打倒2ストは成ったのか|モーサイ

「4ストVT250Fは2ストRZ250を超えていたのか?」1982年発売当時の試乗レポートから読み解く

●レポート:大光明克征 ●写真:茂垣克己/八重洲出版 ●編集:モーサイ編集部(上野茂岐)

ホンダ VT250F、1982年デビュー当時の評価とは

4ストローク90度V型4気筒のGPマシン・NR500の技術を継承したスポーツモデルとして、1982年に発売されたホンダ VT250F。

新開発の水冷4ストローク90度V型2気筒エンジンを搭載し、NR500同様に「打倒2スト」を目指したモデルだった(NR500での世界GP制覇はならなかったが)。

市販車250ccクラスで「倒すべき2スト」とは、1980年に発売され一世を風靡していたヤマハ RZ250(最高出力35ps)。性能でも販売台数でもRZ250を超える、それがVT250Fの宿命だったのである。

VT250Fは1982年6月発売からの実質7ヵ月で3万台以上の登録台数を達成し、またたく間にヒットモデルとなったのだが、今なお語られる「4ストで2ストに勝つ」については当時どのような評価だったのだろうか?

『別冊モーターサイクリスト1982年7月号』では発売直後のVT250Fをテストすると同時に、ライバルRZ250との比較も行っている。以下、当時のレポートを紹介しよう。


※本記事は“モーサイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース