のスパルタンな600スーパースポーツとして知られるYZF-R6。’17年型で9年ぶりにモデルチェンジを受け、YZF-R1譲りの技術を注入した。電制スロットルや可変ファンネルを備える従来型を基に、3種類のパワーモードや6段階トラクションコントロールシステムを追加。外観は、現行R1より最新デザインで、睨みの利いたLEDヘッドライトやアルミタンクが特徴。空気抵抗値を8%改善し、最高速もアップした。’19では青のグラフィックを変更し、新色の艶消しグレーを追加。国内には上記2色と’18継続の白、艶消し黒が入荷する。

【YAMAHA YZF-R6 2019】主要諸元■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 599cc 118.4ps/14500rpm 6.3kg-m/10500rpm 190kg 17L シート高850mm ●価格:156万6000円
メーターはアナログタコと液晶の組み合わせ。6000rpmの位置に「R6 」のロゴを配置する。
足まわりは、現行R1と共通のKYB製φ43mm倒立フォークに専用セッティングを施す。ブレンボキャリパー+マスターもR1譲り。

アプリリア RS660 コンセプト:新時代の扉を開く快楽FUNミドル

シンプルな設計で軽量コンパクト化を追求し、手軽に本格スポーツ可能なモデルとして提案される1台。心臓はRSV4 1100ファクトリーのV型4気筒から派生したミニマムな並列2気筒660ccを新設計。車体は、簡素なフレームにピボットレス構造を採用する一方、足まわりはオーリンズ+ブレンボと豪華だ。さらにボックス型ウイングまで備える。スペックは非公表ながら、俊敏かつしなやかな走りが期待できる。小排気量車からステップアップする若い世代に向けた戦略モデルの役割も担う。

【APRILIA RS660 Concept】主要諸元■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 660cc 馬力・トルク未発表 車重・燃料タンク容量・シート高未発表 ●価格&発売時期:未定
並列2気筒は、RSV4 1100のV4ユニットから後ろバンクを切り落としたかのような形状。フレームは後半部を省略し、軽さとしなやかさを狙う。
前後ショックはオーリンズ製、ブレーキはブレンボ製M50とハイスペックな足まわり。コチラが上級版で、ベーシックな仕様が用意される可能性も。
左右非対称デザインのアルミスイングアームは、クランクケースに直付けしたピボットレス構造。サスは水平マウントのリンクレス式だ。
肉抜きしたアルミトップブリッジとセパハンを採用。グリップはフォークトップよりやや上で意外と高め。液晶メーターはRSV4と同タイプか。
3眼ライトを継承。その下に新RSV4よりスリムなダクトウイングを備える。カーボンカウルは風洞実験から導き出した複雑なエアロフォルムだ。

MVアグスタ スーパーヴェローチェ800:GP黄金期を再現したネオクラシックスーパースポーツ

’60~’70年代前半のWGPを席巻した往年の500GPをモチーフとする1台。3気筒のF3 800をベースに、丸みを帯びたカウルに黄色のゼッケン風丸眼LEDライトを与えた。専用マップで出力をアップし、当時を再現した片側2本+1本出しマフラーも備える。ほぼ同じ姿で’19年後半に市販予定だ。

【MV AGUSTA SUPERVELOCE 800 [Consepct Model]】主要諸元■水冷4スト並列3気筒 798cc 110ps 8.4kg-m 車重・燃料タンク容量・シート高未発表 ●価格&発売時期:2019年後半
旧車に多かったタンク固定用のストラップをレザーで再現。スーパースポーツでは珍しいスポークホイールにも注目だ。

スズキ GSX-R750:孤高のナナハン、北米で新色が登場

大型SSの祖となった初代’85年モデルから進化し続ける伝統マシン。欧州仕様はユーロ4に対応せず生産終了したが、北米仕様に新色としてホワイト×ブラックのツートン、単色のブラックを設定。日本では’18モデルがまだ購入可能となっている。

【SUZUKI GSX-R750 2019】主要諸元■水冷4スト並列4気筒 750cc  馬力・トルク未発表 190kg 17L シート高810mm ※諸元はUS仕様 ●価格:154万4400円(価格は’18モデル)

MVアグスタ F3 800/RC/アゴスチーニ:公道でも楽しい3気筒シリーズの上級版

675cc版を798ccにアップし、ストリートでも扱いやすい特性が自慢だ。’17でユーロ4に対応し、各部を改良。’19ではSTDに新色の赤と白を設定。WSSカラーのRCに新色と赤ホイールを採用し、付属レースキットの内容を変更した。アゴスチーニはアルミ鍛造ホイールを与えた豪華版。

【MV AGUSTA F3 800 AGO 2018】主要諸元■水冷4スト並列3気筒 798cc 150.1ps 8.97kg-m 173kg(乾) 16.5L シート高805mm ●価格:●279万7200円(’18モデル)

MVアグスタ F3 675/RC:辛口マシンが斬新カラーでイメチェン

ショートストロークで超高回転型の3気筒に、モトGPマシンも採用する逆回転クランクを投入。675cc版はレースに対応した排気量設定となる。’19ではユーロ4に対応。従来にはない鮮やかなブルーを設定し、大胆にイメチェンした。800と同様、RCには新色と赤ホイールを与えた。

【MV AGUSTA F3 675 2019】主要諸元■水冷4スト並列3 気筒 675cc 129.8ps 7.19kg-m 173kg(乾) 16.5L シート高805mm ●価格:179万2800円(価格は’18モデル)

北米のみで継続販売ユーロ5対応はあるか?

欧州排ガス規制のユーロ4への対応を見送り、ついに現地でCBR600RRとGSX-R600が生産終了に。ただし、規制基準が異なる北米では今だ従来モデルが継続販売されている。600SSクラスが再び隆盛を見せれば、’20年から適用が開始される次期規制=ユーロ5に合わせて新型が投入される可能性はありそうだ。復活に期待!

【左:HONDA CBR600RR】【右:SUZUKI GSX-R600】

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)

カワサキ ZX-6Rの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

カワサキ ZX-6R

カワサキ ZX-6R

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 12 価格種別 中古車 52

本体

135.3万円

価格帯 135.3万円

本体価格

本体

97.29万円

価格帯 66.49~118.99万円

諸費用

6.16万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

4.19万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

141.46万円

価格帯 135.3~143.8万円

乗り出し価格

乗り出し価格

101.48万円

価格帯 96.48~105.19万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ヤマハ YZF-R6の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ヤマハ YZF-R6

ヤマハ YZF-R6

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 4 価格種別 中古車 49

本体

155.87万円

価格帯 151.6~159.5万円

本体価格

本体

106.88万円

価格帯 60.4~146.39万円

諸費用

13.14万円

価格帯 14.46~15.3万円

諸費用

諸費用

2.93万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

169.01万円

価格帯 166.9~173.96万円

乗り出し価格

乗り出し価格

109.82万円

価格帯 58~147.8万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

MV アグスタ F3 675の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

MV アグスタ F3 675

MV アグスタ F3 675

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 1 価格種別 中古車 1

本体

203.5万円

価格帯 203.5万円

本体価格

本体

84.99万円

価格帯 84.99万円

諸費用

15.23万円

価格帯 15.23万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

218.73万円

価格帯 218.73万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す