KTMがワンツーフィニッシュでダカールラリー19勝を達成!

Red bull KTM Factory Racingのケビン・ベナビデスが2023ダカールラリー優勝【44秒差でチームメイトのトビー・プライスが2位】

レッドブル・KTMファクトリー・レーシング(Red bull KTM Factory Racing)のケビン・ベナビデスが、2023年ダカールラリーで優勝! チームにとってさらに大きな喜びとなったのは、トップと44秒差でチームメイトのトビー・プライスが2位を勝ち取ったこと。KTMのワンツーフィニッシュを達成し、ダカールラリー19勝目をかなえた!


●まとめ:ミリオーレ編集部(村田奈緒子) ●外部リンク:KTMジャパン

2度目のダカール優勝をかなえたケビン・ベナビデス

第13ステージで優勝したケビン・ベナビデスは、その時点で暫定ラリーリーダーだったトビー・プライスとの差をわずか12秒に短縮。レース最終日はスタート順が逆転し、2台のKTM 450 RALLYは後方からのスタートとなり、ベナビデスはチームメイトの3分前にスタートを切った。

最終ステージは、比較的複雑ではないスプリントと思われていたが、136kmのグラベルコース、砂地、乾いた湖底はライダーにとって大きな挑戦となった。しかしベナビデスは卓越したスピードで地形を攻略し、ステージ2連勝、そしてラリー総合優勝を果たした。ベナビデスは2021年、2023年と2度のダカール優勝、KTMはダカールでの19勝目を実現した。

すばらしい14ステージのレースを繰り広げたケビン・ベナビデスは、以下のようにコメントしている。

「素晴らしい一日でした。最初から最後までずっと集中することができ、また順位や結果は考えず、全ステージで100%の力を出し切り、その日を楽しもうと心掛けました。

スペシャルステージは本当に速くてトリッキーで、ぬかるんでいました。幸い、大きなミスはありませんでしたが、今日のような状態だったらトラブルが容易に発生したと思います。この優勝ために懸命に努力を重ねました。

今年のラリーは、これまででもっとも僅差の争いになったレースのひとつで、気を抜くことができる日は1日もありませんでした。チームや家族、友人たちのサポートがなければ、成し遂げることができなかったと思います。まだ実感が湧くには少し時間がかかりそうです。今のこの感覚は、言葉では言い表せません」

MIGLIORE|ミリオーレ|KTM|ダカールラリー2023|ケビン・ベナビデス
MIGLIORE|ミリオーレ|KTM|ダカールラリー2023|ケビン・ベナビデス

3位にはハスクバーナのスカイラー・ハウズが入賞。表彰台をKTMグループが独占した。ケビン・ベナビデスはアルゼンチン出身で、2021年のダカールでも優勝している。 [写真タップで拡大]

僅差で2位となったトビー・プライス

MIGLIORE|ミリオーレ|KTM|ダカールラリー2023|トビー・プライス

2019年のダカール勝者でもあるトビー・プライス。 [写真タップで拡大]

最終ステージ(第14ステージ)を12秒差でリードしていたトビー・プライスは、スペシャルステージの最後のライダーとして登場。

3分前にスタートしたベナビデスを追いかけるため、トビーはスタート直後から全力で突き進んだが、ステージ序盤でいくつかの問題が発生し、先頭に立つための貴重な時間を消失。スペシャルステージの後半で1分近くを取り戻したが、快調に走るベナビデスを追い抜くには至らなかった。

トビー・プライスのコメント「本当に接戦でした。ケビンは今日本当に良い走りをしました。タイトな展開になることは分かっていたので、もちろんスタートからずっとプッシュし続けました。ただ、3つのウェイポイントを数メートルの差で逃し、順位を落としてしまいました。

もちろん、目標は勝つことですから、このような僅差で勝利を逃したことは悔しいです。しかし、私は健康で、トロフィーも持って帰れる、それが一番大事なことです。来年も頑張ります」

2024年のダカールを目指して

すばらしい戦歴を残すことができ、KTM Motorsportsのディレクター、ピット・バイラーは以下のコメントを残している。

「ライダーを除けば、私は今、地球上でもっとも幸せな男かもしれませんね。

長く厳しいレースを経て、最終日に2人の差が12秒しかないのは驚くべきことです。そして、このステージで2人が懸命にプッシュし、無事に1位と2位でゴールしたことは、信じられないことです。

5000キロ、40時間以上のレースで、これほど接戦になることは前代未聞であり、このポジションを勝ち取るために、チーム全体が素晴らしい仕事をしてくれました。いわば130kmのモトクロスレース。2人のライダーは素晴らしいレースをしました。勝者は一人しかいませんが、今日は本当にプレッシャーがかかっていたので、2人を心から誇りに思います。

KTMはこれで、世界でもっとも過酷なオフロードレースで19勝を挙げましたが、これで終わりではありません。今シーズン、そして来年の2024年ダカールもすでに楽しみにしています」

MIGLIORE|ミリオーレ|KTM|ダカールラリー2023|
MIGLIORE|ミリオーレ|KTM|ダカールラリー2023|

2020年大会からサウジアラビアでの開催が続いているダカールラリー。2023年度はサウジアラビア単独開催となり、2022年12月31日から2023年1月15日までの日程の中、14ステージで構成。スペシャルステージは各450kmほどと長く、競技区間の総延長は4611km。リエゾン(移動区間)を含めた総走行距離は8529kmに上る。二輪部門はエントリーした121台のうち80台が完走。 [写真タップで拡大]

【動画】Highlights of the 2023 edition presented by Aramco


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース