第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ドゥカティがEICMAでもっとも美しいバイクに選ばれるのは11回目

美しさと迫力を備えたディアベルV4【2022 EICMAでもっとも美しいバイクに選出】

凄いバイクだな……。EICMAで実車のインパクトに驚かされた。ドゥカティのニューモデルは、EICMAの開催より前にすべて発表されていたため、そのスタイリングやスペックは把握していたつもりだったが、ディアベルV4の存在感は凄かった。クルーザーという枠では収まらない、とてつもない力強さと美しさに満ちていたのだ。


●文:ミリオーレ編集部(小川勤) ●写真:ドゥカティ ●外部リンク:ドゥカティ



力強さを増したディアベルV4

マッシブなのにスポーティ、既存のクルーザーの概念を打ち破って世界中で大ヒットしたディアベルは2023年にV4エンジンを搭載して生まれ変わる。その詳細はドゥカティ ワールドプレミア2023 エピソード6で発表された通り。

MIGLIOREではドゥカティのすべてエピソードを公開してきたが、その中でも注目を浴びていたのがディアベルV4で、そのPV数は他の追従を許さない圧倒的な数だった。

そんなディアベルV4を実際にEICMAで見た第一印象は、強さと美しさの共存。スタイリングはどこまでもエレガントなのに、細部の仕上げは繊細で、そしてどこまでも新しさに溢れていたのだ。

そんなディアベルV4がEICMAで「Moto più bella(もっとも美しいバイク)」に選ばれた。

このコンテストは、イタリアのバイク誌であるモトチクリスモとEICMAが2005年から行っているもので、会場とオンラインでの投票を集計して発表。ディアベルV4は2万3000人から支持を集め、36.8%のシェアで1位を獲得した。

そんなディアベルV4のディテールを紹介していこう。

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022

カラーは2種類。ドゥカティレッド(299万9000円)とスリリングブラック(303万3000円)をラインナップする。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022

終日賑わいを見せるEICMAのドゥカティブース。2023年からドゥカティのMotoGPチームのファクトリーライダーになるエネア・バスティアニーニもお気に入り? [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022

ロー&ロングなスタイルながら、スポーティさを忘れないディアベルらしいスタイルはV4になっても変わらない。市街地とワインディング、そのどちらでも扱いやすく映えるのがドゥカティ流クルーザーのディアベルだ。ネイキッド、クルーザー、スポーツの3つを完璧に融合させている。ハンドルバーはディアベル1260よりも20mm手前に近づき、快適なポジョンを約束。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022

4本出しのサイレンサーが奏でるドゥカティサウンドも楽しみに待ちたい。スイングアームは片持ちで、リヤタイヤはディアベル専用の極太の240サイズを履く。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022

こちらはドゥカティレッド。個性、性能、スタイルの中心にV4エンジンがあるのがよくわかる。フレームはアルミ製モノコックのためエンジンの存在が際立つ。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022

0-100mは3秒、168psに専用チューンされたMotoGP譲りのV4エンジン。ポジションと車体姿勢もあり、パニガーレやストリートファイターのV4エンジンよりも身近に感じるはずだ。 [写真タップで拡大]



|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022

アイドリング時や低負荷走行時はリヤバンクを休止し、2気筒で走行することで燃費を向上させ、熱対策。2気筒時は低周波の深みのあるサウンドが特徴で、4気筒すべてが燃焼している時はサウンドの周波数が高くなる。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022

デイタイムランニングライト(DRL)はダブルC型のデザイン。エアダクトとの曲率とシンクロしているようでとても美しい。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022

テールライトが点くとご覧の表情。テールライトはマトリクス状に配置、こちらもダブルC型になっている。灯火類で存在感をアピールするのもドゥカティはとても上手い。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022

テールライトが付いていないとご覧の表情。ブラックはさらに精悍なイメージになる。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022

フロントのウインカーはハンドルと一体。スイッチの周りにライトを仕込み、夜でも操作しやすいのが魅力。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022
|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022

ライディングモードは「スポーツ」「ツーリング」「アーバン」「ウエット」。メーター画面は現状のモードや制御の介入度を把握しやすい。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ドゥカティ|ディアベルV4|DIAVEL V4|2023|EICMA2022

【’23 DUCATI DIAVEL V4】主要諸元 ■軸距1593 シート高790(各mm) 車重236kg(装備) ■水冷4ストV型4気筒 1158cc 内径83×行程53.5mm 圧縮比14:1 最高出力168ps/10750rpm 最大トルク12.8kg-m/7500rpm 変速機6段 燃料タンク容量20L ■キャスター26°/トレール112mm ブレーキ形式F=φ330mmWディスク+4ポッドキャリパー R=φ265mmディスク+2ポッドキャリパー タイヤサイズF=120/70-17 R=240/45ZR17 ●ドゥカティレッド(299万9000円)、スリリングブラック(303万3000円) [写真タップで拡大]


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース