第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

パワーと軽量化で国産を引き離しにかかる!

令和に買いたい!【外国車 大型スーパースポーツ】 2019ニューモデル大集合 #02

  • 2019/5/2

スプリントにおける究極の「走る・曲がる・止まる」を追求したカテゴリー。国産勢が200ps足踏みをするなか、海外勢は200psを軽々と超えてきている。まさしくMotoGPレプリカといえるドゥカティに最強直4のBMW、ウイング付き1100ccのアプリリアと百花繚乱だ。

スペックと個性で日本車を上回る海外勢

2008年頃から国産スーパースポーツの開発競争に陰りが見えるなか、まずBMWが放ってきたのはS1000RRだった。フィンガーフォロワーロッカーアームなどを採用した直4エンジンは当時最強を誇り、本誌が開催した0-1000m加速テストではメガスポーツを打ち負かす場面すらあったほど。このエンジンは約10年にわたってトップパフォーマーであり続けたが、2015年前後からはじまった日本車の逆襲を機に、ついに2019年、新型S1000RRを投入した。

ドゥカティはもっと過激だ。1300ccに迫るVツインエンジンでスーパーバイクシリーズを展開(SBKには1200ccバージョンで参戦)していたが、2018年にドゥカティ量産車初のV4エンジンを搭載したパニガーレV4/Sを発売。1103ccから214psを発揮し、プロライダーでも直線が短く感じるほどの暴れ馬っぷりを発揮したかと思えば、翌年モデルには998ccで221ps、さらにはウイングまで備えるという、スーパーバイク世界選手権のホモロゲーションモデルというよりも単純にモトGPレプリカと言ったほうがいいのでは、というパニガーレV4Rを登場させたのだ。

黒船はこれだけじゃない。アプリリアはRSV4を1078cc化してウイングを搭載。MVアグスタは100台限定の特別仕様で998cc/215psを投入し、台湾からは電動スーパースポーツのスーパーネックスが走行テストを重ねているという。

トータルバランスに秀でる日本車に比べ、きらめくような個性が躍動しているのが外国産スーパースポーツなのだ。

ドゥカティ パニガーレV4R/V4/スペシャル/V4S/コルセ:圧巻221㎰+ウイングを引っ提げ、真打ちの「R」バージョン参上

長年、旗艦スポーツとして君臨したLツインに替わり、’18年に投入された新世代のV4マシン。214psを発生する1103ccのV4/Sに続き、’19では真打ちと呼ぶべきサーキット向けの「V4R」がデビューする。ボアφ81mmはそのままに、ストロークを53.5→48.4mmにショート化し、レース向けの出力特性とした998cc専用エンジンで怒濤の221psをマーク。さらにオプションのアクラポビッチ製レース用マフラーを装着するだけで234psを達成する。外装も空気抵抗を減らした専用設計で、モトGPマシン譲りのウイングレットまで投入。大きな話題を呼んでいる。

【DUCATI PANIGALE V4R 2019】主要諸元■水冷4ストV型4気筒DOHC4バルブ 998cc 221ps/15250rpm 11.4kg-m/11500rpm 193kg 16L シート高830mm ●価格:455万円

【PANIGALE V4R】V4Sから軽量&高剛性化を促進した専用フレームで2kg減を達成。クラス最軽量の193kgに到達した。レースでの使用を前提とし、スイングアームは可変ピボット式。前後サスはオーリンズの機械調整式となる。

【PANIGALE V4R】8段階式トラコンほか電脳の充実度は随一。あらゆる場面に緻密な制御を行う。Rではプロライダーの要求に応える介入ロジックやピットリミッターも新採用。

【DUCATI PANIGALE V4R 2019】●価格:455万円

【DUCATI PANIGALE V4S CORSE 2019】●価格:352万5000円

【DUCATI PANIGALE V4S SPECIALE 2019】●価格:455万円

【DUCATI PANIGALE V4S 2019】●価格:331万円

【DUCATI PANIGALE V4 2019】●価格:265万9000円

BMW S1000RR/Mパッケージ:直4最軽量と207㎰を達成、最強の一角へ

’09年に日本車キラーとしてデビュー以来、熟成を重ねるゲルマンスーパースポーツ。’19で初の完全新設計とし、エンジンは従来の199psから8ps増の207ps、車重は208→197kgと大幅な減量を実現した。さらにシフトカムを新採用し、幅広いトルクバンドを獲得している。車体は、フレックスフレームと呼ばれる新作でコンパクトになったほか、サスやスイングアームも全面改良。顔は左右対称となり、LEDヘッドライトも導入。さらに新設定された上級版「Mパッケージ」は、可変ピボットと車高調整機能キット、専用色などのほか、カーボンホイールや軽量バッテリーなどで直4最軽量の193.5kgを達成した。「M」は4輪でおなじみ、スポーツ仕様の称号だ。

【BMW S1000RR Mパッケージ 2019】主要諸元■水冷4スト並列4 気筒DOHC4バルブ 999cc 206.7ps /13500rpm 11.5kg-m/10500rpm 193.5kg 16.5L シート高824mm ●価格:267万7000円 ●発売時期:2019年7月

インテーク側のカムシャフトにシフトカム機構を備えることから、特徴的な溝の加工(右側)が見られる。

新設計の直4は単体で4kg軽量化。吸気側バルタイに加え、リフト量まで可変するシフトカムを投入した。圧縮比は13→13.3へ。

従来のアナログタコ+液晶から、6.5インチのフルカラーTFTに変更。常に視認性を確保でき、画面表示は3パターンから選べる。

【BMW S1000RR 2019】主要諸元■水冷4スト並列4 気筒DOHC4バルブ 999cc 206.7ps /13500rpm 11.5kg-m/10500rpm 197kg 16.5L シート高824mm ●価格:227万7000円 ●発売時期:2019年7月

キムコ スーパーネックス:新時代の電動スーパースポーツ、加速はH2すら凌駕

世界的に有名な台湾のスクーターメーカー、キムコが放つ電動(EV)スポーツ。ゼロ発進からほぼ100%のトルクを発生させるモーターに、チェーン駆動と6速ミッションを組み合わせ、0→100km/h加速は2.9秒、0→200km/hは7.5秒(ニンジャH2は約7.9秒)と圧倒的。回転数に応じて高まるモーター駆動音により、EVでは難しい感性に訴える要素まで盛り込む。車体はSS定番のアルミツインスパーとや前後オーリンズで武装。4種のパワーモードほか電子制御も充実している。発売時期は未定。

【KYMCO SUPERNEX】[Concept Model]

メーターやキーレスエントリーまで造り込まれ、市販化への本気度が伺える。中央には同社製スクーターでおなじみのナビも表示。

通常のエンジンの位置がモーター、タンクの部分がバッテリーと見られる。ラジエターを備え、モーターは水冷式のようだ。

アプリリア RSV4 1100ファクトリー:ボックス型ウイングを獲得

パニガーレV4が登場するまで、SBK唯一のV4スポーツとして君臨してきたRSV4。’19ではボアの拡大で排気量を999→1078ccにアップした1100が追加された。従来の204psに対し、220psと大幅なパワー増強を果たしたほか、新型チタンマフラーなどで5kgマイナスの199kgに到達。ボックス形状のウイングやカーボン外装も新たに獲得している。この最新型は3月の東京モーターサイクルショーに出品される予定だ。

【APRILIA RSV4 1100 FACTORY FACTORY 2019】主要諸元■水冷4ストV型4気筒 1078cc 220ps 11.7kg-m 199kg 18.5L シート高851mm ●価格:286万2000円 ●入荷時期:5月下旬(受注はすでに開始)

MVアグスタ F4/RR/RC/LH44/クラウディオ:名物社長に捧げる豪華限定車デビュー

「走る宝石」と称賛される同社の美麗SSがF4。新作のクラウディオは、’11年に死去した社長の名を冠した特別仕様で、最新のF4 Reparto Corseをベースに最高出力を208→215psにアップ。カーボンカウル&ホイール、チタンマフラーなどを与えた。100台限定生産となる。

【MV AGUSTA F4 CLAUDIO】■水冷4 スト並列4気筒 998cc 214.9ps 11.7kg-m 183kg(乾) 17L シート高830mm ●入荷未定

ドゥカティ 1299 パニガーレR ファイナルエディション:フィナーレを飾るSBK系Lツインの究極仕様

長らく君臨したスーパーバイク用Lツインのラストモデルが、このFE(ファイナルエディション)。209psにまで磨いた1285ccの最強ツインをカーボンモノコックフレームに搭載し、オールチタンマフラー、オーリンズ製の機械式ショック+マルケジーニ鍛造ホイールで武装する。

【DUCATI 1299 PANIGALE R Final Edition 2019】主要諸元■水冷4ストL型2気筒 1285cc 209ps 14.5kg-m 190kg 17L シート高830mm ●価格:455万円

ドゥカティ 959 パニガーレ/コルサ:ミドル版の弟分はLツインの火を守る

レースに縛られない排気量設定でミドルスポーツとしての楽しさを追求したパニガーレの弟分。Lツイン955ccをアルミモノコックフレーム+両持ちスイングアームに搭載し、ショーワ製フォークとザックス製モノショックで足まわりを固める。コルセは専用色やオーリンズサスなど備える。

【DUCATI 959 PANIGALE / Corsa 2019】主要諸元■水冷4ストL型2気筒 955cc 150ps 10.4kg-m 200kg 17L シート高830mm ●価格:207万5000円~

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)

ドゥカティ PANIGALE V4 SPECIALEの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ドゥカティ PANIGALE V4 SPECIALE

ドゥカティ PANIGALE V4 SPECIALE

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 1 価格種別 中古車 0

本体

570.24万円

価格帯 570.24万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ドゥカティ PANIGALE V4 Sの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ドゥカティ PANIGALE V4 S

ドゥカティ PANIGALE V4 S

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 3 価格種別 中古車 0

本体

332.04万円

価格帯 328~334.07万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

4.98万円

価格帯 6.07~8.87万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

337.03万円

価格帯 334.07~342.95万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ドゥカティ PANIGALE V4の価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ドゥカティ PANIGALE V4

ドゥカティ PANIGALE V4

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 3 価格種別 中古車 0

本体

267.15万円

価格帯 263.9~268.78万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

4.98万円

価格帯 4.88~10.06万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

272.14万円

価格帯 268.78~278.85万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

BMW S1000RRの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

BMW S1000RR

BMW S1000RR

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 0 価格種別 中古車 14

本体

―万円

価格帯 ―万円

本体価格

本体

146.39万円

価格帯 116.49~180.89万円

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

24.89万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

乗り出し価格

171.28万円

価格帯 166.2~176万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ドゥカティ 959Panigaleの価格情報 新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ドゥカティ 959Panigale

ドゥカティ 959Panigale

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 9 価格種別 中古車 0

本体

223.05万円

価格帯 207.5~263.45万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

0.55万円

価格帯 ―万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

223.61万円

価格帯 211.34~250.06万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す