レースからのフィードバックをダイレクトに継承

MVアグスタ、新型”RC”タイプ×5モデル販売開始【レーシング部門の名を冠した世界限定車】

MV AGUSTA RC MODEL[2019]

数々のロードレース世界選手権を制した輝かしい歴史を有するイタリアの名門バイクブランド・MVアグスタ。”Reparto Corse”(レパルト・コルセ=レーシング部門)を意味する「RC」の名を冠する2019年型ニューモデル5種(F3 675RC、F3 800RC、ツーリスモ・ベローチェ800RC SCS、ブルターレ800RC、ドラッグスター800RC)が世界限定にて販売される。

レース場と生産ラインを直に結ぶRCモデル

レーシングスピリットがブランドの基軸となっているMVアグスタにあって、RCモデルは”Reparto Corse”(レパルト・コルセ=レーシング部門)の名を冠し、MVアグスタ哲学の原理原則のひとつ「レースは工場で生産されるバイクを改良するための基礎である」という信念を象徴。可能なかぎり直接的かつ迅速にレース場から生産ラインへの技術移転を志している。2019年型のRCモデルには、スーパースポーツバイク・F3 675/800をはじめ、スポーツネイキッドのブルターレ/ドラッグスター、アドベンチャーツアラーのツーリスモベローチェの5モデルがラインナップされる。

F3 675RC/F3 800RC:レースでの最高性能を追求したスーパースポーツ

レース中また当日の厳しい状況でも最高の性能を発揮するために誕生したモデル、F3 675RC/F3 800RC。レーシングキットとして、SC-Project社製のスリップオンサイレンサー&専用ECU、チタン製パイプ&ジョイント、アルミニウム製ミラーキャップ、カーボンファイバー製ヒールガード、アルミニウム製マウントブラケット、CNC機械加工のブレーキ&クラッチレバー等が付属する※1。スタイリング・デザインは675/800共通だ。

MV AGUSTA F3 675 RC [2019]

MV AGUSTA F3 675 RC [2019]※2

MV AGUSTA F3 675 RC [2019]

MV AGUSTA F3 675 RC [2019]※2

MV AGUSTA F3 800 RC [2019]

MV AGUSTA F3 800 RC [2019]※2

MV AGUSTA F3 800 RC [2019]

MV AGUSTA F3 800 RC [2019]※2

【F3 675RC/800RC 主要諸元】([ ]は675 RC) 全長2060 全幅725 全高— 軸距1380 シート高805(各mm) 車重(乾)173kg(レーシングキット装着時165) エンジン:4スト3気筒DOHC12バルブ 総排気量798cc[675] 圧縮比13.3[13] 内径79×行程54.3mm[79×45.9] 最高出力148hp/13000rpm(レーシングキット装着時153/13250)[128/14500(レーシングキット装着時133/14570)] 最大トルク8.97kg・m/10600rpm[7.19/10900] タンク容量16.5L 変速機6速クラッチ ブレーキF=ダブルディスク R=シングルディスク タイヤサイズF=120/70-17 R=180/55-17 カラー:レッド/メタルカーボンブラック/パールRCホワイト/グリーン 税込車両本体価格257万400円[238万6800円]

TURISMO VELOCE 800 RC SCS:スマートクラッチシステム搭載のアドベンチャーツアラー

重く、大きくなりつつあるツーリングバイクセグメントにおいて、ツーリスモ・ベローチェ800はコンパクトで比較的小さな排気量のエンジンや軽い車重を有し、MVアグスタのスポーツDNAを正しく受け継いでいる。RCモデルには、クラッチレバーを使って手動でクラッチを操作するか、あるいは走行に専念するため操作を完全にシステムに委ねるかを選択できるSCS(スマートクラッチシステム)技術が搭載される。

MV AGUSTA TURISMO VELOCE RC SCS [2019]

MV AGUSTA TURISMO VELOCE 800 RC SCS [2019]※2

MV AGUSTA TURISMO VELOCE RC SCS [2019]

MV AGUSTA TURISMO VELOCE 800 RC SCS [2019]※2

【ツーリスモ・ベローチェ800RC 主要諸元】 全長2125 全幅910 全高— 軸距1445 シート高850(各mm) 車重(乾)192kg エンジン:4スト3気筒DOHC12バルブ 総排気量798cc 圧縮比12.2 内径79×行程54.3mm 最高出力110hp/10150rpm 最大トルク8.16kg・m/7100rpm タンク容量21.5L 変速機 6速クラッチ ブレーキF=ダブルディスク R=シングルディスク タイヤサイズF=120/70-17 R=190/55-17 カラー:レッド/メタルカーボンブラック/パールRCホワイト/グリーン 税込車両本体価格275万4000円

BRUTALE 800 RC:ネイキッド・アグスタの新定番

ネイキッドモデルのブルターレ800RCは、フロントフェンダー、リアインナーフェンダー、フューエルタンクサイドパネル、ダッシュパネルカバーをはじめ、カーボンファイバーのコンポーネントがひときわ際立つ。RCライン共通のレーシングカラースキーム合わせた赤色の鍛造アルミホイールが周囲に力強い印象を与える。なお、レーシングキットとして、SC-Project社製のスリップオンサイレンサー&専用ECU等が付属する※1

MV AGUSTA TURISMO BRUTALE 800 RC [2019]

MV AGUSTA TURISMO BRUTALE 800 RC [2019]※2

MV AGUSTA TURISMO BRUTALE 800 RC [2019]

MV AGUSTA TURISMO BRUTALE 800 RC [2019]※2

 

【ブルターレ800RC 主要諸元】 全長2045 全幅875 全高— 軸距1400 シート高830(各mm) 車重(乾)175kg(レーシングキット装着時167) エンジン:4スト3気筒DOHC12バルブ 総排気量798cc 圧縮比13.3 内径79×行程54.3mm 最高出力140hp/12300rpm(レーシングキット装着時150/12800) 最大トルク8.87kgm/10,100rpm タンク容量16.5L 変速機 6速クラッチ ブレーキF=ダブルディスク R=シングルディスク タイヤサイズF=120/70-17 R=200/55-17 カラー:レッド/メタルカーボンブラック/パールRCホワイト/グリーン 税込車両本体価格262万4400円

DRAGSTER 800 RC:ドラッグレースのDNAを呼び起こす

乾燥重量わずか160kg(レーシングキット装着時)&150馬力(同)、その名にドラッグレースのイメージを残すドラッグスター800RCは、9本スポークの軽量鍛造アルミホイールなど、個性際立つレーシングスタイルを纏う。ちなみにフェアリングを飾る数字「37」は、MVアグスタが獲得した世界選手権の数にちなんでいる。このモデルにもレーシングキットとして、SC-Project社製のスリップオンサイレンサー&専用ECU等が付属する※1

MV AGUSTA DRAGSTER 800 RC [2019]

MV AGUSTA DRAGSTER 800 RC [2019]※2

MV AGUSTA DRAGSTER 800 RC [2019]

MV AGUSTA DRAGSTER 800 RC [2019]※2

【ドラッグスター800RC 主要諸元】 全長2035 全幅935 全高— 軸距1400 シート高845(各mm) 車重(乾)168kg(レーシングキット装着時160) エンジン:4スト3気筒DOHC12バルブ 総排気量798cc 圧縮比13.3 内径79×行程54.3mm 最高出力140hp/12,300rpm(レーシングキット装着時150/12800) 最大トルク8.87kgm/10,100rpm タンク容量16.5L 変速機:6速クラッチ ブレーキF=ダブルディスク R=シングルディスク タイヤサイズF=120/70-17 R=200/50-17 カラー:レッド/メタルカーボンブラック/パールRCホワイト/グリーン 税込車両本体価格282万9600円

F3 675 RC(税込車両本体価格238万6800円/世界限定100台)、F3 800 RC(同257万400円/300台)、ツーリスモ・ベローチェ800 RC SCS(同275万4000円/200台)、ブルターレ800 RC(同262万4400円/世界限定250台)、ドラッグスター800 RC(同282万9600円/250台)は、いずれも2019年3月に発売予定。

※情報提供:MV AGUSTA JAPAN
※1:レーシングキットは一般公道での使用不可
※2:掲載写真はイタリア本国仕様(付属キット装着仕様)

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

kas

kas いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)

特集/連載

  1. 兄弟車試乗インプレ対決
  2. 2019初夢スクープ
  3. 岡崎静夏
  4. Moldel A(A型)
  5. 大阪モーターサイクルショー2019
バイク王
Z900RS x STRIKER