第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ねとらぼ交通課の気になるYouTubeネタピックアップ

パンクブーブー黒瀬&テンダラー浜本、880万円超の“旧車”に大興奮「昭和の人はこんなカッコいいクルマ乗ってたのか!」

旧車大好き! お笑いコンビ・パンクブーブー黒瀬純さんとテンダラー浜本広晃さんが、旧車専門ショップで旧車にまみれて大興奮した様子を披露しました。


ねとらぼ交通課

テンダラー浜本さんは1973年製の「“ケンメリ”スカイライン」(関連記事)、パンクブーブー黒瀬さんは1990年代の「グロリア ブロアムターボVIP」(関連記事)を所有する旧車好き同士。現代のクルマにはない、“ならでは”の旧車の魅力に心を奪われるという旧車ファンです。

今回は静岡の仕事で一緒になったので、せっかくならば旧車ファン垂涎の的というあのお店へ行こう! と浜松の旧車専門店を訪ねました。

「わぁぁ! ここスゴいよ! 激シブですよ」 黒瀬さんはカクカクボディーにしびれる「クラウン(7代目)」「クレスタ(60系)」を見つけていきなり笑顔に。「いつかはクラウン、親父がホンマ言ってたわ。カッコイイなー!」「当時街でよく見かけた61のクレスタも忘れられない。テールのこの凝ったデザイン見てくださいよ、カッケー!」

「激シブですよ!」“いつかはクラウン”のクラウンにときめいた黒瀬さん。

浜本さんは「ブルーバード(610系)」に心を奪われます。「やっぱり当時のデザインってアメ車インスパイアがあるんでしょうね。めっちゃカッコイイわー」

旧車スカイライン乗りとしては、レストアを終えたばかりというピカピカな「ハコスカ」も見逃せません。「“2000GT”のエンブレムから好きなんよ」「三角窓も好き。意外と涼しいので現代のクルマにあってもいいのに」「お値段聞いてもいいですか? だいたい880万円からですか…。へー、この絶品仕上がりならもっといくんかと思った(笑)」 こ、これで安いのだそうです…。

レストアしたて、ピカピカなハコスカ スカイライン 2000GT、880万円からとのこと。

「誰が言い出したんやろう、ブタケツ(C130系ローレルの愛称)って。何なんすかねこの美しいラインは……はぁぁ」 2人でグリーンゴールドに輝く「ローレル(C130系)」にもうっとり見とれてしまいます。

浜本さんイチオシの「ローレル」

「さぁ、何買う? どれ乗りたい?」 黒瀬さんは「クレスタ! 当時の思い出込みで」 浜本さんは「じゃあ、ローレル! ケンメリ持ってるんで兄弟みたいなもんだし」

「定番のハコスカにいかない我々ね(笑) 資産とか飾るとかじゃなくて、“乗りたい”だからね!」 大好きな旧車見学をとことん堪能して帰路についた2人でした。

黒瀬さんイチオシの「クレスタ」

ファンからも「今の性能でこのカタチ復刻してほしいわ」「チラッと映ってましたが昭和のブルバードがガチでカッケー」「本物買うのは大変ですけど、ミニカー集めています」などのコメントが多く寄せられていました。当時の日本車も、あらためてこんなにカッコいい。皆さんも1台、いかがですか?(カナブンさん)

動画はこちら↓

※画像はYouTubeチャンネル『テンダラー浜本のゆる~く VINTAGE CAR LIFE』より。
※本記事は「ねとらぼ交通課」から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース