第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ねとらぼ交通課の気になるYouTubeネタピックアップ

原付二種バイク“峠道連続カーブ”の安全走行テクニック【ホンダのインストラクターが解説】

便利で快適、比較的手ごろで、遊べて楽しい! 125ccクラスの原付二種バイクが人気です。新ライダー/リターンライダーが増えていることをふまえ、ホンダ・鈴鹿サーキット交通教育センターのインストラクターが「原付二種バイクを安全に乗りこなすポイント」を動画で公開。ツーリングの醍醐味や、景色のよい山道/峠道を爽快かつ安全に走れるようになるテクニックを、クロスカブ110に乗って解説してくれました。


ねとらぼ交通課


バイクで山道/峠道を安全に走るポイント、一つ目は「漫然運転に注意する」です。

原付二種バイクは、比較的軽くて扱いやすい反面、ついスピードを忘れてしまいがち。キレイな景色に気を取られて“注意力が散漫になりやすい”ことがあります。気分が上がるあまり、注意や意識が散漫になったり、“自分の運転技術以上のことをやってしまう”ことになったりします。まず、こうならないよう常に意識するようにしましょう。

[1] 注意力の低下に要注意!


二つ目は「カーブの手前でスピードを十分に落とす」です。

山道に多いブラインドカーブは、危険の可能性が特にたくさんあります。スピードの出し過ぎで曲がりきれなければ、当然事故になります。曲がりきれずに反対車線へ飛び出れば、対向車と衝突します。見通しの悪いカーブの先でクルマが停止している可能性もありますし、路面が荒れていたり、積もる落ち葉や落下物があったり、凍っていたりする可能性もあります。

[2] カーブではスピードを十分に落とす

「とにかくスピードを抑えてカーブは走行してください」

感覚値として「カーブで怖い」と思ったならば、それは自身の運転技能においてスピードの出し過ぎといえます。とっさの判断をする余力がありません。“~かもしれない運転”の意識とともに、“怖くない速度”まで減速しましょう。

景色がキレイでもわき見運転は厳禁!
景色がキレイでもわき見運転は厳禁!


三つ目は「Uターンは平坦で広い場所で行う」です。

「道を間違えた/あ、ここに寄りたい!」となったので、Uターンして戻る。ツーリングにはよくあることです。比較的身軽な原付二種バイクならば特に、思ったらサッとやってしまう人はいるかもしれません。

しかし、Uターンには危険が多々あります。勾配の大きな峠道では特に、バランスを崩して転倒するリスクが高まるだけでなく、道の起伏で後続車から自車が見えないケースもあります。

【3】Uターンは特に注意!
[3] Uターンは特に注意!

「狭い場所だとお互いが避けられずに正面衝突する場面も考えられます。Uターンは十分に安全を確かめて、平坦な広い場所で」

とにかく、自分だけでなく周囲の思いやりも含めた“安全確認第一”を意識しましょう。

これらは原付二種バイクに限らず、中型大型バイクのベテランも、クルマも自転車も、公道を走る車両に乗る人すべてに当てはまります。とにかく無理をせず過信せず、“安全運転”で。楽しくツーリングしたいものですね。(カナブンさん)

動画はこちら↓

※画像はYouTubeチャンネル『本田技研工業株式会社 (Honda)』より。
※本記事は「ねとらぼ交通課」から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。



関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース