うちから5kmの大冒険!!|モーサイ

志摩 リンの愛車!!「ゆるキャン△」で人気のヤマハ ビーノって、どんなスクーター?

2021年4月から、実写版ドラマのシーズン2がBSテレ東で放送されているのが「ゆるキャン△」。この劇中で、キャンプを愛する主人公の志摩リン(福原 遥)がソロキャンプの足としてフル活用しているのが、ヤマハの原付一種スクーター、ビーノです。かわいいい系スクーターの代表格として20年以上の歴史を持つ、ビーノシリーズの歴史を振り返ります!!

●レポート:田宮 徹 ●写真:ヤマハ/八重洲出版 ●編集:モーサイ編集部(中牟田歩実)

初代ビーノは1997年に登場

50ccスクーターの初代ビーノは1997年3月に発売。バイクに限らず当時の若年層女性に浸透していた「レトロ=かわいい」を強く意識してデザインされた丸みを帯びたフォルムで、フロントカウルに配された大きな丸型ヘッドライトとカバーレスハンドル&独立タイプのメーターは、その後のモデルにも受け継がれる特徴的な装備でした。

バイクなのに……ワインが車名の由来!?

車名の「VINO」はイタリア語で「ワイン」の意味。イタリアンワイン(またはイタリアそのもの)から想起される明るさや華やかさなどに由来するとのことですが、これはイタリア本国でベスパが「日本酒(あるいはSAKE)」というスクーターを販売するのと同じような状態とも……。

それはともかく、すでに発売されていたジョグ アプリオの49cc空冷2スト単気筒エンジンを採用しながら、ボトムリンク式フロントサスや独自ボディデザインでまとめられたビーノは、発売後すぐに大人気モデルとなりました。


※本記事は“モーサイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース