Fの頭文字から始まる

【ホンダ フォーサイト】実はマジェスティ対抗馬、ブームに乗れなかった悲しき「ビッグスクーター」

●記事提供:モーサイ編集部 ●レポート:阪本一史 ●写真:ホンダ/ヤマハ/スズキ/八重洲出版

「1990~2000年代」250ccスクーターブーム回想

軽快さと機動力を重視したフリーウェイ。一方で、ロー&ロングな車体にゆったりと乗るフュージョン。これら1980年代に登場した2台の250ccモデルで後に続く軽二輪スクーターブームを先取りしたホンダだったが、その実、トレンドの行方を読むことはできなかった。

主流となるのはフリーウェイ、フュージョンは傍流と判断され、次世代モデルとしてはフォーサイトを発売。フュージョンはラインアップから外された。しかし、後の250ccビッグスクーターブームの萌芽は、実はフュージョンの方だったとも言える。

当記事ではそんな1990年代から2000年以降にかけての250ccスクーターブームの推移について、主観も含みつつ振り返ってみたい。


※本記事は”モーサイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース