600ccクラススーパースポーツ人気車対決

Ninja ZX-6R vs YZF-R6 一騎打ち〈後編〉【タイムアタック編/映像あり】

Ninja ZX-6R vs YZF-R6
’19でユーロ4対応とともにスタイルを一新するモデルチェンジを受けたカワサキNinja ZX-6R。600スーパースポーツの中にあってレースレギュレーションに縛られないプラス37ccの636ccを設定し、独自のポジションを築いてきたネオ600SSとも言えるこのバイクは、一体どんな実力があるのか。今回の比較対象は、あくまで600SSレース最強を目指すヤマハYZF-R6。#1の公道走行インプレッションに続き、本編ではサーキットでのガチンコタイムアタック対決の模様をお届けする。

↓前編はこちら↓

対決の前にポジション&足付きをチェック

KAWASAKI Ninja ZX-6R

KAWASAKI Ninja ZX-6R

ハンドルにタレ角や絞り角はあるが、上半身はストリートでも扱いやすい軽い前傾姿勢。脚はすっと下ろすことができ、足着き性もSSとしては良好だ(身長168cm、体重61kg)。

YAMAHA YZF-R6

YAMAHA YZF-R6

ぐっと前傾させるレーシーなポジション。足着きは両指先といった感じだ。タンクはスリムだがシート幅が広く、脚を下ろすと開き気味となってしまう(身長168cm、体重61kg)。

ガチンコ勝負の模様は先に映像をご覧いただこう

【TESTER:丸山 浩】ご存じWITH MEプロフェッショナルレーシング会長にして本誌メインテスターの丸山浩。カワサキ2019モデルへの試乗としては、兄弟車のZX-10RRに続いて今回が2台目だ。

袖ヶ浦フォレストレースウェイ

テストは千葉県にある袖ヶ浦フォレストレースウェイで実施。全長は2436m、ホームストレートの長さは400mで、4輪の走行も楽しめるミドルクラスのサーキットだ。コース幅が広く初心者が楽しく練習するにももってこいだ。

Ninja ZX-6Rが1秒もの差をつけた!

それではカワサキZX-6RとヤマハYZF-R6のタイムアタックによる勝負結果を見てみよう。場所は千葉県にある袖ヶ浦フォレストレースウェイ。写真撮影時はあいにくのウエットだったが、データは後日ドライコンディションで全開走行したときのものだ。グラフ内の赤線がZX-6R、青線がYZF-R6。ベストタイムではZX-6Rの1分13秒690に対し、YZF-R6は1分14秒688で、なんと約1秒もの差が出てしまった。総じて述べると、ZX-6Rは全体でタイムを出しやすく作っているのに対して、YZF-R6はコーナリングで速度を稼ぐ正統派レーサーの印象だった。

Ninja ZX-6R vs YZF-R6

赤い線がカワサキZX-6R、青い線がヤマハYZF-R6。それぞれ15分×2本の走行を行いベストラップを比較した。袖ヶ浦FRWは中間域を使う部分が多い中規模サーキットだが、これがもっと高回転の場面が多い大規模サーキットなら結果は変わるかと言うと、丸山浩の見立てだと結局は上のパワーでも勝っているZXが有利ではないかと結論。なお、どちらもクイックシフターを装備しているが、ZX-6Rは装置不調で今回クラッチは手動で行っていた【画像タップで拡大】

まず、中間域の扱いやすさが印象的なカワサキZX-6Rだが、高回転でのパワーも排気量的に有利なため、結局のところ計測地点開始のメインストレートにおける最高速でもヤマハYZF-R6より上だった。一発の最高速度ではZX-6Rは197.09km/hに対し、YZF-R6は191.44km/hと7.6psの差がしっかりと出たかたちだ。だが、ここ袖ヶ浦FRWでは高回転域で引っ張れるのはメインストレートと2コーナーエンドまでの第2ストレートくらい。タイム差に大きくつながった要素はここからになる。

公道でもちょっと感じていたが、YZF-R6は1万4500rpmでピークを迎える高回転域を重視しているために10000〜11000rpmあたりにちょっとトルクの谷が出てしまい、そこが立ち上がりでZX-6Rと比べて、今一歩スピードを乗せにくくしてしまう原因となっていた。グラフ上では1・2コーナー立ち上がりでも、ちょっとその傾向が見え隠れしている。

KAWASAKI Ninja ZX-6R

【KAWASAKI Ninja ZX-6R】最速ラップ1分13秒690 最高速度197.09km/h

残るセクションは中間域を多用した走りが必要となり、こうなるともうそこが得意なカワサキZX-6Rが有利なのはグラフ上でも明確だ。3コーナーから後は、コーナリング速度こそヤマハYZF-R6の方が速くても、下から上までスムーズに伸びきるZX-6Rが立ち上がりで逆転。したがってコーナー間のトップスピードでも上回っていくようになる。これは+37ccのおかげというだけではない。ZX-6Rはエンジンとハンドリングのバランスがすごくナチュラルで走りやすい車体作りとなっていたのもその理由だ。サスペンションはSSとしては柔らかく良く動いてフレンドリー。フレンドリーと言うと限界が低そうに聞こえるが全体的な走りやすさを優先に考えたという感じで、しっかり踏ん張るし前後ピッチングを積極的に使ったライディングにも応えてくれる。つまりスロットルを開けていきやすい車体となっているのだ。これはまさにZX-10RRで感じたときと同じような方向性。これに対してYZF-R6のサスもよく動く方ではあるものの、行ききったところでピシっと決まるような、どこかソリッド感がある仕上げとなっていた。やはり”レーサー”らしさが印象強い。

YAMAHA YZF-R6

【YAMAHA YZF-R6】最速ラップ1分14秒688 最高速度191.44km/h

こうして見るとZX-6Rは、レースに出ないのだったらトルクの谷を解消してもっと気持ちよくタイムを出せるようにしたのがあってもいいじゃないという狙いどおりのバイクとなっていた。ユーザーがポンと2台に乗って、どちらがすぐにタイムを出せるかと言うと、やはりカワサキZX-6Rになるだろう。もっとも楽しみ方は人それぞれ。あくまでレース前提の枠組みの中でライディングを鋭く研ぎ澄ましていきたいのであれば、デザイン的にもシャープにまとめたヤマハYZF-R6の魅力も捨てがたい。

まとめ:600スーパースポーツの良さを再確認

サーキットを含めて気軽にスポーツしたいと思ったときに、まず候補に挙がるオートバイは今ではフルカウル250になるのだろう。しかし、パワーや車体の上質感、それに伸びきり感のある直4の良さといったものを追求していくと、最終的に1000ccSSには勝てない。だが、いかんせん1000ccSSは200万円超えと高くなりすぎた。まだ手が届く600SSは今再び評価される時代が来たと思う。

たまに乗ると本格レーサー気分でパキンとした非日常感に酔いしれられるヤマハYZF-R6に加えて、今回は+37ccで普段乗りまでカバーしつつサーキットでも速いカワサキ新ZX-6Rが出た。ホンダ、スズキもこのまま黙ってはいないはず。どんなマシンで楽しませてくれるか。これからの新しい600SSが楽しみになってくるテストだった。

Ninja ZX-6R vs YZF-R6

●まとめ:宮田健一 ●撮影:山内潤也
※ヤングマシン2019年2月号掲載記事をベースに再構成

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

kas

kas いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)

特集/連載

  1. 岡崎静夏
  2. 2019世界の新車総図鑑
  3. ナイケン
  4. HONDA CROSS CUB 110/50
  5. 2019初夢スクープ
バイク王
Z900RS x STRIKER