第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

日本最大級のカスタムショーが12月4日(日)に開催!

世界を代表するカスタムが集結!【ロイヤルエンフィールドが『ヨコハマホットロッド・カスタムショー2022』に初出展】

日本でも人気を博しているロイヤルエンフィールドが、12月4日(日)にパシフィコ横浜で開催される日本最大級のカスタムカーおよびカスタムバイクのイベント『ヨコハマホ ットロッド・カスタムショー2022』に初出展する。


●文:ミリオーレ編集部(小川勤) ●写真:ロイヤルエンフィールド ●外部リンク:ロイヤルエンフィールド東京ショールーム

ヨコハマホットロッド・カスタムショー2022は、30回目となる節目の開催

2022年、『ヨコハマホ ットロッド・カスタムショー2022』のスポンサーとしても名を連ねるロイヤルエンフィールド。カスタムベースとして最適なバイクを多くラインナップするだけに本国でもカスタム熱は高く、世界はもちろん日本のカスタムシーンにも注目してきた。

そして満を持して2022年は、本腰を入れての日本での初出展となる。メインエリアのロイヤルエンフィールドブースでは、世界中のカスタムシーンで活躍するビルダーによって製作されたマシン2台ととレーサー1台の計3台を展示する。

「カマラ by ソーサ・メタルワークス」と「ミダス・ロイヤル by ラフクラフト」のカスタムバイクと、2022年シーズンにアメリカン フラット トラックで2勝しているファクトリーマシン、「ツインズ FT by ロイヤルエンフィールド」を展示。3台とも650ccのパラレルツインエンジンを搭載したINT650とコンチネンタルGT650をベースに製作されている。

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヨコハマホ ットロッド カスタムショー2022|コンチネンタルGT 650|INT650|

■イベント名称:第30回ヨコハマ・ホットロッド・カスタムショー2022
■開催日:2022年12月4日(日)
■開催場所:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい 1-1-1)
■チケット:4300円(前売り)/5000円(当日)小学生以下無料 チケット詳細
※バイクでの会場(パシフィコ横浜)およびみなとみらい地区への来場は出来ないので注意したい。 [写真タップで拡大]

ロイヤルエンフィールド=カスタムしやすいバイク

以下は、アジア太平洋市場担当のアヌージ・ドゥアさんのコメント。

「私たちは、ロイヤルエンフィールドをカスタマイズのための最適なキャンバスとして使用する世界中のトップカスタムビルダーと協力してきました。タイ、インドネシア、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアでは、ロイヤルエンフィールドは世界でもっともカスタムしやすいモーターサイクルであるいというフィードバックを得ています。

私たちは、世界中のモーターサイクリストの夢を、創造と創作を通して実現するための味方でありたいと願っており、アジア太平洋地域だけでも、情熱的なディーラーネットワーク、熱狂的なお客様やファンの皆様よって、50台以上のエキサイティングなカスタムバイクがつくられてきました。

そして、これまで世界中で何百台ものカスタムビルドを手がけてきた私たちが、ついに世界中が注目するカスタムイベントであるヨコハマホットロッド・カスタムショー2022 に参加することができ、大変嬉しく思っています。トップビルダーの強いインスピレーションを受けたカスタムバイクを実際にご覧いただき、日本の皆様と、ピュア・モーターサイクリングの喜びを共有できると心から信じています」

KAMALA by Sosa Metalworks/カマラ by ソーサ・メタルワークス

ベースマシンはコンチネンタルGT650。アメリカのラスベガスを拠点に活動するソーサ・メタルワークスは、2012年にクリスティアン・ソーサが弟のロベルトともに創設。四輪カスタムの世界でも、さまざまな金属加工の技術を発揮してきた。

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヨコハマホ ットロッド カスタムショー2022|コンチネンタルGT 650|INT650|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヨコハマホ ットロッド カスタムショー2022|コンチネンタルGT 650|INT650|

「カマラ」と名付けられたこのマシンは、その高い加工技術を駆使して製作。クロモリ鋼管のフレーム、ガーダーフォーク、外装類はすべてクリスティアンによるハンドメイド。かつて二輪や四輪のレースが行われていた木製のオーバルコース/ボードトラックを駆け抜けていたレーシングバイク、ボードトラックレーサーがモチーフとなっている。 [写真タップで拡大]

Midas Royal by Rough Craft/ミダス・ロイヤル by ラフクラフト

台湾を拠点に活動するラフクラフトが「ミダス・ロイヤル」と名付けたマシンは、コンチネンタルGT650をベースに制作。2017年のコンチネンタルGT650とINT650の市販モデルの発表に合わせ、EICMAのロイヤルエンフィールドブースで公開したカスタムマシンだ。

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヨコハマホ ットロッド カスタムショー2022|コンチネンタルGT 650|INT650|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヨコハマホ ットロッド カスタムショー2022|コンチネンタルGT 650|INT650|

ラフクラフトのオーナーでありデザイナーであるウィンストン・イェーは、リヤサスペンションをモノショック化し、前後にハイパフォーマンスなサスペンションを採用。フロントカウルやシートカウルも新たにデザインし、かつてないカフェレーサースタイルを実現した。 [写真タップで拡大]

Twins FT by Royal Enfield/ツインズ FT by ロイヤルエンフィールド

2022年のアメリカのフラットトラック選手権である AFT(アメリカン・フラット・トラック)に参戦しているマシン。水冷エンジン搭載マシンがひしめくなかで、2020年に1勝、2022年に2勝しているファクトリーマシンだ。

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヨコハマホ ットロッド カスタムショー2022|コンチネンタルGT 650|INT650|
|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヨコハマホ ットロッド カスタムショー2022|コンチネンタルGT 650|INT650|

フレームは、現在ロイヤルエンフィールド傘下にあるハリス・パフォーマンスが開発。前後サスペンションはオーリンズ製で、そのセットアップもハリス・パフォーマンスが担当している。650ccのパラレルツインエンジンをベースに、米国のS&S社が開発した750ccボアアップキットと専用の排気系、カスタムECUを組み合わせている。外装はイギリスのレスターシャ―にあるロイヤルエンフィールドのUKテクニカルセンターが担当。 [写真タップで拡大]

ベースは650ccパラツインを搭載する2台!

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヨコハマホ ットロッド カスタムショー2022|コンチネンタルGT 650|INT650|

INT650 94万7100円〜
ティアドロップ形状のガソリンタンクにフラットなダブルシート、そこにアップハンドルを組み合わせるオーセンティックなクラシックスタイルが魅力の1台。 [写真タップで拡大]

|MIGLIORE|ミリオーレ|ロイヤルエンフィールド|ヨコハマホ ットロッド カスタムショー2022|コンチネンタルGT 650|INT650|

コンチネンタルGT650 97万200円〜
セパレートハンドル&バックステップのカフェレーサースタイル。エンジンは空冷の650ccパラレルツイン。270度クランクならではの鼓動感が気持ちいい! [写真タップで拡大]


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース