チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

AT限定免許は2005年から|モーサイ

二輪免許区分改正の歴史「普通免許さえ取れば排気量無制限でバイクに乗れる時代があった」

●レポート:モーサイ編集部 ●写真:ホンダ/スズキ/カワサキ/ジーム/八重洲出版 ●編集:モーサイ編集部(中牟田歩実)

1965年までは「クルマの免許」に二輪免許がついてきた

80歳前後のドライバーの中には「ワシはナナハンだって運転できるんじゃよ、二輪に乗ったことはないけどな(笑)」という人がいる。

これは決してほら話でも珍しい話でもなく、かつて四輪免許を取得すると、現在の原付免許の感覚で、自動二輪に乗れる免許が付帯された時代があったからだ。

その制度は1965年の改正によって消滅するが、それ以前に四輪免許を取得していた人には既得権として制限なしの二輪免許が与えられた。結果としてそのまま免許を更新し続けていると大型二輪のところに丸印がついた免許証を持っていることになるのだ。

そして1965年9月以降に四輪免許を取得すると50cc以下の二輪車に乗れる「原付免許」が付帯されるようになった。あわせて、このときに単体の原付免許も誕生している。

一方で、「二輪免許」自体は1948年に新たに創設されていた。


※本記事は”モーサイ”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホームハーレーダビッドソン スポーツスターS 海外最新カスタム〈独リックスモーターサイクル XR240〉
WEBヤングマシン|新車バイクニュース