第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

RaceReport|Racing Heroes

12周のスプリントレース。中須賀克行が今季12連勝目を飾る【全日本ロード第8戦 鈴鹿 決勝レース2】

最終戦は史上初の3レース制。土曜日にレース1(20周)、日曜日にレース2(12周)とレース3(15周)が行われた。レース2も、すでにチャンピオンを決めたYAMAHA FACTORY RACING TEAMの中須賀克行が圧倒的な速さで駆け抜けていった。


●文/写真:Racing Heroes(駒井俊之) 

駒井俊之(こまい・としゆき)/1963年生まれ。バイクレース専門サイト「Racing Heroes」の運営者。撮影から原稿製作まで1人で行う。“バイクレースはヒューマンスポーツ”を信条に、レースの人間ドラマを追いかけている。



1位:中須賀克行、2位:渡辺一樹、3位:清成龍一

レース2は、10時20分にスタート。ホールショットは清成龍一(TOHO Racing)が奪う。中須賀、榎戸育寛(SDG Honda Racing)が続いて1コーナーに進入、作本輝介(Astemo Honda Dream SI Racing)4番手、渡辺は出遅れて5番手、この5台がトップグループを形成してオープニングラップを通過する。セカンドグループトップの6番手に秋吉耕佑(Murayama.Honda Dream.RT)、7番手:岩田悟(Team ATJ)、8番手:岡本裕生(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)9番手:濱原颯道(Honda Dream RT桜井ホンダ)、10番手:生形秀之(S-PULSE DREAM RACING・ITEC)の上位10台。

2周目のMCシケイン、3番手を走行していた榎戸が転倒、早々に戦線離脱してしまう。3周目のホームストレートで渡辺が作本を捉えて3番手に浮上する。清成と中須賀、渡辺と作本の間隔がコンマ7秒ほど空く。4周目のスプーン立ち上がりで清成のリアが若干暴れる。その隙を逃さず中須賀がバックストレートでトップに浮上する。


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



最新の記事


WEBヤングマシン|新車バイクニュース